« ケータイ向けGoogle音声検索は驚異! | トップページ | 映画『フライング☆ラビッツ』(お薦め度★) »

2009.12.09

セブンネットショッピングは散々な船出

12月8日にセブンネットショッピングが開店しました。本・雑誌・CD・DVDの専門店セブンアンドワイが総合ショッピングに生まれ変わりました。今までセブンアンドワイを利用したことが無かったのですが、セブンネットショッピングになったことで、早速手続きを行いました。

①Yahoo! JAPAN IDで利用できるので、個人情報のみ登録してログイン。
②nanacoカード番号を登録。

商品購入でnanacoポイントがそのまま使えます。セブンイレブンなどのリアル店舗ではnanacoポイントは電子マネーに交換が必要で、ポイント交換手数料が必要です。それがセブンネットショッピングでは直接nanacoポイントを1ポイント1円で利用できるのが大きな特長です。

利用環境が整ってから、12月22日まで実施のオープンキャンペーンに応募しました。40点の中から選ぶ豪華商品です。初日ということで、サイト全体のレスポンスが遅く、検索や商品に辿り着くのに時間がかかります。とても使えるスピードではありませんが、開店祝いということで何か商品を購入しようとサイトを巡りました。操作性は悪くありません。

おもちゃなどの品揃えはまだまだで値段も高い印象です。やはりどこで買っても同じ値段の商品を選択するのが無難のようです。そこで「こだわり専門店」に出店している「シャボン玉石けん」を購入することにしました。リアルなショッピングモールと同じように専門店を設けています。オンラインショップでこのような形態が成功するのか疑問ですが、固定客にとっては購入しやすい作りになっています。

セブン-イレブン受取で送料・手数料無料で、 宅配の場合1500円以上で送料無料です。近くにセブン-イレブンが無いので宅配にしました。昨晩23時頃に「注文確定する」ボタンを押したのですが、サーバービジーで注文できたかわからない状態で終了してしまいました。

結局、初日のご祝儀購入は出来ませんでした。本日カートを確認したところ注文が残っていたのでキャンセルしました。

ところで、トップに「お詫びとお知らせについて」のリンクが貼ってありました。引用します。

 このたびは、セブンネットショッピングを12月8日にご利用いただきました一部のお客様に、商品の誤表記により大変ご迷惑をお掛けいたしました。深くお詫び申し上げます。

 今般の原因は、商品登録時の人為的なミスによる、ケース売価の単品売価への誤表記や、商品名における商品入り数の入力違い等によるものです。

 従いまして、誤表記商品に対するご注文につきましては、大変申し訳ございませんが、お取り消しとさせていただきます。何卒ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます。

 なお、当該商品をご注文いただきましたお客様に対しましては、二千円分の郵便為替をお送りすることを以ちまして、お詫びに代えさせていただきます。

 現在、当該商品につきましてはご購入いただけない状態にさせていただいておりますが、順次修正し、ご購入いただけるようにさせていただきます。

 このたびは、大変ご迷惑をお掛けいたしましたことを、重ねてお詫び申し上げます。
                                                                

以上



2009年12月9日
株式会社セブンネットショッピング

昨日のサイトが重かったのはこの辺りの事情が絡んでいるようです。告知文だけでは分からなかったのですが、J-CASTニュースで「10億円の工具がなんと5万円 セブン&アイまたまた「ミス販売」」の記事が出ていました。「2012年度には売上高1000億円を目指す」とセブン&アイ・ネットメディアの後藤克弘社長が発表しているようですが、前途多難な船出になりました。

ちなみにTモールからのリンクは12月9日現在も旧セブンアンドワイままです。うまく連携が取れていません。当面は稼動が安定するまで購入は見送ります。今後に期待ですね。

|

« ケータイ向けGoogle音声検索は驚異! | トップページ | 映画『フライング☆ラビッツ』(お薦め度★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/46980784

この記事へのトラックバック一覧です: セブンネットショッピングは散々な船出:

« ケータイ向けGoogle音声検索は驚異! | トップページ | 映画『フライング☆ラビッツ』(お薦め度★) »