« 2010F1第1戦バーレーンGP | トップページ | 「パ・リーグ ライブTV」が登場してパ・リーグのネット中継が有料化 »

2010.03.17

映画『時をかける少女』(お薦め度★★★)

監督、谷口正晃。脚本、菅野友恵。原作、筒井康隆。主題歌、いきものがかり「ノスタルジア」。挿入歌、いきものがかり「時をかける少女」。2010年日本。SF映画。出演、仲里依紗(芳山あかり)、中尾明慶(溝呂木涼太・大学生)、安田成美(芳山和子・あかりの母)、勝村政信(浅倉吾朗・酒屋の主)、石丸幹二(深町一夫・未来人)、青木崇高(ゴテツ=長谷川政道・涼太の学友)、石橋杏奈(芳山和子・1974年当時)、千代将太(浅倉吾朗・1974年当時)、柄本時生(元宮悟・あかりの同級生)、キタキマユ(市瀬・涼太の学友)、松下優也(門井徹・涼太の学友)。

エピソードをいろいろ詰め込み過ぎた割に、ラストは物足りなさを感じました。
ストーリー構成が弱く、登場人物のセリフに現実的でないものがあったり、主人公の芳山あかりが過去にタイム・スリープする動機が貧弱だったりで、脚本は力不足でした。演出もテンポが悪く、作品の世界にスッと入り込めないもどかしさがありました。ヒロインを助ける大学生役の中尾明慶の演技もイマイチでした。

しかしながら、それらの欠点をカバーして余りあるくらいに、ヒロインを演じた仲里依紗の魅力が圧倒していました。アイドル並みの正統派美少女で演技力は抜群です。健康的で可愛らしい存在感はピカイチでした。クライマックスでの彼女の熱演に泣かされました。2006年のアニメ映画『時をかける少女』でもヒロインの声優を担当した実力が発揮されていたと思います。

また、非常に居心地の良い映像でした。1974年という町並みや雰囲気を“らしく”描いてくれており、懐かしさを十分に堪能しました。あの時代は間違いなく作品が醸し出す温かみがありました。小さいコタツでヒロインが寝ながら素足を出しているシーンや2人で銭湯に行く場面は癒されました。仲里依紗の年代ファッションも文句のつけようがありません。

1983年に大林宣彦監督の尾道三部作の2作目として公開された映画『時をかける少女』は、ヒロイン・原田知世が観たくて映画館に行っています。本作も久しぶりにアイドル映画のように主演女優目当てで鑑賞しました。映画『純喫茶磯辺』での娘役も魅力的だった仲里依紗は今後の活躍が大いに期待できる若手実力派女優です。

|

« 2010F1第1戦バーレーンGP | トップページ | 「パ・リーグ ライブTV」が登場してパ・リーグのネット中継が有料化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/47831241

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『時をかける少女』(お薦め度★★★):

» 時をかける少女 [だらだら無気力ブログ]
筒井康隆の名作SF小説で過去に何度も映像化されてきた『時をかける 少女』をアニメ版『時をかける少女』でヒロイン紺野真琴の声を担当した 仲里依紗を主演に迎えて新たな観点で実写化した青春ファンタジー。 今回は、原作の主人公・芳山和子の娘・芳山あかりが母の代わり..... [続きを読む]

受信: 2010.03.17 00:24

» 時をかける少女(2010) [LOVE Cinemas 調布]
言わずと知れた筒井康隆の不朽の名作を今再び映画化。母の代わりにタイムリープした主人公の切ない恋の行方を描いた青春ドラマだ。主演は2006年のアニメ版『時をかける少女』で主人公・真琴の声を演じた仲里依紗。共演に『ROOKIES -卒業-』の中尾明慶、安田成美。監督はこれがデビュー作の谷口正晃が務める。いきものがかりがカバーした挿入歌『時をかける少女』を聞いて気持ちをタイムリープしたい。... [続きを読む]

受信: 2010.03.17 00:39

» 時をかける少女 [そーれりぽーと]
2010年版『時をかける少女』。 オリジナルの1983年版『時をかける少女』は子供のころから何度かテレビで観た記憶程度ですが、数年前のアニメ版『時かけ』が超絶面白かったので、アニメ版でヒロインの声を担当してた子が主演する今度の『時かけ』にも期待して観てきました。 ★★★ かつて未来人と接触して記憶を消された事のある芳山和子。 本作はその娘芳山あかりが2010年からその時代にタイムリープで戻り、未来人深町一夫に接触を試みるお話。 誰もが知る1983年版映画『時をかける少女』の完全続編のように感じる... [続きを読む]

