« ドラマ「モリのアサガオ」はかなり期待できる | トップページ | 映画『チェイサー』(お薦め度★★) »

2010.10.24

セリエA 2010/2011シーズン第7節 ミラン3-1キエーヴォ(10/16)

会場:スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ(ミラノ)
主審:アンドレア=ジェルヴァゾーニ

前半:2-0
アレシャンドレ=パト(前半18分)1-0
アレシャンドレ=パト(前半30分)2-0

後半:1-1
O.G.(後半25分)2-1
ロビーニョ(後半48分)3-1

復帰後初スタメンのパトが2ゴールで先制、ロビーニョがダメ押しでミランが勝利。

ミランは得点以上に、キエーヴォに攻撃を許し苦しい展開を余儀なくされた。前線のイブラヒモヴィッチとパト、トップ下のロナウジーニョが良い形で攻撃を組み立てるが、一旦キエーヴォにボールが渡るとシュートまで持っていかれる。前半には何度も決定的なシーンを許し、GKクリスティアン=アッビアーティが好セーブでピンチを凌いだ。
1点目は、ルカ=アントニーニがオーバラップして、前を走るイブラヒモヴィッチにパス、すかさず逆サイドのパトにクロスを入れ、パトが技ありのボレーで決める。先制してもミランは危ない場面が多い。しかし、苦しみながらも2点目もパトがゴール。イブラヒモヴィッチがキエーヴォのDFにファウルを受け、起き上がりと同時にFKのボールをパトにパスして、パトが素早く反応して頭脳的なシュートを決めた。内容が悪いながらも、2点を取ってミランが優位で前半を終了。

後半もミランは攻守のバランスが悪く、キエーヴォに攻められる。後半17分にミランのDFチアゴ=シウヴァが足を痛めて、ダニエレ=ボネーラに交代。上背のあるシウヴァがいなくなったことでミランのゴール前の守りが後退。後半25分にキエーヴォのCKでキエーヴォのセルジオ=ペリシエがヘッドでゴール前に流したボールがイブラヒモヴィッチに当たって、オウンゴール。ミランが攻めつつも流れはキエーヴォに傾く。しかし、パスを回してミランはリズムを取り戻し、後半終了間際にミランがカウンター攻撃。ロヴィーニョが前にいた炉なうジーニョにパスをして、再びボールをロヴィーニョがもらってゴール前に入ってGKをかわしてダメ押しの1点をもぎ取り、キエーヴォを振り切った。

|

« ドラマ「モリのアサガオ」はかなり期待できる | トップページ | 映画『チェイサー』(お薦め度★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/49835071

この記事へのトラックバック一覧です: セリエA 2010/2011シーズン第7節 ミラン3-1キエーヴォ(10/16):

« ドラマ「モリのアサガオ」はかなり期待できる | トップページ | 映画『チェイサー』(お薦め度★★) »