« NHKスペシャル「無縁社会 ~“無縁死”3万2千人の衝撃~」に凹んだ | トップページ | 映画『スパイダーウィックの謎』(お薦め度★★★) »

2010.02.04

映画『サヨナライツカ』(お薦め度★★)

監督、イ=ジェハン。脚本、イ=ジェハン、イ=シンホ、イ=マニ。原作、辻仁成『サヨナライツカ』。主題歌、中島美嘉「ALWAYS」。2010年韓国。R-15+。ラブ・ストーリー映画。出演、中山美穂(真中沓子)、西島秀俊(東垣内豊)、石田ゆり子(尋末光子)、加藤雅也(桜田善次郎・東垣内の上司)、マギー(木下恒久・東垣内の同僚)。

ガッカリ....(泣)。
名作『私の頭の中の消しゴム』のイ=ジェハン監督作なので、評判が芳しくないながらも彼の才能を信じて観ました。駄目です。登場人物に全くリアリティがありません。出会ってから25年後の設定は作り話としてもお粗末でした。12年ぶりのスクリーン復帰となる中山美穂が大胆な濡れ場を演じたという話題性だけの作品でした。キャスティングが失敗しています。登場人物の行動も奇妙過ぎます。いくら小説とは言え陳腐過ぎました。絶対にありえない人物像です。韓国人監督との息が合わなかったのか、出演者の演技力不足も顕著で、特に西島秀俊の仏頂面には飽き飽きしました。

イ=ジェハン監督には期待していたのですが、前作から6年目の待望の作品だったのに駄作で残念です。カット割りや撮影の視点、映像美はそれなりの片鱗をみせましたが、中身が悪くては問題になりません。

|

« NHKスペシャル「無縁社会 ~“無縁死”3万2千人の衝撃~」に凹んだ | トップページ | 映画『スパイダーウィックの謎』(お薦め度★★★) »

コメント

erabuさん。こんにちは。
TB・コメントありがとうございます。

相変わらずの、ズバット切り込むコメントですね。
いろんな意味で、話のつくりが雑だとは思いました。
設定にしろ、メイクにしろ、役作りにしろ。
普段ラブストーリーをほとんど観ない私にとっては、男の目線からの仕立ては、あまりラブストーリーを意識せず見れた。
そんなところは良かったところかもしれないです。

だけど一番良かったのは、いい絵が描けたところですかね。(笑)

投稿: de-nory | 2010.03.20 07:37

>de-noryさん、こんばんわ!

>男の目線からの仕立ては、あまりラブストーリーを意識せず見れた。そんなところは良かったところかもしれないです。
確かにラブストーリーらしからぬ作りだったですね。その辺りも評価を下げる要因になったのだと思います。

>だけど一番良かったのは、いい絵が描けたところですかね。(笑)
そう思います。会心作ですね。

投稿: erabu | 2010.03.20 23:10

いつもTBありがとうございます。

>登場人物の行動も奇妙過ぎます。いくら小説とは言え陳腐過ぎました。

原作を一部変えたので、より不自然になっている気がします。初めて小説を読んだときはむしろリアルな感じがしたものでした。
くどいけれど、映画の設定で石田ゆり子と中山美穂が会うのは絶対におかしい。会わないままでいたから、25年夫婦関係に亀裂が入らずにいられたのだと思う。
あとはブログに書かなかったけれど、ロック歌手になった息子が出てくる場面もとってつけたみたいで変だ。中山美穂の濡れ場というけど、これも物足りないですよね。
誰かが妙にいじくりすぎた印象です。

またよろしくお願いします。

投稿: wangchai | 2010.08.14 20:32

>wangchaiさん、いつもコメントありがとうございます。

>原作を一部変えたので、より不自然になっている気がします。
そうだったんですか。
それにしてもイ=ジェハン監督に期待感があったので、原作は何であっても完成度の高い作品になると考えていたので、本当にがっかりしました。
次回作が駄目だったら、諦めます。

投稿: erabu | 2010.08.17 12:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/47477363

