« ドラマ「プロポーズ兄弟〜生まれ順別 男が結婚する方法〜」(お薦め度★★★) | トップページ | 単行本『フェイスブック 若き天才の野望』(お薦め度★★★★★) »

2011.02.25

ドラマ「同期」(お薦め度★★★★★)

監督、入江悠。脚本、福田雄一。原作、今野敏。2011年WOWOW。刑事ドラマ。出演、松田龍平(宇田川亮太・警視庁捜査一課第五係刑事 巡査部長)、新井浩文(蘇我和彦・公安部捜査課 巡査部長)、栗山千明(蘇我みちる)、竹中直人(下谷東署強行犯係 巡査部長)、豊原功補(名波孝三・第五係係長 警部)、渡辺哲(植松義彦・第五係刑事 警部補)、岩松了(田端章夫・課長 警視正)、鈴木亮平(宮下幸助・築地署 巡査部長)、中村育二(滝田春男・警視庁組対四課課長 警視正)、堀部圭亮(原田勇治・管理官 警視)、ムロツヨシ(柚木隆也・刑事 警部補)、矢島健一(韮沢晋太郎・組対部長 警視長)、佐野史郎(門前真人・警備局警備企画課長 警視長)、神山繁(八十島秋水・政財界の黒幕)。

作品紹介(WOWOWオンラインから引用)
2006年「隠蔽捜査」で吉川英治文学新人賞、2008年「果断―隠蔽捜査2―」で山本周五郎賞と日本推理作家協会賞を受賞、その後も“警察小説の気鋭”として高い評価を得る今野敏原作の2009年に発表した本格派警察小説「同期」を映像化。同期の警察官の行方を追う若手刑事の奮闘を描く本格派警察ドラマだ。

本作で特筆すべきは、まずは、キャスト陣。主役の宇田川役として、昨今、演技力への評価が益々高まる松田龍平が、WOWOW初登場で、テレビドラマ初主演。他にも栗山千明、竹中直人ら、個性派が勢揃いした。そして、スタッフにも注目。脚本には、ドラマ「東京DOGS」、映画『逆境ナイン』等の脚本のほか、「新堂本兄弟」、「THE3名様シリーズ」などバラエティの構成作家、演出家としても名を馳せる鬼才、福田雄一。さらに、監督には、『SR サイタマノラッパー』で、第50回日本映画監督協会新人賞を受賞し、今最も将来を嘱望される若手、入江悠を起用。この旬な組み合わせが、警察ドラマの世界に新たな風を送り込む。

次々と立ちはだかる組織の壁を、自分の誇りを賭けて必死に乗り越えていく刑事たちの熱きドラマは、忘れてしまった若い頃の理想、未来へと突き進む勇気、仲間との熱い絆といった大切なものを思い出させてくれるだろう。

ストーリー
本庁捜査一課の刑事、宇田川(松田龍平)にはライバルがいる。同期の蘇我(新井浩文)だ。飄々とした上昇志向のない男だが、能力を買われて公安に引っ張られた。ところが、その蘇我が突然理由もなく懲戒免職となった。心配し、その行方を追う宇田川に、警察内部からの圧力がかかる。しかも、ある殺人事件の容疑者として蘇我の名前が…。初めて「警察組織」というものに疑いを抱いた宇田川の心の中で、かつてない熱い想いが湧き上がった。クビになってもいい。

凄いミステリードラマでした。
主人公が刑事のプライドを賭けて、同期の親友を守るために真相を追求する熱情溢れるドラマに圧倒されました。出演者すべてが生かされたており、主演の松田龍平は文句無しです。役にはまっていました。親友となる新井浩文も良かったです。ドラマ「モテキ」での存在感に注目していましたが、本作でも主役を盛り立てていました。良い役者です。

最後まで心底ハラハラさせられました。リアリティのある脚本と演出に感服しました。WOWOWのオリジナルドラマが良いですね。先のドラマ「マークスの山」も心が揺さぶられましたが、本作も肩を並べる出来栄えです。WOWOWのドラマ製作における最近の充実振りは目を見張るものがあります。

|

« ドラマ「プロポーズ兄弟〜生まれ順別 男が結婚する方法〜」(お薦め度★★★) | トップページ | 単行本『フェイスブック 若き天才の野望』(お薦め度★★★★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/50966959

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「同期」(お薦め度★★★★★):

« ドラマ「プロポーズ兄弟〜生まれ順別 男が結婚する方法〜」(お薦め度★★★) | トップページ | 単行本『フェイスブック 若き天才の野望』(お薦め度★★★★★) »