« ドラマ「悪党~重犯罪捜査班」[全8話](お薦め度★★★★) | トップページ | ドラマ「再生巨流」(お薦め度★★) »

2011.03.26

ドラマ「空飛ぶタイヤ」[全5話](お薦め度★★★★)

監督、麻生学、鈴木浩介。脚本、前川洋一。原作、池井戸潤『空飛ぶタイヤ』。音楽、佐藤直紀。プロデューサー、青木泰憲、土橋覚。制作協力、東阪企画。製作著作、WOWOW。2009年放映。社会派ドラマ。

出演、仲村トオル(赤松徳郎・赤松運送社長)、戸田菜穂(赤松史絵・赤松の妻)、小清水一揮(赤松拓朗・赤松の息子)、大杉漣(宮代直吉・赤松運送専務)、柄本佑(門田駿一・赤松運送整備士)、田辺誠一(沢田悠太・ホープ自動車カスタマー戦略課長)、本上まなみ(沢田英里子・沢田の妻)、袴田吉彦(小牧重道・ホープ自動車車両製造部課長)、尾野真千子(杉本恭子・ホープ自動車品質保証部)、相島一之(室井秀夫・ホープ自動車品質保証部課長)、國村隼(狩野威・ホープ自動車常務)、西岡徳馬(巻田三郎・ホープ銀行専務)、萩原聖人(井崎一亮・ホープ銀行調査役)、ミムラ(佐々木香織・狩野の姪)、水野美紀(榎本貴和子・週刊潮流記者)、遠藤憲一(高幡真治・新港北署刑事)、斎藤洋介(児玉征治・児玉通運社長)、甲本雅裕(柚木雅史・被害者の夫)、山口もえ(柚木タエコ・被害者)、佐藤詩音(柚木貴史・被害者の息子)。

凄絶なドラマです。
観ていて苦しくなりました。仲村トオルが演じた赤松運送社長の加害者であり被害者である立場に心が奪われました。大企業と存在を掛けて渡り合った勇気とそれを支えた部下たちの想いが胸を熱くしました。本ドラマは2002年に三菱自動車の大型トラックが起こした脱輪による死傷事故とそれを隠蔽しよとした三菱自動車のリコール隠しが下敷きになっています。当時この事件に本当に憤りを感じました。しかし、ドラマ化が7年後ということとタイトルの奇抜さに放映時は視聴を見送りました。最近になってブログで高評価されていることを知り、WOWOWが再放送したことで鑑賞することになりました。観ることができて幸運です。

本当に主人公の赤松運送社長の勇気に感動しました。巨悪に負けそうになりながらも、踏ん張った人間性に参りました。とても見習うことはできないでしょう。それほど屈辱と苦境に追い込まれたのですから。最後の最後まで予断を許さないギリギリの展開に胸が締め付けられました。

脚本は前川洋一で、後に傑作ドラマ「マークスの山」を手掛けています。流石ですね。WOWOWの社会派ドラマは一級品です。

|

« ドラマ「悪党~重犯罪捜査班」[全8話](お薦め度★★★★) | トップページ | ドラマ「再生巨流」(お薦め度★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/51224250

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「空飛ぶタイヤ」[全5話](お薦め度★★★★):

« ドラマ「悪党~重犯罪捜査班」[全8話](お薦め度★★★★) | トップページ | ドラマ「再生巨流」(お薦め度★★) »