« 千葉ロッテは連夜の拙攻負け(第104-F戦/53勝49敗2分) | トップページ | 千葉ロッテわずか1安打完封負け(第106-E戦/54勝50敗2分) »

2010.08.12

唐川が復帰戦白星、千葉ロッテは連敗脱出(第105-F戦/54勝49敗2分)

○千葉ロッテ5-2北海道日本ハムファイターズ● 千葉マリン(18:15)TV観戦

・登録【投手】19 唐川 侑己、46 川越 英隆
 抹消【投手】30 伊藤 義弘、【内野手】58 青野 毅

□責任投手
勝利投手 唐川 (4勝 3敗 0S)、セーブ投手 小林宏 (2勝 1敗 19S)
敗戦投手 木田 (5勝 2敗 0S)

□バッテリー
F●木田、カーライル、榊原、菊地、加藤武=大野、鶴岡
M○唐川、古谷、薮田、小野、S小林宏=的場

□本塁打
F
M

勝ち~♪
5月13日の横浜戦以来、約3ヶ月ぶりの復帰登板の唐川は少したくましく見えた。
初回いきなりワンアウト満塁のピンチを迎えたが、5番糸井、6番二岡を連続三振に切り抜けた。

そのウラに、久しぶりにマリンガン打線が爆発。3番井口が先制タイムリー、日ハム木田のワイルドピッチ、7番清田の2点タイムリーで一気に4点を奪取。2回にも追加点を加えて5対0と幸先良く唐川を援護した。

唐川は強風に再三帽子を飛ばされながらも好投を続けた。5、6回に1点ずつ返されたものの終始安定した内容で6回にマウンドを降りた。ここまでで5対2。

7回から継投策に入ったが、千葉ロッテのベンチが冴えていた。
2番手・古谷がツーアウト1塁としたところで、3番手・薮田に交代。6番二岡を1球でセンターフライに仕留めた。
8回からは1軍復帰から3連投となる4番手・小野を起用。ここのところ失敗を繰り返している薮田に続投させない判断は正しい。小野はツーベースを打たれたものの後続を断ち、日ハム打線を見事に抑え切った。

3回から得点できないものの、3点差あれば残る9回は守護神・小林宏で逃げ切れる。
最終回、ワンアウトから3番稲葉にファースト内野安打されランナーが出た。4番小谷野にセンターオーバーのライナーを打たれた。センター・岡田が背走し半身の体制でジャンプしてキャッチ。お見事!超ファインプレーで日ハムの反撃を捻じ伏せた。小林宏は5番糸井をピッチャーゴロに打ち取りゲームセット。

日ハムからホームでの3タテを阻止し、3位をキープした。唐川は4勝目。

セットアッパーの伊藤が右肩の張りのため出場選手登録を抹消された。勝利の方程式であるIYKトリオはちょっとお休みになるが、リリーフに加わった小野が機能しそうなので新たにYOKトリオが組まれるかもしれない。中継陣が安定してくれば勝てる試合が増えてくるだろう。期待したい。

|

« 千葉ロッテは連夜の拙攻負け(第104-F戦/53勝49敗2分) | トップページ | 千葉ロッテわずか1安打完封負け(第106-E戦/54勝50敗2分) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/49132739

この記事へのトラックバック一覧です: 唐川が復帰戦白星、千葉ロッテは連敗脱出(第105-F戦/54勝49敗2分):

» マリーンズ 唐川が復活勝利 [つらつら日暮らし]
マリーンズですが、連敗を止め、唐川が復活勝利しました。 [続きを読む]

受信: 2010.08.12 23:32

» この勝利はでかいっ!! [おもしろき ことばかりな世を・・・]
待ってたぜ,カラカー君・・・ ロッテ5−2日本ハム ずるずる行くかと思われたこの3戦目でしたが,結果は病み上がりのカラカー君が,苦しいながらも粘りのピッチング。打線の援護... [続きを読む]

受信: 2010.08.13 00:12

» 唐川復活勝利!中田翔を打たせず! [いすみマリーンズ]
ファイターズ 000011000 2 マリーンズ  41000000X 5  F [続きを読む]

受信: 2010.08.13 00:51

» 守り切れた(20100812vsF) [ライトヒッティングな生活]
カラカー復活登板で3タテ阻止。 [続きを読む]

受信: 2010.08.13 00:58

» 岡田さん [も〜’s Diary]
VS ハム ○5-2 すごい岡田さんのスーパーキャッチ 帰宅してトゥエルビをつけたら、 「本日の試合をふりかえります」のコーナーで いいとこばっかり見られました(^^) 最近、岡田さんが出ていなかったので、あ〜あ〜と思っていたら 今日は打つ方こそ・・・でしたが、すごい守りが見られました。 存在感を見せられたかな。頑張れ頑張れ 試合の方は・・・勝てたから良かったものの、 3回以降は井口さんの1ヒットだけ・・・って・・・。 解説の黒木さんも駄目出ししていました。 「もっとガツガツいかないと!」... [続きを読む]

