« TBSは何を考えているのか?ドラマ「JIN-仁-」の最終回はひどい(怒)! | トップページ | KIOSK(キヨスク)にセルフレジが導入された »

2009.12.21

映画『カールじいさんの空飛ぶ家<デジタル3D/日本語吹替版>』(お薦め度★★★)

監督、ピート=ドクター、ボブ=ピーターソン。脚本、ボブ=ピーターソン、ロニー=デル=カルメン。2009年米。アニメ映画。声の出演、飯塚昭三(カール=フレドリクセン・78歳の老人)、松元環季(エリー・カールの妻)、立川大樹(ラッセル・ボーイスカウトで8歳の少年)、松本保典(ダグ・犬語翻訳機をつけた犬)、(ケヴィン・伝説の怪鳥)、大塚芳忠(アルファ・マンツの犬軍団のリーダー)、大木民夫(チャールズ=F=マンツ・伝説の冒険家)。ピクサー10作目にして、初めて人間が主人公の物語。

ストーリーテリングが完璧です。
イマジネーションは非常に素晴らしい。タイトルからは予想も出来ない夢が溢れるエピソードが詰まった見事な作品です。

ピクサーは本当に期待を裏切りません。ただし、9作目となる前作『WALL・E/ウォーリー』から評価が★3つを連続しています。どうも心に訴えかける物語の深さが弱くなってきたように感じます。ディズニーブランドと共存するようになって、物語の内容が単純になってきたように感じます。どうも主人公と他のキャラクターとの関係が整理され過ぎているのが原因のように感じます。ファミリー向けを意識するあまり万人に理解されるために、わかりやすさにウェイトが置かれるようになってしまったのではないでしょうか。映像の表現力は文句無しのクオリティですが、感動させる物語の濃度が下がっているように思います。観終えたときの満足度は高いものの、最新作になるほど記憶に残りにくくなっているようです。

|

« TBSは何を考えているのか?ドラマ「JIN-仁-」の最終回はひどい(怒)! | トップページ | KIOSK(キヨスク)にセルフレジが導入された »

コメント

こんばんは。お久しぶりです。TBありがとうございます。
ピクサーアニメ、ウォーリーよりこちらの方が気に入りました。
ちょっといろいろな要素を詰め込みすぎって気もしましたが・・・冒険譚になると、それまでの雰囲気が一変して、軽いノリになってしまうのが微妙でした。
でも、この映画好きです。

投稿: nocci | 2010.01.10 23:05

>nocciさん、お久しぶりです。
コメントありがとうございました。

>ウォーリーよりこちらの方が気に入りました。
同感です。
非常に作り込まれた作品だと感心しました。

投稿: erabu | 2010.01.11 21:46

erabuさん。TB・コメントありがとう。

>最新作になるほど記憶に残りにくくなっているようです。

そう思いますね。
必ずヒットしなくてはいけないプレッシャーでしょうか。
「まとまり過ぎる」感から斬新さが少なくなって来ているように感じますね。
設定だけに斬新さを出して、物語中に上手く現れてこないように感じます。

投稿: de-nory | 2010.01.26 07:42

>de-noryさん、コメントありがとうございます。

>設定だけに斬新さを出して、物語中に上手く現れてこないように感じます。
その通りですね。
設定を緻密に計算しすぎて、ある枠の中で完成させているので万人から評価されるものの、枠以上の感動を呼び起こすことができなくなってしまったようです。
ヒットが宿命付けられたので、冒険するリスクが取れなくなるのはしかたのないことかもしれません。

投稿: erabu | 2010.01.27 00:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/47080132

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『カールじいさんの空飛ぶ家<デジタル3D/日本語吹替版>』(お薦め度★★★):

