« Androidアプリ「なまず速報 β」の緊急地震速報が役に立った | トップページ | 【放射能汚染】首都圏でのチェルノブイリ並み「汚染区域」の実態 »

2011.08.13

江戸東京博物館に行った

当初さいたまの鉄道博物館に長男と行く予定にしていましたが、昨晩男子会でビールをしこたま飲んでしまい、二日酔いで午前中は動けませんでした。そこで急遽行き先を変更して江戸東京博物館に行きました。

KC3X0164
開館は1993年3月28日です。以前から興味があったのですが、今回が初めてになりました。
事前に何も調べずに行ったところ、7月14日~9月10日まで特別展「東京の交通100年博」が開催中でした。長男は電車が好きなので常設展ではなく特別展にしました。

edo

大人1300円、小学生650円の合計1950円です。常設展のフロアではなく、1階でした。結構混雑しています。長男はそれなりに喜んでくれましたが、特に目玉となるようなものは無く物足りなさを感じました。
帰宅してから改めてオフィシャルサイトを見て驚きました。特別展・常設展共通券を選んでいれば1520円でした。購入窓口で観覧料金をしっかり見なかったのと案内がなかったのでしかたありません。それにしても不思議な設定をしています。小学生の場合は、前売券よりも安くなるのは何故なのでしょうか。

kanranryou

帰りに隣接する両国国技館を少し覗きました。写真はスカイツリーも写っています。

KC3X0166

|

« Androidアプリ「なまず速報 β」の緊急地震速報が役に立った | トップページ | 【放射能汚染】首都圏でのチェルノブイリ並み「汚染区域」の実態 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/52467773

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸東京博物館に行った:

« Androidアプリ「なまず速報 β」の緊急地震速報が役に立った | トップページ | 【放射能汚染】首都圏でのチェルノブイリ並み「汚染区域」の実態 »