« 映画『ファン・ジニ 映画版』(お薦め度★★★) | トップページ | 映画『アイアンマン』(お薦め度★★★) »

2009.12.30

映画『ザ・マジックアワー』(お薦め度★★★)

監督・脚本、三谷幸喜。2008年日本。コメディ映画。出演、佐藤浩市(村田大樹)、妻夫木聡(備後登)、深津絵里(高千穂マリ)、綾瀬はるか(鹿間夏子)、西田敏行(天塩幸之助)、小日向文世(長谷川謙十郎)、寺島進(黒川裕美)、戸田恵子(マダム蘭子)、伊吹吾郎(鹿間隆)、浅野和之(清水医師)、市村萬次郎(菅原虎真)、柳澤愼一(高瀬允)、香川照之(江洞潤)、甲本雅裕(太田垣直角)、近藤芳正(今野貴之介)、梶原善(西さん)、阿南健治(野島)、榎木兵衛(なべさん)、堀部圭亮(バンビ)、山本耕史(愚痴る男)、市川亀治郎(カメ)、市川崑(監督)、香取慎吾、中井貴一(磐田とおる)、鈴木京香(小夜子)、谷原章介(ニコ)、寺脇康文(ワンチャイ・バンダラビカル)、天海祐希(喪服の女)、唐沢寿明(ゆべし)。

作品紹介(WOWOWオンラインから引用)才人・三谷監督のもと、佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里ほか、誰を主演にしても映画数本は作れそうな超豪華共演陣が集結。佐藤演じる熱血俳優の視点を通じ、映画と現実の境界線が曖昧になっていく物語がユーモラスに綴られ、映画や演劇を愛する三谷監督にとって会心の1本となった。なおタイトルの“マジックアワー”とは、映画や写真の世界で、陽が落ちた直後の数十分、空が美しくなる“薄明”をさす言葉だが、本作は“人生で最も輝く瞬間”と解釈して引用した模様。日本映画を代表する美術の名手、種田陽平によるセットも楽しい仕上がり。

超豪華キャストなのに小品でした。
前監督作『THE 有頂天ホテル』が予想以上に大ヒットしたために、彼特有のうぬぼれで作ってしまった作品です。笑えるシーンはほとんどなく、映画化すべき題材とは思えません。大衆は「寅さん」シリーズ無き後、良質なコメディを欲しているのだと思いますが、三谷幸喜では役不足のように感じます。彼には万人が納得するコメディを提供できるとは思えません。興行的には成功している監督ですが、超一級のコメディ作品を期待できそうもありません。出来れば『笑の大学』のように脚本家として作品に参加して傑作を生んで欲しいと思います。

|

« 映画『ファン・ジニ 映画版』(お薦め度★★★) | トップページ | 映画『アイアンマン』(お薦め度★★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/47148041

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ザ・マジックアワー』(お薦め度★★★):

» ザ・マジックアワー [LOVE Cinemas 調布]
テレビに出まくって宣伝しすぎで逆にウザがられた三谷幸喜監督・脚本作品。佐藤浩市、深津絵里、西田敏行、綾瀬はるか等がメインの出演者だが、他にも数々の著名俳優が脇役やチョイ役で登場する。映画公開時にはあまりの宣伝のウザさに、興収に貢献するのが嫌で観るのを我慢しDVDにすることにした、個人的に曰くつきの作品。(笑)... [続きを読む]

受信: 2009.12.30 01:58

» 「ザ・マジックアワー」 奇跡の瞬間 [はらやんの映画徒然草]
三谷幸喜監督は前作「THE 有頂天ホテル」など、今までも多くの登場人物が絡み合う [続きを読む]

受信: 2010.02.14 21:20

« 映画『ファン・ジニ 映画版』(お薦め度★★★) | トップページ | 映画『アイアンマン』(お薦め度★★★) »