» カールじいさんの空飛ぶ家 [LOVE Cinemas 調布]
『ウォーリー』、『ボルト』のディズニーピクサーが贈るフル3DCGアニメーション。亡き妻との約束を果たすため、思い出の家に大量の風船をつけ旅立つカールじいさんと、偶然にも一緒に付いてきてしまったラッセル少年の大冒険を描く。監督は『モンスターズ・インク』のピート・ドクターと『ファイティング・ニモ』のボブ・ピーターソン。ボブは脚本も担当している。ピクサー初のデジタル3D作品。... [続きを読む]

受信: 2009.12.21 21:55

» 「カールじいさんの空飛ぶ家」(2009・米) [ほぼ映画感想、ときどき舞台レビュー]
このところ、すっかり香港映画にどっぷり浸かってますが そろそろリアルタイム公開映画も観ないとなあ。 という事で観てきました。 「カールじいさんの空飛ぶ家」。 さて、2D上映と3D上映と用意されているこの映画ですが、 私は3Dで観てきました。 上映前に渡される3D用眼鏡って、結構テンションあがりますね。 昔は赤と青で片目ずつ色が違ったものですが (いつの時代の話よ、って”つくば万博”くらいの話だろうか……)、 はっきり言って3D化の技術はさほど高く無かったです。 「飛び... [続きを読む]

受信: 2009.12.24 21:52

» カールじいさんの空飛ぶ家 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
君との約束を守るため僕は今から旅に出る__この冬、ディズニー/ピクサーが贈る最新作は、風船のついた家で空へ飛び立ったガンコじいさんの物語。 ラブストーリー、アドベンチャー、アクション、ヒューマンドラマ、すべての要素がここに詰まっています。 物語:幼馴染...... [続きを読む]

受信: 2009.12.26 14:38

» カールじいさんの空飛ぶ家 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
最近お気に入りの3Dで鑑賞(吹き替えです)―【story】最愛の妻を亡くしたカールは、数千の風船を家に結びつけ、空高く飛び立つことに成功。偶然居合わせた8才の少年ラッセルとともに冒険の旅へと出発するが―     監督 : ピート・ドクター 『モンスターズ・インク』【comment】偏屈そうなおじいさんが主役―ということで、イマイチそそられないなぁ〜というのが正直なところだったのですが、去年のPIXAR作品『WALL・E/ウォーリー』に続いてとてもいい映画でした〜一緒に観た子どもともども満足して鑑賞を... [続きを読む]

受信: 2009.12.26 16:07

» カールじいさんの空飛ぶ家 3D字幕 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
78歳のカールじいさん。彼は、冒険好きな少年だった頃に知り合ったエリーと結婚し、長く連れ添ってきたのですが、エリーは病に倒れ、カールを遺して亡くなってしまいます。孤独な日々を過ごすカールでしたが、ある日、亡き妻が残した冒険日記を見つけ、かつて、妻と計... [続きを読む]

受信: 2009.12.28 00:08

» カールじいさんの空飛ぶ家 [なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0]
 今日は季節ものの「クリスマス・キャロル」を押しやって公開中の「カールじいさんの空飛ぶ家」を観てきましたよう〜〜。  冒険家に憧れる少年カールはおてんばな少女エリーと仲良くなります。  そして二人は大人になり結婚。いろいろな出来事がありながらも二人はお互いを励まし合い、年をとっていきます。  やがて老人になりエリーに先立たれたカールじいさん。  ちょっと頑固になっているカールじいさんは、立ち退きを迫られ大量の風船で家ごと子供の頃から夢見ていた南米のとある滝へと向かう決意をします。  無事飛び立っ... [続きを読む]

受信: 2009.12.28 00:30

» 映画<カールじいさんの空飛ぶ家> [美味−BIMI−]
カールじいさんの空飛ぶ家、観てきました! とにかく”切ない”映画です・・・。 愛する妻が死にました。だから私は旅に出ます。 TVから流れるこのナレーション。 世界で最も大切な人を失ったとき、あなたならどうしますか? 私なら?????なんて想像しながらの視聴でした。 とにかく始まってすぐ、ウルウルくる、みゅうみゅう。。。 子供の頃、冒険が好きだからこそ出会えたカールとエリー。 結婚してエリーが亡くなるまでのストーリーは、ほんの数分でした。 台詞は、ほとんどなし・・・。 音楽のみで流... [続きを読む]

