« 川越のアクシデントを継投で乗り切り、千葉ロッテ連敗を2でストップ(第28戦/18勝9敗1分) | トップページ | 「おしなりくん」ストラップ、ありがとうございました! »

2010.04.26

イオンの生活雑貨専門店「R.O.U」で買い物をした

4月17日、イオン津田沼ショッピングセンターにオープンした「R.O.U(アールオーユー)」で買い物をしました。3月7日にニトリが撤退した後の3階フロアが利用されています。

P1000001

生活雑貨専門店ということでを主に4つのカテゴリー(文具、ビューティーケア、家庭用品、バラエティ雑貨)のアイテムで展開しています。特に重視しているのが家庭用品で商品構成比は全体の3割とのことです。主要顧客層は30代主婦向けで、デザインが重視されており値段も「ロフト」並みの価格帯です。同様の商品を扱っているイオンの売り場と比べて割高です。イオンのプライベートブランドのトップバリュー商品は陳列されていませんでした。

イオンHPでは次のように紹介されています。

「生活=遊びの雑貨店」
R.O.Uのココロは、「Rock Our Utopia」。
Rockには「思いっきり楽しむ」という意味があるんです。
つまり、ここは暮らしをまるごと楽しむためのお店。
一歩足を踏み入れただけで、子供みたいにドキドキ、ワクワク。
胸が高鳴る新鮮で楽しい品物や仕かけが、お店いっぱいに待っています。
さあ、生活=遊びの雑貨店R.O.Uへようこそ

店作りは大型雑貨店「ロフト」をそっくり真似したといってもいいでしょう。売り場中央に正方形のレジを配置しているところも同じです。ただし、出店して間もないため商品の種類は少なく、「ロフト」のように店頭で新しい商品を発見する喜びはまだまだこれからといったところです。

日曜日のお昼に行きましたが、開店して2週目の週末にもかかわらずそれほど込み合っている印象はありませんでした。陳列スペースはゆったりしており、買いやすい配置になっています。今回のお目当てはキッチン関係の箸や食器で適当なものを購入しました。コストパフォーマンスを考えると割高はいなめません。

昨今のデフレ時代に対抗できるのか疑問に感じました。それよりも、イオンの近くにあるミーナ津田沼に4月23日オープンしたドン・キホーテ新津田沼駅前店ほうがインパクトも集客も上回っていました。

|

« 川越のアクシデントを継投で乗り切り、千葉ロッテ連敗を2でストップ(第28戦/18勝9敗1分) | トップページ | 「おしなりくん」ストラップ、ありがとうございました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/48188249

この記事へのトラックバック一覧です: イオンの生活雑貨専門店「R.O.U」で買い物をした:

« 川越のアクシデントを継投で乗り切り、千葉ロッテ連敗を2でストップ(第28戦/18勝9敗1分) | トップページ | 「おしなりくん」ストラップ、ありがとうございました! »