« 大嶺が三度先発失敗、千葉ロッテ大敗(第39戦/23勝15敗1分) | トップページ | <交流戦:YB対M>千葉ロッテ4発で大勝し、交流戦連勝で5日ぶり首位復帰(第41戦/25勝15敗1分) »

2010.05.12

<交流戦:YB対M>千葉ロッテ接戦を制し、交流戦開幕戦白星スタート(第40戦/24勝15敗1分)

●横浜ベイスターズ1-2千葉ロッテ○ 横浜(18:00)未観戦

□責任投手
勝利投手 渡辺俊 (3勝 3敗 0S)、セーブ投手 小林宏 (1勝 0敗 8S)
敗戦投手 清水直 (4勝 3敗 0S)

□バッテリー
M○渡辺俊、伊藤、薮田、S小林宏=里崎
YB●清水直、牛田=武山

□本塁打
M 大松7号ソロ(2回・清水直), サブロー7号ソロ(4回・清水直)
YB

元チームメートの清水直から、大松とサブローの2発で試合を決めた。

渡辺俊も6回7安打1失点と好投し、7回からは必勝リレーで伊藤、薮田、小林宏で接戦を逃げ切った。

交流戦開幕戦はいきなり千葉ロッテの元エース・清水直との対戦で、是非とも観戦したかった。清水直に対しては、昨年からエースと呼べなくなっていたが、今季はセ・リーグで頑張っているようで彼にとって古巣との対戦に気合が入ったことだろう。しかし、今日はセ・リーグ主催試合なのでニュース番組のスポーツコーナーで結果をチェックするにとどまった。

清水直も好投してくれての1点差の緊迫した好ゲームだったようで、渡辺俊で勝てたのはうれしい。今季の千葉ロッテは先発が良いと中継陣も良い仕事をしてくれるという典型的なパターンだった。

明日も観戦できないが、連勝を期待したい。

|

« 大嶺が三度先発失敗、千葉ロッテ大敗(第39戦/23勝15敗1分) | トップページ | <交流戦:YB対M>千葉ロッテ4発で大勝し、交流戦連勝で5日ぶり首位復帰(第41戦/25勝15敗1分) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/48344229

この記事へのトラックバック一覧です: <交流戦:YB対M>千葉ロッテ接戦を制し、交流戦開幕戦白星スタート(第40戦/24勝15敗1分):

» 交流戦のはじまりは湾岸対決 [マリーンズじゃなきゃいられない]
2日間仕事でカンヅメでした。ほんとに珍しいことなんですけど。今日ぬけがら状態で釈放されて(笑)、やっと、と思って交流戦みようとしたら、あ。横浜戦って中継見れないんだっけorzマリーンズ先発は渡辺俊投手。ベイスターズ先発は元ロッテ・清水直さん。渡辺俊投手...... [続きを読む]

受信: 2010.05.13 01:50

» 2010 NPB交流戦初陣。 [カモメとドラ+イヌとツバメのおーえんにっき。。。]
 というわけで、しばらく新テーマ「2010 日本生命セ・パインターリーグ」。  初戦は横浜ベイ@横浜、結果です。 2-1  敢えてロッテ時代、そんな直さん  先発はロッテ渡辺俊×ベイスターズ清水直。先制したのはロッテ、2回表清水直からの3球目ライト... [続きを読む]

受信: 2010.05.13 06:03

» 直行との対戦を制し、交流戦初戦勝利(20100512vsYB) [ライトヒッティングな生活]
複雑だったけど、やっぱり勝てて良かったって思う。 [続きを読む]

受信: 2010.05.13 08:02

» 《マリーンズ》元同僚対決は以外にも?ロースコア [南大阪に吹くマリンの風]
交流戦開始です。試合は録画をpointだけ確認した雑感です。 スコア マリーンズ 2 - 1 ベイスターズ 試合展開は1球速報頼みではありましたが、試合終了後の数字的な結果確認した際の最初の感想は、味方のコトよりも、マリン元エースの考察として 『直さんらしいなぁ~』って感じでした。 8回120球・8奪三振・被安打5でウチHR2の2失点で力投実らず敗戦投手。 いくら良いピッチングをしても、四死球も4つありながら、要所を押さえても、結果的にソロ2本で負けてしまう。 現在においても、直さんはベイ... [続きを読む]

受信: 2010.05.13 13:58

» 【千葉ロッテ】 俊介、直行に投げ勝って交流戦初戦を白星で飾る [おたっきーの好きな言葉は「前へ」です]
仕事中に動画で試合を見られない中で、こういう試合展開は、 なかなかつらいものです。 9回は2アウトとりながらも、部長に2塁進塁を許して、 一打同点のピンチ。 クリックの連発でした(汗) 試合が見られていないので、自宅に帰って野球好きニュースで 確認することにしますが、俊介がよく粘ってくれました。 滅多に対戦のないサブマリン(といっても2005年から考えれば、 大分たっているかもしれません)は、やはり攻略しにくかったの でしょうか。 これまで、野手と噛み合わない試合が続いていましたが、 この勝... [続きを読む]

受信: 2010.05.13 20:43

« 大嶺が三度先発失敗、千葉ロッテ大敗(第39戦/23勝15敗1分) | トップページ | <交流戦:YB対M>千葉ロッテ4発で大勝し、交流戦連勝で5日ぶり首位復帰(第41戦/25勝15敗1分) »