受信: 2009.12.28 12:26

» ★「カールじいさんの空飛ぶ家」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは・・・ 寝坊してしまったので一本のみの鑑賞・・・ しかも、上映開始時間を見て無かったので、 予定に反して吹き替え版の3Dを観る事に。 [続きを読む]

受信: 2009.12.29 00:05

» カールじいさんの空飛ぶ家−(映画:2009年鑑賞)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:ピート・ドクター 声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、ジョン・ラッツェンバーガー、エリー・ドクター、ジェレミー・リアリー、クリストファー・プラマー 評価:80点 評判の高さにつられてついつい鑑賞。 さすがに...... [続きを読む]

受信: 2009.12.29 20:42

» 「カールじいさんの空飛ぶ家」 [☆ EL JARDIN SECRETO ☆]
初めての人間の主人公。とはいえ超人。ピクサー期待の新作。と言いながら、公開4週間まで観るのが遅れてしまった。そんなうちに遮っていても少しずつ情報が入ってきてしまって、どうやらいちばんの感動どころらしい夫婦の歴史を台詞なしで綴る穏やかな場面での染み入りは...... [続きを読む]

受信: 2009.12.30 17:10

» カールじいさんと空飛ぶ家 ▲182 [レザボアCATs]
'09年、アメリカ原題:Up監督:ピート・ドクター共同監督:ボブ・ピーターソン製作:ジョナス・リベラ製作総指揮:ジョン・ラセター、アンドリュー・スタントン原案:ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン、トム・マッカーシー脚本:ボブ・ピーターソン、ピート・ドクター美...... [続きを読む]

受信: 2009.12.31 14:05

» カールじいさんの空飛ぶ家 みました★★★★★ [こんなことしてません?]
大晦日にみました。 なんですかこの大人向けのいい話は。 今は亡き妻エリーの冒険ア [続きを読む]

受信: 2010.01.03 09:37

» カールじいさんの空飛ぶ家 (2009) 103分 [極私的映画論+α]
 今年の映画初めはこの作品です。 [続きを読む]

受信: 2010.01.03 09:40

» 「カールじいさんの空飛ぶ家」 3Dを見据えたピクサーの取り組み [はらやんの映画徒然草]
先日、3Dアニメーション映画「Disney's クリスマス・キャロル」を観たとき [続きを読む]

受信: 2010.01.04 08:35

» カールじいさんの空飛ぶ家~大事なバッチ [Osaka-cinema-cafe]
これは去年から公開していますが、見逃してましたので、 ようやく見てきました。 3Dで字幕となるとどんな感じかなと思いました。 最初は何か違和感がありましたが、慣れてくると普通に 見ていましたね。 『モンスターズ・インク』のピート・ドクターと 『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・ピーターソンが 共同で監督を務める3Dアニメ。 「カールじいさんの空飛ぶ家」 あらすじ: いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。 最愛の... [続きを読む]

受信: 2010.01.08 00:49

» カールじいさんの空飛ぶ家 [なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0]
 今日は季節ものの「クリスマス・キャロル」を押しやって公開中の「カールじいさんの空飛ぶ家」を観てきましたよう〜〜。  冒険家に憧れる少年カールはおてんばな少女エリーと仲良くなります。  そして二人は大人になり結婚。いろいろな出来事がありながらも二人はお互いを励まし合い、年をとっていきます。  やがて老人になりエリーに先立たれたカールじいさん。  ちょっと頑固になっているカールじいさんは、立ち退きを迫られ大量の風船で家ごと子供の頃から夢見ていた南米のとある滝へと向かう決意をします。  無事飛び立っ... [続きを読む]

