« 原発震災に無能な大手マスコミに期待できないので、雑誌「週刊金曜日」を再々購読することにした | トップページ | 『radiko.jp』に、新たなラジオ局が参加 »

2011.04.09

ドラマ「URAKARA(ウラカラ)」[全12話](お薦め度★★★★)

演出、仁木啓介(テレビマンユニオン)、石井永二(テレビマンユニオン)。脚本、村上大樹(拙者ムニエル)、金沢知樹(劇団K助)。チーフプロデューサー、岡部紳二(テレビ東京)、橋本かおり(テレビ東京)。プロデューサー、杉田浩光(テレビマンユニオン)、千葉昭人(テレビマンユニオン)、櫻井由紀(エスピーオー)。音楽、P.P.M(白石めぐみ)。主題歌、KARA「今、贈りたい「ありがとう」」。オープニングテーマ、KARA「S O S」。制作、テレビ東京/テレビマンユニオン。製作著作、「URAKARA」製作委員会。2011年1月クール。

出演、ギュリ/KARA、スンヨン/KARA、ニコル/KARA、ハラ/KARA、ジヨン/KARA、マイク=ハン(パク社長2号)、濱田マリ(関西のぞみ・マネージャー)、きたろう(山本編成局長)、温水洋一(叶雅道・謎の男)。

[エピソード]
#01 1月14日放送 ギュリの秘密
#02 1月21日放送 ハラの弱点
#03 1月28日放送 スンヨンの決断
#04 2月4日放送 ソウルミッション編
#05 2月11日放送 ジヨンの初恋
#06 2月18日放送 特別編 合宿所潜入 SP
#07 2月25日放送 ニコルの冒険
#08 3月4日放送 スンヨンと幽霊
#09 3月18日放送 ギュリの親心
#10 3月25日放送 ハラのドッキリ作戦
#11 4月1日放送 ニコルのテレパシー
#12 4月8日放送 ジヨンと星の王子様

とても楽しめました。
KARAのメンバーひとりひとりが演技がうまくとてもキュートでファンになりました。ドラマで使われた楽曲も好きになりました。それにしてもドラマが途中で終わらなくて良かった。ドラマスタート直後の1月19日にリーダーのギュリを除く4人のメンバーが所属事務所を訴えて活動が本国でストップしました。ドラマの継続が危ぶまれましたが、#04をソウルを舞台としたドラマの総集編としただけでこのドラマのために日本で撮影を続けてくれました。

日本の男性を虜にすべく「惚れさせ屋」としてのミッションをKARAのメンバーが敢行するという内容です。かなり世界観をつくるのが難しいのではと思われたのですが、恋の駆け引きを明るくコミカルに描いたアイドルドラマとして完成度の高い作品でした。期待以上の出来でした。まだ、所属事務所との問題は解決していないようですが、日本での人気も高く魅力溢れるグループなので現メンバーが欠けることなく乗り切って欲しいところです。

なお、BSジャパンで4月12日から毎週火曜日23時で再放送されます。見逃した方は是非ご覧ください。

|

« 原発震災に無能な大手マスコミに期待できないので、雑誌「週刊金曜日」を再々購読することにした | トップページ | 『radiko.jp』に、新たなラジオ局が参加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/51345077

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「URAKARA(ウラカラ)」[全12話](お薦め度★★★★):

« 原発震災に無能な大手マスコミに期待できないので、雑誌「週刊金曜日」を再々購読することにした | トップページ | 『radiko.jp』に、新たなラジオ局が参加 »