« KIOSK(キヨスク)にセルフレジが導入された | トップページ | 「フレッツ光メンバーズクラブ」への入会は大変だった »

2009.12.24

映画『ルイスと未来泥棒』(お薦め度★★)

監督、スティーヴン=J=アンダーソン。脚本、ミシェル=ボックナー。原作、ウィリアム=ジョイス『ロビンソン一家のゆかいな一日』。原題『MEET THE ROBINSONS』。2007年米。アニメ映画。声の出演、ダニエル=ハンセン(ルイス)、ウェズリー=シンガーマン(ウィルバー)、ニコール=サリヴァン(フラニー)、ハーランド=ウィリアムズ(カール)、アンジェラ=バセット(ミルドレッド)、スティーヴン=J=アンダーソン(未来泥棒)。

作品紹介(WOWOWから引用)
W・ジョイスの傑作児童文学「ロビンソン一家のゆかいな一日」を下敷きに、自分の未来と家族を守るため、謎の悪党に立ち向かう天才発明少年の活躍を描く物語。ディズニー・ファミリーの一員となったピクサー・スタジオで、「カールじいさんの空飛ぶ家」などの傑作を送り出しているJ・ラセターを製作総指揮に迎え、現在・過去・未来を飛び回る大冒険アニメーションに仕上げている。未来世界のユニークな登場人物たちと、巧妙に張られた伏線、そして家族の絆というテーマが見事に調和した、新世代のディズニー映画らしい作品となった。

驚くべき駄作です。
キャラクターデザインが「トイ・ストーリー」シリーズ、背景して描かれる未来社会は『ロボッツ』に似ていて、3Dアニメとして映像は高品質です。劇場公開時に観に行こうとしたのですが、割と早く終了してしまって見逃してしまいました。WOWOWで放映されることになり、久しぶりに海外アニメ作品を字幕版で鑑賞しました。

開始早々、アメリカン・ジョークというかアメリカン・コメディというか調子っぱずれでぶっ飛んでいます。常軌を逸した主人公たちの行動についていけません。始まりから1時間ほど延々と続きます。終盤になってストーリーが立ち直ってくれたのでなんとか観るに耐えられましたが、ディズニー作品でこれほど登場人物の設定を外しているのは珍しいのではないでしょうか。未来泥棒の正体が明かされ、真相が語られるとあまりにせこくて悲惨な内容にがっかりさせられます。

|

« KIOSK(キヨスク)にセルフレジが導入された | トップページ | 「フレッツ光メンバーズクラブ」への入会は大変だった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/47106085

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ルイスと未来泥棒』(お薦め度★★):

» 映画『ルイスと未来泥棒』 MEET THE ROBINSONS スティーヴン・J・アンダーソン [Enjoy!Recommend!!]
【アニメ商品対象】ルイスと未来泥棒【Blu-rayDisc Video】価格:4,442円(税込、送料別)『ルイスと未来泥棒』(2007)95min C テンポがとても良い。ストーリーがポンポンポンと進んでいく。時間も90分ぐらいでちょうど良いと思う。あまり深く考えずに見るといいかも? 内..... [続きを読む]

受信: 2010.07.14 07:03

» 「ルイスと未来泥棒」 [ドゥル的映画鑑賞ダイアリー]
お勧め度:★★★☆☆ 製作年 : 2007年 製作国 : アメリカ 配給 : ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン 上映時間 : 102分 監督 : スティーヴン・アンダーソン 原作 : ウィリアム・ジョイス 声の出演 : ダニエル・ハンセン 、 アンジェラ・バセット 、 トム・セレック 、 ウェズリー・シンガーマン あらすじ 孤児院に暮らす孤独な天才発明少年ルイスが、未来の世界と自分の家族の運命を巡って悪者と対決する。発明家を夢見るひとりぼっちの少年ルイスは、... [続きを読む]

受信: 2010.11.19 14:57

« KIOSK(キヨスク)にセルフレジが導入された | トップページ | 「フレッツ光メンバーズクラブ」への入会は大変だった »