« 【放射能汚染】福島原発から1日当たり48億ベクレルの放射性物質が放出されている | トップページ | 2012年おせち料理を早期予約した »

2011.08.23

映画『川の底からこんにちは』(お薦め度★★★)

監督・脚本、石井裕也。2009年日本。人生コメディ映画。出演、満島ひかり(木村佐和子)、遠藤雅(新井健一)、相原綺羅(新井加代子)、志賀廣太郎(木村忠男)、岩松了(木村信夫)。石井裕也監督の商業映画デビュー作。

現在放映中のドラマ「それでも、生きてゆく」での満島ひかりとキャラが被る恐れがあったので、観るのをどうしようかと躊躇しました。しかし、すぐに杞憂だったことがわかりました。ドラマは都会的でシャープな役柄ですが、本作は間逆ともいえるキャラクターです。ドン臭くて自らを“中の下”と開き直る、実在していたら敬遠したくなるような女性を演じていました。ドラマと本作では全くの別人です。本当に彼女は天才です。改めてその演技力に惚れ惚れしました。

石井裕也監督も素晴らしい。才能を感じました。脚本も演出も独特の世界観を作り出しています。メジャーとマイナーの中間に位置していると思います。どうしようもない自分や他人とどう折り合いをつけて付き合っていくか、どこにでもある身近な問題をコメディ調で嫌味無く考えさせられました。社歌というアイデアはお見事です。

そう言えば、昨年満島ひかりが結婚した相手が本作の監督でした。才能ある2人に幸あれ。

|

« 【放射能汚染】福島原発から1日当たり48億ベクレルの放射性物質が放出されている | トップページ | 2012年おせち料理を早期予約した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/52551188

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『川の底からこんにちは』(お薦め度★★★):

» 川の底からこんにちは [LOVE Cinemas 調布]
第19回PFFスカラシップ作品。日本の新鋭映画監督・石井裕也の商業映画デビュー作だ。仕事も人生も「しょうがない」の一言で努力もせずに諦める、そんなヒロインが病気で倒父に代わって家業を継ぎ、悪戦苦闘を重ねながらも苦境に立ち向かう様子を描くヒューマンコメディだ。主演は『カケラ』の主演など今最も旬の満島ひかり。共演に岩松了、志賀廣太郎といったベテランも出演する。... [続きを読む]

受信: 2011.08.23 23:47

» 映画「川の底からこんにちは」私ドーセ、中の下ですから [soramove]
「川の底からこんにちは」★★★☆WOWOWで鑑賞 満島ひかり、遠藤雅、相原綺羅、 志賀廣太郎、岩松了出演 石井裕也監督 112分、2010年5月1日公開 2009,日本,ユーロスペース (原作:原題:川の底からこんにちは ) >→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「全身真っ白の姿で何かを歌ってる、 そのポスターやチラシの姿が強烈に印象に残り 気になってい... [続きを読む]

受信: 2011.08.31 22:38

» 川の底からこんにちは [映画、言いたい放題!]
満島ひかりさんがあまり好きではないのですが、 この映画、評判が高いので観てみることにしました。 上京して5年目のOL・木村佐和子は、 目的がないまま、だらだらと毎日を送り、 バツイチで加代子という小さい娘がいる上司・新井健一と付き合っていた。 ある日、佐和子の... [続きを読む]

受信: 2011.12.02 14:40

» 社歌を無限ループで聞く方法(川の底からこんにちは) [単館系]
上京して5年、仕事も恋愛もうまくいかず妥協した日々を送っていたOLの佐和子。そんな彼女の元に、父が末期がんで倒れたという知らせが届いた。佐和子は田舎に戻り、実家のしじみ工場を継ぐことに。 満島ひ...... [続きを読む]

受信: 2011.12.02 23:05

« 【放射能汚染】福島原発から1日当たり48億ベクレルの放射性物質が放出されている | トップページ | 2012年おせち料理を早期予約した »