受信: 2010.01.08 20:32

» カールじいさんの空飛ぶ家3D★★★★+劇場3本目:小ネタがいっ... [kaoritalyたる所以]
レビューを半分書いたところでPCフリーズ!また書き直しです^^;どうやら、ネットにも接続が・・出来ません。もう一度接続をし直して、一旦切って、また接続して何とか復活したようなので、改めて・・。同じ事は書けないので、気分を変えて書きますね。解説等はいつも...... [続きを読む]

受信: 2010.01.10 10:38

» 「カールじいさんの空飛ぶ家」 [ぐーたら日記]
本日の映画 movie-1 「カールじいさんの空飛ぶ家」 Up  2009年米 [続きを読む]

受信: 2010.01.10 23:06

» 映画[ カールじいさんの空飛ぶ家 ]風船にのって、冒険にでかけよう! [アロハ坊主の日がな一日]
映画[ カールじいさんの空飛ぶ家 ]を吉祥寺で鑑賞。 昨年クリスマスに観た。時間がなく午前の部(日本語吹き替え版)を観ることにしたが、劇場に入ってぼーぜん。なぜなら母親と子どもたちばかりだったのだ。どうしようかと思いながら、入ってしまったのであきらめて彼らと観ることに。関わりになりたくないので、隅のほうに座ったが、なぜか他の席も空いているのに子どもたちが周囲に座りだし、逃げ場がなくなってしまった。 するとマックを食べていた女の子が“おにいちゃん、ひとり?”と物怖じせずに話しかけてきた。怖... [続きを読む]

受信: 2010.01.13 08:39

» カールじいさんの空飛ぶ家 (原題:UP) [yanajunのイラスト・まんが道]
『カールじいさんの空飛ぶ家』は、『モンスターズ・インク』の監督ピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務めた3Dアニメ映画です。ピクサー初であるディズニーデジタル3D版を鑑賞しました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2010.01.13 11:59

» 『カールじいさんの空飛ぶ家』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
年明けてすぐに、やっとのことで観てきました、『カールじいさんの空飛ぶ家』。 3Dにこだわらずに2Dで観ちゃいましたが。 ******************** 『ウォーリー』のディズニー・ピクサーが贈る感動のアドベンチャー・アニメーション。偏屈で孤独なガンコ老人が、亡き妻との... [続きを読む]

受信: 2010.01.18 23:46

» 【映画】カールじいさんの空飛ぶ家…2010年映画観賞記録やっと始動! [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
本日の北部九州地方は晴天です{/kaeru_fine/} 晴天過ぎてどっかに遊びに行きたい気持ちなのですが、嫁さんがお仕事ですし、近場にそんなに都合に良いプレイスポットもありません。もう夕方だしね{/face_ase2/}…せっかく買ったカメラ{/m_0068/}の撮影にも行きたいんですけどねぇ{/face_ase2/} 数日前にちょこっと書いた“悪い情報” また子供の頃の友人(後輩)の訃報が入ってしまいました。 昨年末に倒れてお正月にお亡くなりになったとか…彼とは2年前に亡くなった別の後輩の葬儀... [続きを読む]

受信: 2010.01.24 23:31

» カールじいさんの空飛ぶ家 [墨映画(BOKUEIGA)]
「約束の滝へ…」 大切な人との約束を果たす。 それがじいさんをスーパーじいさんにする。 【STORY】(シネマ・トゥデイ様より引用させていただきました。) 『モンスターズ・インク』のピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務める3Dアニメ。冒険家への夢をあきらめ切れずにいる78歳の老人に、驚きの出来事が巻き起こる冒険ロード・ムービー。カールじいさんの声を『アパッチ砦・ブロンクス』のエドワード・アズナーが、カールの相棒となる少年ラッセルの声を新人のジョーダ... [続きを読む]

受信: 2010.01.26 07:42

» カールじいさんの空飛ぶ家 (2009・アメリカ) [白ブタさん]
すべりこみで行ってきました{%ロケットwebry%} [続きを読む]