受信: 2010.03.17 01:21

» 時をかける少女(2010) [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。筒井康隆原作、谷口正晃監督、仲里依紗、中尾明慶、安田成美、青木崇高、石橋杏奈、千代将太、柄本時生、キタキマユ、田島ゆみか、松下優也、加藤康起、勝村政信、石丸幹二。もうすぐ桜の季節なのだ。桜と弓道と仲里依紗を合わせたら「ちーちゃんは悠久の向こう....... [続きを読む]

受信: 2010.03.17 07:57

» 『時をかける少女』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「時をかける少女」□監督 谷口正晃□脚本 菅野友恵 □原作 筒井康隆 □キャスト 仲 里依紗、中尾明慶、安田成美、勝村政信、石丸幹二■鑑賞日 3月13日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> オリジナルのほうはほぼ内容を忘れてしまいましたが、原田知世チャンが新鮮だったことは覚えています 所謂角川映画全盛の頃ですかね(笑) 今や薬師丸ひろ子あたりもオバチャン役が多くなりましたしねぇ いつも一緒に映画を観るかみさ... [続きを読む]

受信: 2010.03.18 07:07

» 「時をかける少女(2010)」 いろんな意味で懐かしい [はらやんの映画徒然草]
仲里依紗さんという女優を始めて知ったのは2006年のアニメ版「時をかける少女」の [続きを読む]

受信: 2010.03.18 19:38

» 時をかける少女(2010) [みんなシネマいいのに!]
 筒井康隆が原作の「時をかける少女」の映像化は、大林宣彦監督の映画が最高傑作とさ [続きを読む]

受信: 2010.03.18 23:06

» [映画『時をかける少女(2010)』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆私にとっての『時をかける少女』は、原田知代なのだが、  この作品、リメイクではなく、これまでの繰り返されて作られた作品の続編体裁となっている。  で、主演の美少女・仲里依紗の個性ともども、少なくとも私のイメージとはかけ離れた「時をかける少女」が展開された。  そして、それは悪くなかった。  かつての、<時をかける少女>・芳山和子の時代にタイムリープを仕掛けた娘アカリは、ちょっとした間違いで、かつての舞台の二年後に飛んでしまう。  この設定には、かなり感心した。  先は読めないし、これま... [続きを読む]

受信: 2010.03.18 23:28

» 時をかける少女 [to Heart]
あなたに、会いにいく。 記憶は消えても、 この想いは消えない。 上映時間 122分 原作 筒井康隆 脚本 菅野友恵 監督 谷口正晃 出演 仲里依紗/中尾明慶/石丸幹二/青木崇高/石橋杏奈/千代将太/柄本時生/キタキマユ/勝村政信/安田成美 筒井康隆の名作SFを実写映画化した青春ファンタジー。 今度は母・芳山和子に願いを託されたヒロインが70年代にタイム・リープする。 {/book_mov/}大学進学を控えた芳山あかり(仲里依紗)は、入院中の母・和子(安田成美)に代わって1970年代にタイム・... [続きを読む]

受信: 2010.03.20 22:05

» 時をかける少女 (仲里依紗さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆仲里依紗さん(のつもり) 仲里依紗さんは、筒井康隆原作の小説『時をかける少女』の続編的な位置づけで映画化された同名映画に芳山あかり 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2010.03.20 22:55

» 劇場鑑賞「時をかける少女」 [日々“是”精進!]
時をかける少女オリジナル・サウンドトラック「時をかける少女」を鑑賞してきました筒井康隆の名作SFを、2006年のアニメ版でもヒロインの声を務めた仲里依紗を主演に迎えて実写映画化した青春ファンタジー。今度は母・芳山和子に願いを託されたヒロインが70年代に...... [続きを読む]

受信: 2010.03.21 05:58

» 『時をかける少女』 切ない思い出、戻りたい時代…僕らは忘れているだけなのかもしれない [ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー]
にほんブログ村 『時をかける少女』 2010年、そして僕らもふたたび時空を超える… (C) 映画『時をかける少女』製作委員会2010 筒井康隆の名作SF小説の映画化。 時をかける少女といったら、原田知世でしょってアナタは・・・ほどよく年を重ねた... [続きを読む]

受信: 2010.03.22 00:02

» 映画:時をかける少女 [よしなしごと]
 2006年のアニメ版の“時をかける少女”がおもしろかったのと(アニメ版の記事はこちら。)、先着でプレゼントがあるということで、時をかける少女を観てきました。 [続きを読む]

受信: 2010.03.22 15:45

» 『時をかける少女』を観る [雑記帳+]
期待以上でした。 仲里依沙が好きなので、それもポイント上げてるかも。 『純喫茶磯 [続きを読む]

