« 映画『SP 革命篇』(お薦め度★★★★★) | トップページ | iPod shuffle(第4世代)で音楽に浸る! »

2011.04.04

アニメ「化物語(バケモノガタリ)」[全15話](お薦め度★★★★)

監督、新房昭之。原作、西尾維新。キャラクター原案、VOFAN。シリーズ構成、東冨耶子、新房昭之。制作スタジオ、シャフト。2009年7~9月に第12話までテレビ放送、第13~15話まで2009年11月~2010年7月動画配信。2011年WOWOWで一挙放映。怪奇アニメ。

声の出演、阿良々木暦(神谷浩史)、戦場ヶ原ひたぎ(斎藤千和)、忍野メメ(櫻井孝宏)、八九寺真宵(加藤英美里)、神原駿河(沢城みゆき)、羽川翼(堀江由衣)、千石撫子(花澤香菜)、阿良々木火憐(喜多村英梨)、阿良々木月火(井口裕香)。

【エピソード】
第一話 ひたぎクラブ 其ノ壹
第二話 ひたぎクラブ 其ノ貮
第三話 まよいマイマイ 其ノ壹
第四話 まよいマイマイ 其ノ貮
第五話 まよいマイマイ 其ノ參
第六話 するがモンキー 其ノ壹
第七話 するがモンキー 其ノ貮
第八話 するがモンキー 其ノ參
第九話 なでこスネイク 其ノ壹
第十話 なでこスネイク 其ノ貮
第十一話 つばさキャット 其ノ壹
第十二話 つばさキャット 其ノ貮
第十三話 つばさキャット 其ノ參
第十四話 つばさキャット 其ノ肆
第十五話 つばさキャット 其ノ伍

番組紹介(WOWOWオンラインから引用)
西尾維新原作の人気アニメシリーズを放送。日本の田舎町を舞台に、怪異に行き遇ってしまった少女と、その少女を助けるため、高校3年生の少年・阿良々木暦が奔走する。

その類稀なセンスと巧みな言葉遊びや台詞回しで独特の世界観を表現する人気作家、西尾維新の小説を原作とするTVアニメ「化物語(バケモノガタリ)」が登場!全15話をハイビジョン完全放送する。うち13話~15話はテレビ独占初放送!原作者自ら「自信作」と語る本作は怪異に関わってしまった5人の少女と、その少女を助けるために主人公が不思議な事件を解決していく物語。登場人物の絶妙な掛け合いが魅力で、原作本は空前の大ヒットを記録、アニメ化作品も多くのファンの心をしっかりと掴んでいる。
テレビ初放送となる13~15話を含め、シリーズの全てを楽しめる特別企画。

<ストーリー>
高校3年生の少年・阿良々木暦は、文化祭の準備をしていた5月のある日、階段を踏み外し落ちてきた同級生の戦場ヶ原ひたぎを助ける。そんな何気ない行動から彼女が抱える意外な秘密を知ってしまうことになる。その日の放課後、阿良々木は、秘密をばらさないよう、戦場ヶ原から強烈な口止めを受ける。一方的な罵りと攻撃を受けた阿良々木だが、彼は、戦場ヶ原が抱える問題解決の為に協力を申し出る。実は彼も彼女と同様、人に言えない大きな秘密を隠していたのだった。阿良々木は廃ビルに住む怪異にくわしい謎の流れ者 忍野メメのアドバイスを得て、蟹に行き遭った少女・戦場ヶ原ひたぎ、蝸牛に迷った少女・八九寺真宵、猿に願った少女・神原駿河、蛇に巻きつかれた少女・千石撫子、猫に魅せられた少女・羽川翼を助けるため奔走することになる。

一年前に第14話だけ視聴してトンチンカンな評価をしていました。トンでもありません。間違っていました。とてもユニークで面白い怪奇ファンタジーアニメでした。一見するとちょっとエロ萌え系アニメと勘違いしてしまいますが、最初から鑑賞したところ、かなりヘビーなバイオレンスホラーでした。その暴力性はエヴァンゲリオンに通じるものがあります。かわいい女学生の萌えキャラクターから発せられるバイオレンスのギャップは半端ではありません。絶えず独特な緊張感が溢れていました。凄惨なシーンがあるものの最終的には解決が図られるファンタジーの要素があったので救われました。物語のアイデアと構成が巧みです。脚本も素晴らしく、これまでに観たことも無いような映像と演出が展開しました。新房昭之監督の新感覚のセンスには驚かされました。

なお、続編の「傷物語」が映画化決定で2012年公開予定です。2011年3月30日に公式サイトで告知されていました。

|

« 映画『SP 革命篇』(お薦め度★★★★★) | トップページ | iPod shuffle(第4世代)で音楽に浸る! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/51295567

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ「化物語(バケモノガタリ)」[全15話](お薦め度★★★★):

« 映画『SP 革命篇』(お薦め度★★★★★) | トップページ | iPod shuffle(第4世代)で音楽に浸る! »