受信: 2010.01.26 22:37

» 映画『カールじいさんの空飛ぶ家』 [ガンまる日記]
※ホットヨガ(一七四回目)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありがとうございます。m(__)m 本当にたく [続きを読む]

受信: 2010.02.01 22:32

» 『カールじいさんの空飛ぶ家』を観る [雑記帳+]
同時上映のショートアニメが終わり、カールじいさんが始まって2・3分。 どこかから [続きを読む]

受信: 2010.02.06 23:07

» カールじいさんの空飛ぶ家 [しーの映画たわごと]
ピクサー最新作。日本公開は遅すぎたんじゃ。アメリカではDVDも発売し終わった後の公開って。もちろん下知識全くなし。きっと、じいさんのハートウォーミングな作品だろうと期待したが。... [続きを読む]

受信: 2010.02.10 10:30

» カールじいさんの空飛ぶ家 [夫婦でシネマ]
笑いあり、涙あり、そして勇気づけられる映画でした! [続きを読む]

受信: 2010.03.26 21:44

» カールじいさんの空飛ぶ家 [ぶっちゃけ…独り言?]
7点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) ビバ!ファンタジー&アドベンチャー! てわけで、毎度毎度ワタクシを目一杯楽しませてくれるピクサーですが、今回もばっちり楽しませて頂きました。 ま、方法論と言うか、出だしなんかは特に『WALL・E/ウォーリー』とほぼ同じですよね。 でもって、これがまたまた凄く良いんですよね〜。 実に味があるし、気持ちが入るし、短い時間の中で必要なことをサックリ描ききってるなぁ〜と。 ワビサビがちっとも分かってない米映画(暴言)の中で、こーゆーことが... [続きを読む]

受信: 2010.04.24 04:06

» 『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009) [【徒然なるままに・・・】]
愛する妻が死にました――  だから私は旅に出ます。 というコピーから想像していたのとは全然違う作品でした。 序盤は確かにその雰囲気通り。 冒険家のチャールズ・マンツに憧れるカール少年は、ある日空き家で冒険好きの女の子エリーと出会って意気投合。そして大人になった二人は結婚し、空き家を改造して仲睦まじく暮らしているのだけれども、いつしか歳月は過ぎ、とうとうエリーはこの世を去ってしまう。 妻を失って心にぽっかりと穴が空いたカールは、子どもの頃に一緒に冒険の旅に出掛ける約束をしたままだった... [続きを読む]

受信: 2010.04.26 23:19

» カールじいさんの空飛ぶ家 [映画、言いたい放題!]
アニメは日本が一番と思っているので 海外のアニメはつい敬遠してしまうのですが、 この作品は評判がいいですね。 と思ったら、ピクサーですか。 なるほど、 観てみましょう。(^^) いろいろ鑑賞方法(?)があるのですが、 今回は2D、字幕で観ました。 冒険好きな少... [続きを読む]

受信: 2010.06.15 00:04

» 『カールじいさんの空飛ぶ家』 終わりから始まる物語 [映画のブログ]
 末期ガンに侵された10歳の少女のために、ピクサーが『カールじいさんの空飛ぶ家』を特別に上映した、という記事を読んでから、本作の日本公... [続きを読む]

受信: 2010.06.15 06:03

» 映画「カールじいさんの空飛ぶ家」 [<花>の本と映画の感想]
カールじいさんの空飛ぶ家 監督 ピート・ドクター 2009年 カールじいさんの空飛ぶ家 [DVD]/ディズニー ¥3,360 Amazon.co.jp カール・フレドリクセンは78歳のおじいさん。風船売りの仕事も引退し、亡き妻エリーとの思い出が詰まった... [続きを読む]

受信: 2010.06.22 21:48

» 映画「カールじいさんの空飛ぶ家」 [雷座の部屋]
DVDにて鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010.08.01 21:59