受信: 2010.03.22 22:31

» 時をかける少女 [ゴリラも寄り道]
<<ストーリー>>母娘二人暮らしのあかり(仲里依紗)は、母の和子(安田成美)が薬学者として研究を続けている大学に見事合格する。そん... [続きを読む]

受信: 2010.03.27 01:35

» 「時をかける少女」(2010) [古今東西座]
『時をかける少女』も「また?」ってくらいに繰り返し映画やテレビ化されるようになった。以前だったら『伊豆の踊子』や『青い山脈』が定番だったけど、今やその地位は『時かけ』なんだろう。良く言えば「原作(筒井康隆)が不朽の名作だから」、悪く言えば「企画力に乏しく安直な発想」ってこと。とは言っても僕のように文句垂れながらもついつい(騙されて?)観てしまう観客がいるからこそ、人を変えて何度も創られているのだろう。高校3年生の芳山あかり(仲里依紗…アニメ版『時かけ』の主役の声も彼女)は、母・芳山和子(安田成美)が... [続きを読む]

受信: 2010.03.27 07:05

» 【時をかける少女】 [日々のつぶやき]
監督:谷口正晃 出演:仲里衣紗、中尾明慶、安田成美、勝村政信   あなたに、会いにいく。 「大学の合格も発表になった矢先、あかりの母芳山和子が交通事故にあい意識が戻らない状態に陥った。ショックで病室に付き添っていたあかりは、突然目覚めた母がどうし... [続きを読む]

受信: 2010.03.27 12:51

» 「時をかける少女」:勝どき駅前バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}開発の進む勝どき界隈にもまだ、こんな時間が止まったような場所が存在するのね。 {/kaeru_en4/}まるで昭和の風景そのままだな。 {/hiyo_en2/}あー、あの頃に戻りたい。 {/kaeru_en4/}って言って、戻っちゃったのが、谷口正晃監督の「時をかける少女」。 {/hiyo_en2/}戻っちゃったんじゃなくて、2010年の高校生が母親の願いを受けて1970年代に行く話よ、新作の「時をかける少女」は。 {/kaeru_en4/}その母親っていうのが、オリジナル... [続きを読む]

受信: 2010.03.27 16:48

» 「時をかける少女」一挙上映!7時間耐久『時かけ映画祭』@新宿ピカデリー [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
3/13の「時かけ」公開を前に、1983年原田知世版「時をかける少女」、2006年細田守アニメ版「時をかける少女」、2010年仲里依紗版「時をかける少女」の3本が一挙上映される「時かけ映画祭」が2/27に開催された15:30〜16:10 ゲストトーク16:15〜18:00 1983年版 『時をかけ....... [続きを読む]

受信: 2010.03.27 22:16

» 映画「時をかける少女(2010」桜並木を遠ざかる後ろ姿に涙 [soramove]
「時をかける少女 (2010」★★★☆ 仲里依紗、中尾明慶、安田成美、青木崇高 主演 谷口正晃監督、122分 、 2010年3月13日公開、2010,日本,スタイルジャム (原題:時をかける少女 )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「見るつもりはなかったが、 今月末で閉館するピカデリー1の大画面で 出来るだけ多く見たいと劇場へ。 大学進学を控えた芳山あかり(仲里依紗)は、 入院中の... [続きを読む]

受信: 2010.03.28 19:33

» 映画「時をかける少女(2010」桜並木を遠ざかる後ろ姿に涙 [soramove]
「時をかける少女 (2010」★★★☆ 仲里依紗、中尾明慶、安田成美、青木崇高 主演 谷口正晃監督、122分 、 2010年3月13日公開、2010,日本,スタイルジャム (原題:時をかける少女 )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「見るつもりはなかったが、 今月末で閉館するピカデリー1の大画面で 出来るだけ多く見たいと劇場へ。 大学進学を控えた芳山あかり(仲里依紗)は、 入院中の... [続きを読む]

受信: 2010.03.29 07:38

» 【映画】時をかける少女(2010年) [新!やさぐれ日記]
▼動機 弓道!袴!仲里依紗! ▼感想 弓道?袴?仲里依紗! ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 母娘二人暮らしのあかり(仲里依紗)は、母の和子(安田成美)が薬学者として研究を続けている大学に見事合格する。そんな折り、突然母が交通事故に遭い、意識不明の昏睡状態に陥ってしまう。あかりが病院を訪ねると、一瞬意識を取り戻した母は、1972年に戻ってある人との約束を果たすのだとうわ言のように繰り返すばかり。 ▼コメント 原作小説は未読、原作映画版は未見、アニメ版視聴済み。 ... [続きを読む]