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『サヨナライツカ』(お薦め度★★):

» サヨナライツカ [LOVE Cinemas 調布]
『私の頭の中の消しゴム』のイ・ジェハン監督作品。辻仁成の同名小説の映画化だ。主演は原作者・辻仁成の妻でこれが12年ぶりの映画復帰作となる中山美穂。共演に『蟹工船』や『ゼロの焦点』の西島秀俊、『MW-ムウ-』の石田ゆり子、『新宿インシデント』の加藤雅也が出演している。「人間は死ぬ時、愛されたことを思い出すのか、それとも愛したことを思い出すのか」切ない恋が今始まる―。... [続きを読む]

受信: 2010.02.04 20:26

» サヨナライツカ [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
サヨナライツカ’09:韓国 ◆ 監督: イ・ジェハン「私の頭の中の消しゴム」◆出演:中山美穂、西島秀俊、石田ゆり子、加藤雅也、マギー ◆STORY◆1975年、タイ・バンコク。航空会社のエリート社員・豊は婚約者の光子を東京に残し、バンコク支社に赴任。そこで艶やかな....... [続きを読む]

受信: 2010.02.04 22:14

» 「サヨナライツカ」 [てんびんthe LIFE]
「サヨナライツカ」ユナイテッドンネマ豊洲で観賞 中山美穂がTVに出まくって力の入ったプロモーション活動をしていたので、気にはなっていましたが、見に行くかどうかは迷っていました。 ただ、イ・ジェハン監督作品ということで「私の頭の中の消しゴム」主演をしたウソンさんがこの作品を応援するといったらしい。 中国でそんなことを実際に言ったのかどうか多少疑問はあるけど、そんな監督と俳優つながりで全くないわけでもないよなあなんておりました。 実はほかに見たい作品があったにもかかわらず、どうしてもこの作品... [続きを読む]

受信: 2010.02.06 00:42

» 『サヨナライツカ』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
バンコクの出会いはよかったよー。シャルル・ドゴール空港での「やっと逢えたね」にはその当時驚いたものだよね。でも、『ラ・ジュテ』と『12モンキーズ』を観たばかりの今の私ならば、空港でそんな台詞が発せられることに別のドラマを感じてしまうよ。もしかして、二人は時空を越えて再会したのかもしれないよ。なんて、そんなふうにさ、いっそのことSFにでもしてしまったらよかったのに、なんて。ストレートに描くには、25年の重みにあまりにも説得力がなかった本作。西島っちの老けメイクがヘンなカンジというのを抜きにしたとしても... [続きを読む]

受信: 2010.02.07 01:55

» 10-28「サヨナライツカ」(韓国) [CINECHANの映画感想]
孤独は唯一裏切らない友  1975年、バンコク。高級ホテルのスイートルームに暮らし、お金に不自由することなく、欲望のままに奔放に生きる女性、沓子。  ある日、バンコクに赴任してきた若きエリートビジネスマンの豊と出会う。結婚を目前に控え、日本に貞淑な婚約者・光子を残してきた豊だったが、謎めいた沓子の魅力に抗えず、2人の愛欲の日々が始まる。  やがて、恋愛を遊びのように楽しんできた沓子も、豊への募る想いに戸惑いつつも、それが本当の愛だと気づき始めるのだったが。(「allcinema」より...... [続きを読む]

受信: 2010.02.07 23:02

» サヨナライツカ(試写会) [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[サヨナライツカ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:小吉 2010年5本目です。 【あらすじ】 1975年。 航空会社で働き、好青年というあだ名を持つ東垣内豊(西島秀俊)は、婚約者の光子(石田ゆり子)を日本に残し、3ヶ月の期間限..... [続きを読む]

受信: 2010.02.08 14:33

» 『サヨナライツカ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「サヨナライツカ」□監督 イ・ジェハン□脚本 イ・ジェハン、イ・シンホ、イ・マニ □原作 辻 仁成□キャスト 中山美穂、西島秀俊、石田ゆり子、加藤雅也、マギー ■鑑賞日 1月23日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 男と女が出逢うこと、そこには様々な形がある。 それはたとえば一夜の戯れであったり、延長線上に幸福な生活があるのかもしれない。 ひとことで“運命の出会い”と言えるものがあるとしたら... [続きを読む]

