« 映画『花のあと』(お薦め度★★★) | トップページ | 【放射能汚染】SPEEDI情報提供に関する政府の大罪 »

2011.04.25

ドラマ「マルモのおきて」は不思議な作品で成功するか

フジテレビが日曜21時に、TBSドラマ「JIN-仁-」の第2話目から阿部サダヲ、芦田愛菜のダブル主演のドラマ「マルモのおきて」をぶつけてきました。

親友が突然亡くなり、残された2卵生双生児の幼い姉弟を人の良い主人公が面倒見ることになる阿部サダヲが得意とする人情ドラマのようで、高視聴率の大人気ドラマに対抗するのは難しいと思ったのですが、突然犬がしゃべりだして驚かされました。人情ファミリードラマ+ファンタジーのようです。犬・ムック(ミニチュアシュナウザー)のしゃべり方がうまく合成されていて、不自然さや不快感はありません。着想が面白いですね。ただし、うまくドラマとして成立するのかどうなるでしょうか。スタッフは2010年10月クールのドラマ「フリーター、家を買う」だそうです。お手並み拝見といったところです。ちなみに俺は「フリーター、家を買う」を観るのを止めています。

ところで、双子の弟・友樹を演じる鈴木福くんですが、芦田愛菜ちゃん並みの演技派子役のようです。メソメソ泣くシーンが多いのですが、驚くほどのうまさです。第1話は芦田愛菜ちゃんとの入浴シーンがあったので一躍脚光を浴びるでしょう。

[番組データ]
スタッフ
脚本:櫻井 剛(映画「ゴーグル」 映画「フミの帽子」)
編成企画:瀧山麻土香 (『フリーター、家を買う。』 『泣かないと決めた日』 『VOICE』 『プロポーズ大作戦』)、水野綾子 (『フリーター、家を買う。』 『世にも奇妙な物語』 『ちびまる子ちゃん』 『トリハダ』)
プロデュース:橋本芙美(『フリーター、家を買う。』 『泣かないと決めた日』 『メイちゃんの執事』 『絶対彼氏』)
演出:河野圭太(『フリーター、家を買う。』『わが家の歴史』、『佐賀のがばいばあちゃん』、『古畑任三郎』)ほか
制作:フジテレビ
制作著作:共同テレビ

【追記】2011/4/25
ドラマ「マルモのおきて」の初回視聴率は11.6%でした。ちなみに「JIN-仁-」(第2話)は18.4%でした。

|

« 映画『花のあと』(お薦め度★★★) | トップページ | 【放射能汚染】SPEEDI情報提供に関する政府の大罪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/51487245

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「マルモのおきて」は不思議な作品で成功するか:

« 映画『花のあと』(お薦め度★★★) | トップページ | 【放射能汚染】SPEEDI情報提供に関する政府の大罪 »