受信: 2010.03.29 07:44

» 時をかける少女(2010年) [放浪映画人]
監督:谷口正晃 2010年公開(日本) 筒井康隆原作「時をかける少女」のスピンオフ的な作品です。 はっきり言いますが、私が今までみた同名の作品の中では一番最低な出来の作品です。 殆どアイドル映画に近い出来で、内容の薄い作品です。 主演の仲里依紗さん…映画デビューするのが早すぎたようですね。 しかし、この作品をあえて作る必要があったのかなぁ…。 どうせなら、細田守監督のアニメ版「時をかける少女」を実写化してほしかったなぁ。 公式ホームページ 放浪映画人トップページ... [続きを読む]

受信: 2010.04.02 08:24

» [映画]時をかける少女 [オレメデア]
先日、映画「時をかける少女」を見てきました。「時をかける少女」は、1983年に原田知世が主演で公開された映画を発端として、その後、2006年にはアニメ映画も公開されました。今回の映画の主演は、2006年のアニメ映画で主人公の芳山あかりの声を担当した、仲里依紗が演じています。... [続きを読む]

受信: 2010.04.02 15:35

» 時をかける少女 [ダイターンクラッシュ!!]
2010年4月5日(月) 18:30~ ヒューマントラストシネマ渋谷3 料金:1000円(Club-Cテアトル会員料金) パンフレット:未確認 『時をかける少女』公式サイト 筒井康隆のジュブナイル小説で有名なタイトルだが、原作に則り製作されたのは、大林信彦監督、原田知世主演で、とり・みきが愛してやまない最初の作品。しかし、例によって観ていない。 これの次に角川春樹が監督したものがあるが、こちらの内容は全く知らない。 2006年にアニメ版が登場。オリジナル主人公芳山和子の姪が主人公。結構な名作だ... [続きを読む]

受信: 2010.04.06 19:20

» 「時をかける少女」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
                                「時をかける少女」 新宿ピカデリーにて。 原作・筒井康隆 脚本・菅野友恵 監督・谷口正晃 色々用事があってなかなか観に行けなかった本作を、やっと観て参りました。 とっても素敵で、切なくて、本当にこの映画に出逢えてよかったです!って感じです(^^♪。 私はたまたまこの映画の「予告編」というやつを1回も観ていない状態で鑑賞したのがよかったのかもしれません。予備知識は、「今度のは芳山和子の娘が主人公らしい・・。で、仲里依紗が主演らしい・... [続きを読む]

受信: 2010.04.09 19:45

» 時をかける少女 [空想俳人日記]
時をかけ 時を止めたい 刹那さや  06年のアニメ版 でもヒロインの声を務めた仲里依紗を主演に迎えての実写映画化。いやはや、この映画、時をかける少女ならぬ、時をかける映画ですなあ。あはは。ちっとも面白くないですね。  でも、映画はアニメ版 の時とはまた異な... [続きを読む]

受信: 2010.04.12 08:58

» 「時をかける少女」 [prisoner's BLOG]
もともとの話のヒロインの娘の話にする、というのが工夫。 しかし、タイムリープなんて本来荒唐無稽な話を聞かされてあまり気にしないで受け入れてしまうわ、見通しのいい道路で横断歩道の中にいる母親のもとにブレーキもかける様子もなく自動車が突っ込むわ(人身事故起こしたドライバーは後始末どうした)、入院している母親をおっぽり出して時間旅行に行くわで、コレ大丈夫かと思わせるが、過去に入ると仲里依紗が良いのでガタピシしながらなんとか持つ。 今回は、まだ「スター・ウォーズ」('77)が現れる前の74年という設定で、... [続きを読む]

受信: 2010.04.18 21:38

» 時をかける少女 [5125年映画の旅]
女子高生の芳山あかりは薬学者の和子と二人で暮らしていたが、ある時和子が事故に遭ってしまう。和子はあかりに、自分の代わりに1972年に飛び、深町一夫という男性に会うよう告げる。和子の研究室で時間を飛ぶ薬を見つけるあかりだったが、飛ぶ年代を間違えて1974....... [続きを読む]

受信: 2010.04.18 22:33

» 映画[ 時をかける少女 ]仲里依紗の可愛さに星3つ [アロハ坊主の日がな一日]
映画[ 時をかける少女 TIME TRAVELLER ]を渋谷ヒューマントラストで鑑賞。 時代を超えて愛されつづける作品であります。いまだに「原田知世主演の第1作目にまさる作品はないよ」という方がいれば「元気で、お転婆な紺野真琴のキャラが新鮮だ」という2006年に上映された長編アニメ版の「時かけ」を賞賛する人がいたり。世代によって人気が分かれるのも[ 時をかける少女 ]の作品の魅力なのだろう。今回もまた今までとは一味違った、せつない殉愛映画に仕上がっています。でもオデは、やはり主役の仲里依紗が... [続きを読む]