受信: 2010.08.13 01:09

» 8/12、【M-F】18 木田投手が序盤で5失点・・・ 残塁も12で連勝がストップ・・・ [やっさん日記]
千葉ロッテに2連勝し、もし今日も勝利してこのカードを3タテとすれば、単独3位へと浮上することができる。 そんな子の試合の先発は、北海道日本ハムが木田投手。千葉ロッテが唐川投手。 【1回表】 初回の攻撃は、まず田中選手がレフトに二塁打を放って出塁すると、次の森本選手が送りバントを試みるも、これはキャッチャー前へのボテボテのゴロとなってしまい、田中選手が三塁でタッチアウトとなって一死一塁。 しかしこの..... [続きを読む]

受信: 2010.08.13 01:24

» ほんとにいいヒーローインタビューでした。 [マリーンズじゃなきゃいられない]
台風の影響でマリン方面は強風とのこと。電車も遅延・一部運休など。公式には「本日のファーマーズマーケットの開催および外周飲食テントの営業については、強風のため運営が危険であると判断させていただき中止させていただきます」とでたりして、試合できるの? とい...... [続きを読む]

受信: 2010.08.13 08:49

» ロッテ、唐川復帰で連敗止める♪ [筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ]
{/野球/}8/12の試合結果{/野球/} ◇パ・リーグロ 5 - 2 日{/ピカピカ/}楽 3 - 4 西ソ 6 - 6 オ(延長12回) ◇セ・リーグヤ 6 - 3 巨横 0 - 1 中広 6 - 10 神 今日は復帰を待ち望んでおりました唐川くんが先発{/!/}この先発不足の折り、いやがおうでも期...... [続きを読む]

受信: 2010.08.13 09:26

» M VS Fs (18回戦) 唐川復帰後初登板 [marlboro_tottiの千葉ロッテマリーンズ観戦記ブログ]
お疲れ様です~ 先日マツダスタジアムで行われました。。。 カープ対ベイスターズの試合におきまして。。。 カープ赤松の超ミラクルなファインプレーが飛び出したのをご存知でしょうか  野球を好きな方ならすでに御覧になられているかと思われますが。... [続きを読む]

受信: 2010.08.13 13:45

» 0812 唐川クン復帰戦+158km/hで8勝目。 [かもめ中心すたいる。 ~A Seagull flies across Chiba~]
 ファイターズ3連戦最終日、 2-5  先発は、ファイターズ・木田画伯×マリーンズ・インターリーグ以来の復帰戦唐川。試合開始直前の千葉マリン、12mのマリン風が吹く 。  その風が厄介?でした、画伯の立ち上がりを攻め立てる。1回ウラ、2番・今江の中2→... [続きを読む]

受信: 2010.08.13 15:08

» ロッテ・唐川3ヶ月ぶり4勝目 [続・今日も内角攻め!]
日本ハムに連敗し、4位・オリックスに0.5差と肉薄されて迎えた3戦目は、5/13の横浜戦で2回途中に武山の打球を右手に受け右手中指骨折で戦列を離れていた唐川が先発マウンドに復帰。 6回降板までに毎回走者を背負う苦しいピッチングも丁寧に低めに集める投球で6回2失点で3ヵ月ぶりの4勝目をマーク。 打線は、1回裏に日本ハム先発・木田の乱調に付け込み、打者一巡の猛攻で4点を奪うと、2回裏には今江の左線2塁打と井口の二塁内野安打で無死1、3塁とし、続く金泰均の遊ゴロ併殺の間に5ー0とリード。 日... [続きを読む]

受信: 2010.08.13 15:38

» 【千葉ロッテ】 初回の攻防がすべて [おたっきーの好きな言葉は「前へ」です]
振り返ってみれば、初回の攻防が明暗をわけました。 清田の2点タイムリーが、大きかったですね。 初回の唐川は、強風と久しぶりの登板ということもあり、 変化球のコントロールがままならなかったので、どうなることかと ヒヤヒヤものでしたが、 持ち前のストレートがびしっと決まってくれました。 唐川の投球を見ていると、改めてプロで生きていく秘訣というもの を考えさせられます。ずばっと投げられるコントロールと、 やはりカーブ、スライダーといった緩急がつけられるということ。 例えば、伊藤にも、薮田にも、こうい... [続きを読む]

受信: 2010.08.13 17:13

» 《マリーンズ》『救世主』と呼ぶにはチト遠いか? [南大阪に吹くマリンの風]
遅ればせの更新です マリーンズ 5 - 2 ファイターズ 3ヶ月ぶりに戦列復帰の唐川でしたが、初回、糸井選手への3ボールまでは非常にヤバい感じでした。 でも、それ以降は一気にスイッチが入った感じで、糸井選手を三振に。 そして昨年『打ち出の小槌』状態でポコスカ打たれた二岡選手も三振で凌ぎきりました。 そっからも良いボールと悪いボールがハッキリ分かれる感じのピッチングだったと思います。 注目の中田翔選手との対決。最初の打席でフルカウントから最後に投じたイン・ハイのストレート?それともシュート?が... [続きを読む]

受信: 2010.08.13 17:23

« 千葉ロッテは連夜の拙攻負け(第104-F戦/53勝49敗2分) | トップページ | 千葉ロッテわずか1安打完封負け(第106-E戦/54勝50敗2分) »