« iTunes 10 にバージョンアップした | トップページ | ドラマ「10年先も君に恋して」[全6話](お薦め度★★) »

2010.10.04

UEFAチャンピオンズリーグ GL_G 第2節 アヤックス1-1ミラン(9/28)

会場:アムステルダム・アレーナ(アムステルダム)
主審:フェリックス=ブリッヒ (GER) 
監督:マルティン=ヨル (NED)、 マッシミリアーノ=アッレグリ (ITA)

前半:1-1
ムニル=エルハムダウイ(前半23分)1-0
ズラタン=イブラヒモヴィッチ(前半37分)1-1

後半:0-0

勝点:アヤックス 1、ミラン 4

ホームのアヤックスに先制されたが、イブラヒモヴィッチが古巣相手に気合の同点ゴールで追いつき、引き分け。

前半、アヤックスが猛攻を続ける。ミランのゴールに迫ってくる回数が多い。ミランは守りを固めてカウンター狙いの展開が続いた。前半23分にペナルティエリア手前でルイス=スアレスがボールを受け、DFをかわして左奥に入って、右足でゴール中央にパスを送り、エルハムダウイが反転しながら、振り向きざまに右足でシュートを決める。ミランは前半30分にクラレンス=セードルフが中央のロビーニョにスルーパス、GKと一対一になったが、決定的なシュートを外してしまった。前半37分にピルロが前線のセードルフにクロスを入れ、セードルフが中央を並走してきたイブラヒモヴィッチに浮き球でパス、これをイブラヒモヴィッチが胸でトラップして、足元に落ちてバウンドしたボールをバランスを崩さず、右足で蹴り込んで同点。

後半もアヤックスが攻めるが、前半と違ってミランの守備に余裕が出てかわすようになった。中央付近でのボールの奪い合いではジェナロ=ガットゥーゾ(主将)が目まぐるしい活躍をみせた。これほど機能している彼を見たのは初めてかもしれない。セードルフも古巣相手にキレのある動きをしている。両チームの攻守の切替が早く、アヤックスがボールに対して素早くプレッシャーを掛け続けるので、ミランの選手にファールが多く出て、イエローカードが3枚も出てしまった。それでもゴール近くでのFKが無かったので、難を逃れた。ミランは後半40分に精彩を欠くロビーニョに代わって、3枚目のカードとしてインザーギが投入された。最後までアヤックスが押していたがミランの守りに阻まれ引き分けた。

チャンピオンズリーグでミランの調子が良い。イブラヒモヴィッチは既にチームに溶け込んでおり、2試合で3得点の活躍をみせている。次のレアル・マドリッド(勝点6)との戦いは見逃せない。

|

« iTunes 10 にバージョンアップした | トップページ | ドラマ「10年先も君に恋して」[全6話](お薦め度★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/49651969

この記事へのトラックバック一覧です: UEFAチャンピオンズリーグ GL_G 第2節 アヤックス1-1ミラン(9/28):

« iTunes 10 にバージョンアップした | トップページ | ドラマ「10年先も君に恋して」[全6話](お薦め度★★) »