» カールじいさんの空飛ぶ家 [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:カールじいさんの空飛ぶ家 制作:2009年・アメリカ 監督: ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン 出演:エドワード・アズナー、クリストファー・プラマー、ジョン・ラッツェンバーガー、ジョーダン・ナガイほか あらすじ:冒険に憧れる少年カールは1軒の空き家で同じく冒険好きな少女エリーと出会い、意気投合する。成人した二人はやがて結婚し、初めて出会った空き家を新居とした。二人の間に子供は授からなかったものの、”伝説の滝”パラダイス・フォールについて語り合い、いつかそこに行こうと約束する。... [続きを読む]

受信: 2010.08.06 01:18

» カールじいさんの空飛ぶ家 [こんな映画見ました〜]
『カールじいさんの空飛ぶ家』---UP---2009年(アメリカ)監督:ピート・ドクター声の出演: エドワード・アズナー カール・フ... [続きを読む]

受信: 2010.10.08 23:59

» カールじいさんの空飛ぶ家 [アスカ・スタジオ]
 な、なんと!カールじいさんは私と同い年だった。愛妻エリーを亡くした彼の気持ちは痛いほど解った。「雲の形が何に見えるか?」エリーと空を眺めた若き日。 私も思わず空を見上げた。恐竜と猛牛が決闘していた。  ♪カルメンのハバネラにシンクロしてドアを締める音。立ち退き要求に憤然と!旅を決意するカールじいさんに喝采を贈った。 一枚、一枚、捲るアルバム。とあるページに書かれたエリーからのメッセージが。 “楽しかったわ。ありがとう。新しい冒険を始めて!。愛をこめて。エリーより”。 角下駄顔のカールじいさんは言い... [続きを読む]

受信: 2010.11.11 06:52

» カールじいさんの空飛ぶ家(感想182作目) [別館ヒガシ日記]
カールじいさんの空飛ぶ家はWOWOW鑑賞し [続きを読む]

受信: 2011.01.09 12:12

» カールじいさんの空飛ぶ家 [RISING STEEL]
カールじいさんの空飛ぶ家 / UP 愛妻エリーに先立たれて以来、すっかり頑固者になってしまった老人カール。 しつこい立ち退き勧告に痺れを切らした彼は家に無数の風船をくくりつけて大空に飛びたって...... [続きを読む]

受信: 2011.01.31 12:06

» ■映画『カールじいさんの空飛ぶ家』 [Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>]
ピクサーの最新作『カールじいさんの空飛ぶ家』は、2009年度カンヌ映画祭のオープニング作品に選ばれた作品。 (アニメ作品としては史上初!) それも納得の大名作です。 美しい映像とユニークなキャラクターたちが織りなす素晴らしい物語。 映画でしか表現できない夢がたっ... [続きを読む]

受信: 2011.07.03 18:19

» カールじいさんの空飛ぶ家 [銀幕大帝α]
UP/09年/米/96分/アドベンチャー・コメディ/劇場公開 監督:ピート・ドクター 共同監督:ボブ・ピーターソン 製作総指揮:ジョン・ラセター 原案:ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン、トーマス・マッカーシー 脚本:ボブ・ピーターソン、ピート・ドクター ...... [続きを読む]

受信: 2011.07.20 03:20

» カールじいさんの空飛ぶ家 [いやいやえん]
冒頭の妻との出会いから旅に出るまでの物語が秀逸。台詞がほとんどないにも関わらず二人の背景が読み取れる。子供が出来なくて二人だけの生活でも、幸せな人生だったんだろうなと思える。 主人公は偏屈気味なおじいさんで、要所ででてくる妻への愛にはジーンとくる。すべては妻との思い出のためという気持ちを感じさせてくれる。 しかし大量の風船で家ごと空を飛んだはいいけれど、自然探検隊の少年ラッセルも一緒についてきていた。 憧れの探検家に出会えて興奮するカールじいさんが可愛らしかったですが、思っていたより後... [続きを読む]

受信: 2013.07.10 07:26

« TBSは何を考えているのか?ドラマ「JIN-仁-」の最終回はひどい(怒)! | トップページ | KIOSK(キヨスク)にセルフレジが導入された »