受信: 2010.02.09 08:26

» No.205 サヨナライツカ [気ままな映画生活]
誰にでも忘れられない恋がある。 25年間の男女のそこまで人を愛することができるのかと 見ている側に問いかける作品でした。 メインの登場人物は3人 [続きを読む]

受信: 2010.02.20 16:57

» 映画<サヨナライツカ> [美味−BIMI−]
いつも人はサヨナラを用意して生きなければならない 孤独はもっとも裏切ることのない 友人の一人だと思うほうがよい 愛に怯える前に傘を買っておく必要がある・・・ こんな詩で始まる<サヨナライツカ>の映画。 ”愛されるコト”が全てと思っていた女性が、 運命的な出会いを経て”愛するコト”が本当の愛だと気付くラブストーリー。 物語は“愛されたい”と願う沓子(中山美穂)が、 好青年・豊(西島秀俊)をポジティブに愛するようになる様子を 克明に描いていきます。。。 ... [続きを読む]

受信: 2010.02.26 13:17

» 映画『サヨナライツカ』 [ガンまる日記]
※夢のコラボセミナー 心と体と気づきのストレッチ in 神戸(9)の記事に応援クリックしてくださった皆さん、どうもありが [続きを読む]

受信: 2010.03.02 22:46

» サヨナライツカ [夫婦でシネマ]
中山美穂が頑張って演技している分、痛々しい気持ちになりました。 [続きを読む]

受信: 2010.03.07 15:49

» サヨナライツカ [墨映画(BOKUEIGA)]
「路は、いくとおりもある。」 好青年は、夢は掴んだが愛すべき人は掴めなかった。 【STORY】(シネマ・トゥデイ様より引用させていただきました。) 愛されることがすべてと思っていた女性が、運命的な出会いを経て、愛することが本当の愛だと気付くラブストーリー。『私の頭の中の消しゴム』イ・ジェハン監督がメガホンを取り、監督から熱烈なラブコールを受けた中山美穂が、『東京日和』以来12年ぶりの映画主演作で愛に生きる強く純真な女性を熱演。原作は中山の夫・辻仁成。バンコクで始まった恋が東京、ニューヨークと場所を... [続きを読む]

受信: 2010.03.20 07:37

» サヨナライツカ [ゴリラも寄り道]
サヨナライツカ [Blu-ray](2010/06/25)中山美穂西島秀俊商品詳細を見る<<ストーリー>>1975年、灼熱のバンコク。金・美貌・愛に不自由なく暮らし、... [続きを読む]

受信: 2010.07.07 01:49

» mini review 10476「サヨナライツカ」★★★☆☆☆☆☆☆☆ [サーカスな日々]
愛されることがすべてと思っていた女性が、運命的な出会いを経て、愛することが本当の愛だと気付くラブストーリー。『私の頭の中の消しゴム』イ・ジェハン監督がメガホンを取り、監督から熱烈なラブコールを受けた中山美穂が、『東京日和』以来12年ぶりの映画主演作で愛に生きる強く純真な女性を熱演。原作は中山の夫・辻仁成。バンコクで始まった恋が東京、ニューヨークと場所を移し、25年の時を超えて愛へと変わる過程が切ない。[もっと詳しく] なんだか辻仁成と高城剛には、同じ匂いがして好きになれない。 原作の辻仁成は、... [続きを読む]

受信: 2010.08.07 16:37

» かなわない恋だとわかってた「サヨナライツカ」 [Addict allcinema おすすめ映画レビュー]
[続きを読む]

受信: 2014.10.06 21:38

« NHKスペシャル「無縁社会 ~“無縁死”3万2千人の衝撃~」に凹んだ | トップページ | 映画『スパイダーウィックの謎』(お薦め度★★★) »