受信: 2010.04.22 15:09

» 10-94「時をかける少女」(日本) [CINECHANの映画感想]
未来の桜を見る君へ  母・芳山和子が薬学者として勤務する大学に無事合格し、あとは卒業を待つだけの高校3年生、あかり。  そんなある日、和子が交通事故に遭い、昏睡状態に陥ってしまう。一時的に意識を取り戻した和子は“過去に戻って深町一夫に会わなくては…”と必死に訴え、再び昏睡に。あかりは母の願いを叶えるため、彼女が開発した薬を使って1972年4月にタイム・リープすることを決意する。  ところが、彼女が過去に到着してみると、そこは1974年2月だった。仕方なく、偶然出会った映画監督志望の大...... [続きを読む]

受信: 2010.04.25 21:22

» 「時をかける少女」時代を超えて継承された母から娘への恋の物語 [オールマイティにコメンテート]
3月13日公開の映画「時をかける少女」を観賞した。 この映画は1983年に公開された 原田知世主演の映画「時をかける少女」の続編に当たる作品で、 芳山和子の娘あかりが1972年に出会った深町カズオに 伝えたいメッセージを託して過去へ向かうが、 そこは19....... [続きを読む]

受信: 2010.05.09 11:16

» 時をかける少女 2010年仲里依紗版 [国内航空券【チケットカフェ】社長のあれこれ]
80年代の角川映画2トップ女優、薬師丸ひろ子と原田知世。 私は基本原田知世派でしたが、薬師丸作品を見た後には薬師丸派にちょっとなったりする、色々移ろいやすい思春期でした・・・ 中学生の時に見た時をかける少女のリメイクが、これまた私の好きな「純喫茶磯辺」の仲里... [続きを読む]

受信: 2010.10.21 22:16

» mini review 10496「時をかける少女」★★★★★☆☆☆☆☆ [サーカスな日々]
今まで何度も映像化・映画化されてきた筒井康隆原作のSF短編小説「時をかける少女」を新たな視点で映画化した上質の青春映画。母の代わりに1970年代にタイム・リープした娘の切ない体験を丁寧に描写...... [続きを読む]

受信: 2010.10.29 23:46

» 【映画】時をかける少女(2010) [★紅茶屋ロンド★]
<時をかける少女(2010) を観ました> 製作:2010年日本 ←クリックしてね♪ランキング参加中 筒井康隆の原作小説4度目の映画化。 主演はアニメ版「時をかける少女」でも主人公マコトの声を演じた、仲里依紗。 主題歌をいきものがかりが歌っているという事もあって、公開当時から興味がありました。 邦画って、ついつい見逃してしまうんだけど、DVDになったのも忘れていて…(苦笑)やっと借りてきました。 2010年、18歳の女子高生あかりは、事故で意識不明になった母親、和子の学生時代の友人、深町カ... [続きを読む]

受信: 2010.11.11 07:57

» 【映画】時をかける少女(2010) [★紅茶屋ロンド★]
<時をかける少女(2010) を観ました> 製作:2010年日本 ←クリックしてね♪ランキング参加中 筒井康隆の原作小説4度目の映画化。 主演はアニメ版「時をかける少女」でも主人公マコトの声を演じた、仲里依紗。 主題歌をいきものがかりが歌っているという事もあって、公開当時から興味がありました。 邦画って、ついつい見逃してしまうんだけど、DVDになったのも忘れていて…(苦笑)やっと借りてきました。 2010年、18歳の女子高生あかりは、事故で意識不明になった母親、和子の学生時代の友人、深町カ... [続きを読む]

受信: 2010.11.15 21:15

» 時をかける少女 [銀幕大帝α]
10年/日本/122分/青春ファンタジー・ロマンス/劇場公開 監督:谷口正晃 原作:筒井康隆 主題歌:いきものがかり『ノスタルジア』 挿入歌:いきものがかり『時をかける少女』 出演:仲里依紗、中尾明慶、安田成美、勝村政信、石丸幹二 <ストーリー> 高校卒業...... [続きを読む]

受信: 2011.03.15 00:39

« 2010F1第1戦バーレーンGP | トップページ | 「パ・リーグ ライブTV」が登場してパ・リーグのネット中継が有料化 »