« 万全の継投策で千葉ロッテ快勝、9連戦勝ち越す(第90-F戦/48勝40敗2分) | トップページ | 映画『クローズZERO Ⅱ』(お薦め度★★) »

2010.07.22

映画『ウルトラミラクルラブストーリー』(お薦め度★)

監督・脚本、横浜聡子。2009年日本。青春映画。出演、松山ケンイチ(水木陽人)、麻生久美子(神泉町子)、ノゾエ征爾(田中太)、ARATA(島田要)、原田芳雄(三沢医師)、渡辺美佐子(柴田もつ)、藤田弓子(三上のカミサマ)。

作品紹介(WOWOWオンラインから引用)
人気俳優、松山ケンイチが主役を熱演。自主製作映画「ジャーマン+雨」で一躍注目を浴びた新人女性監督・横浜聡子が2009年、待望の商業映画デビューを飾った衝撃の話題作。

解説
自主製作した長編映画「ジャーマン+雨」が、異例の全国公開を経て2007年度日本映画監督協会の新人賞を獲得し、一躍注目を浴びた女性監督の横浜聡子。彼女が本作でいよいよ待望の商業映画デビュー。監督の故郷・青森県を舞台に、1人の純朴な青年が、東京からやってきた美しい保育園の先生に恋をして、奇想天外な行動に打って出る様子を、シュールな笑いを交えてパワフルに描く。やはり青森出身で今や映画にTVにひっぱりだこの人気俳優・松山ケンイチが、青年主人公を体当たりで熱演するのが何より見ものだ。

ストーリー
青森県の田舎町の畑で野菜を育てながら、1人で気ままに暮らす、子供のように純真な青年、水木陽人。ある日、野菜を売りに出かけたかねしろ幼稚園で、東京からやってきた新任保育士の町子先生と出会った彼は、生まれて初めての恋心を覚え、以来、すっかり彼女のあとをつけ回すようになる。しかし町子は、事故で死んだ元カレのことが忘れられず、まだ見つからぬ彼の首のことで占い師に相談するため、青森にやって来たのだった……。 

なんじゃこりゃ・・・でした。
全く理解できません。作品のテーマが見えません。
監督は何を描きたかったのでしょうか。コメディとファンタジーとホラーを組み合わせた新ジャンルに挑戦したかったのかしら。
松山ケンイチと麻生久美子の若手実力派俳優が共演するので興味がありました。彼らは良い演技をしていると思います。しかし、映画そのものについていけないのでなんともお気の毒としか言いようがありません。

|

« 万全の継投策で千葉ロッテ快勝、9連戦勝ち越す(第90-F戦/48勝40敗2分) | トップページ | 映画『クローズZERO Ⅱ』(お薦め度★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/48949534

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ウルトラミラクルラブストーリー』(お薦め度★):

» ウルトラミラクルラブストーリー [LOVE Cinemas 調布]
『デスノート』、『デトロイト・メタル・シティ』の松山ケンイチ主演最新作。今回は故郷青森を舞台としたラブストーリーで、全編に渡って津軽弁全開。共演に現在『おと・な・り』、『インスタント沼』が公開中で今最も旬な女優・麻生久美子が出演しています。監督の横浜聡子は長編映画2作目、商業映画でデビュー作とのこと。予告編からその強烈なイメージが焼きついて離れない一作です。... [続きを読む]

受信: 2010.07.22 23:29

» ウルトラミラクルラブストーリー [だらだら無気力ブログ]
変わり者で思いのままに行動する青年が、一目ぼれした女性に対し、真っ直ぐ に体当たりで向かっていく様を描いたラブストーリー。 出演は9月公開予定の『カムイ外伝』にも出演している松山ケンイチや 『おとなり』や『インスタント沼』の麻生久美子。 監督は『ジャーマン+..... [続きを読む]

受信: 2010.07.24 14:20

» ウルトラミラクルラブストーリー [単館系]
う〜ん、わからんてのが感想。 ただ、松山ケンイチ×麻生久美子のコンビがすばらしい。 天才探偵役Lを演じた松山ケンイチがこの作品ではちょっと頭がおかしい人を演じているが この演技力は天才...... [続きを読む]

受信: 2012.02.19 01:01

« 万全の継投策で千葉ロッテ快勝、9連戦勝ち越す(第90-F戦/48勝40敗2分) | トップページ | 映画『クローズZERO Ⅱ』(お薦め度★★) »