« 映画『フライング☆ラビッツ』(お薦め度★) | トップページ | 「カラフルせんせい」-2009クリスマスプレゼントその1 »

2009.12.11

映画『ハピネス』(お薦め度★★★)

監督、ホ=ジノ。脚本、ホ=ジノ、イ=スキョン、シン=ジュンホ、ソ=ユミン。原題『幸福』、英題『Happiness』。2007年韓国。悲恋映画。出演、イム=スジョン(ウニ)、ファン=ジョンミン(ハン=ヨンス)、キム=ギチョン(プナム)、キム=ジング(ヨンスの母)、コン=ヒョジン(スヨン・ヨンスの元カノ)、リュ=スンス(ドンジュン)、パク=インファン(ソック)、シン=シネ(療養所所長)。

作品紹介(WOWOWオンラインから引用)「四月の雪」や話題作「きみに微笑む雨」など胸を打つ恋愛映画の名手ホ・ジノ監督が、時に甘く、時に残酷な愛のうつろいを綴ったラブストーリー。仕事も恋愛もうまくいかず、おまけに肝硬変で療養所に入った男が、難病を抱えながらけなげに生きるヒロインと恋に落ちる。一度は永遠を誓い合った2人だったが……。「サイボーグでも大丈夫」のイム・スジョンが、美少女イメージを脱皮して献身的な大人のヒロインを熱演。一方「ユア・マイ・サンシャイン」のファン・ジョンミンも、気ままに生きてきた優柔不断な男を好演した。

あまりにやるせない映画です。

どうして、こんなにも献身的で健気なヒロインを捨てられるのでしょうか。難病を抱えた者同士が、清く慎ましく生きるという生活が脆くも崩れてしまうのが苦しいほどに残酷です。都会の夢に破れたのに再び戻り、さらに落ちてゆく男の気持ちが理解できません。そんな男を最後まで受け入れる女性の深さに涙が止まりませんでした。そして迎えるエンディングはタイトル通りの幸福感を残しました。愛することの難しさを改めて考えさせる佳作です。

ヒロインを演じたイム=スジョンは本当に素晴らしい。これほど儚げで狂おしいほどに切ない演技は超一級でした。彼女が出演した作品は『アメノナカノ青空』『箪笥』『Sad Movie (サッド・ムービー)』に続いて4本目になりますが、一番印象に残ると思います。順調にキャリアを積んでいると感じました。

ホ=ジノ監督は、最近になるほど良くなっていると感じます。本作の後に撮影された『きみに微笑む雨』が好印象だったので、期待できると予想していました。今後も注目すべき韓国人監督のひとりだと思います。

|

« 映画『フライング☆ラビッツ』(お薦め度★) | トップページ | 「カラフルせんせい」-2009クリスマスプレゼントその1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/46996554

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ハピネス』(お薦め度★★★):

« 映画『フライング☆ラビッツ』(お薦め度★) | トップページ | 「カラフルせんせい」-2009クリスマスプレゼントその1 »