« 「Windows 7 Service Pack 1 日本語版」をインストールした | トップページ | ドラマ「同期」(お薦め度★★★★★) »

2011.02.25

ドラマ「プロポーズ兄弟〜生まれ順別 男が結婚する方法〜」(お薦め度★★★)

演出、鈴木雅之(第1話、第4話)、並木道子(第2話)、佐々木詳太(第3話)。脚本、衛藤凛。プロデューサー、若松央樹。フジテレビ。4夜連続(2月21~24日)放送。ラブコメディ。

出演
#1:佐藤隆太(山田一郎)、杏(佐々木綾)、松重豊(安西源五郎)、浅利陽介(村上良典)、柄本時生(小島鉄平)
#2:小池徹平(山田二郎)、佐々木希(渡辺みなみ)、戸田昌宏(山本)、中村倫也(橋本)、敦士(諸星)
#3:中村蒼(山田三郎)、本仮屋ユイカ(伊藤真央)、片桐はいり(ペットショップ店主)
#4:伊藤淳史(田中和男)、ベッキー(鈴木早紀)、正名僕蔵(デザイン事務所上司)

All Stories:森本レオ(天の声)、宮崎美子(山田家 母)、岩松了(山田家 父)

作品紹介(フジテレビ サイトから引用)
今ちまたで流行の「生まれ順」性格判断。
このドラマはそれぞれの特徴を持った4つのタイプの男子「初めっ子、間っ子、末っ子、一人っ子」を主人公に描くラブコメディー。
ある女性との出会いを通して男たちは、自らの弱点と同時に魅力に気づき本当の幸せをつかむまでの姿を描いていきます。
男性に対しては応援ドラマとして、女性に対しては共感ハウツードラマとしてお楽しみいただけます。
笑って、泣いて、そんな愛と優しさと笑顔にあふれたドラマです。
いつの時代にも変わらない、恋することのすばらしさ、真摯に人を思うことの大切さが伝わるはず。

あまり考えずに楽しめました。
ドラマの背景となる「生まれ順」性格判断が話題になっていることは全く知らなかったのですが、兄弟の生まれ順で典型的な人物像を設定して話が進むのでわかりやすく、しかも登場人物が良い人ばかりなので和みました。主人公たちとヒロインたちにそれほどの葛藤も無く、主人公たちがいかに結婚することに目覚めるかに焦点が当てられています。ヒロインたちが素直で可愛らしい存在なのでストレスを感じさせません。全体を通して兄弟が主人公にかかわらず、兄弟間の交流が少なかったところに物足りなさを感じました。

エピソードの中で一番のお気に入りは、末っ子の恋愛が描かれた#3です。本仮屋ユイカが良いですね。主人公とは幼なじみということで、性格を理解したうえで長所短所すべてを包み込んで諭しながら、相手に成長を促す姿勢に惚れました。主人公の中村蒼は初顔でした。チャライ現代の若者を明るく演じており好感が持てました。

|

« 「Windows 7 Service Pack 1 日本語版」をインストールした | トップページ | ドラマ「同期」(お薦め度★★★★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/50963787

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「プロポーズ兄弟〜生まれ順別 男が結婚する方法〜」(お薦め度★★★):

« 「Windows 7 Service Pack 1 日本語版」をインストールした | トップページ | ドラマ「同期」(お薦め度★★★★★) »