« 映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』(お薦め度★★★) | トップページ | ドラマ「下町ロケット」[全5話](お薦め度★★★) »

2011.09.19

ドラマ「華和家の四姉妹」[全11話](お薦め度★★)

<スタッフ>
原作:柴門ふみ『華和家の四姉妹』/ 講談社 『 モーニング 』 KC 所載
脚本:清水友佳子、関えり香、泉澤陽子
プロデュース:植田博樹、神戸明 (東宝映画)
演出:今井夏木、吉田健、ほか
制作協力:東宝映画
制作:TBSテレビ

<キャスト>
華和竹美 (31)…観月ありさ
山根勝彦(39)…田中哲司
華和桜子 (25)…貫地谷しほり
華和うめ (19)…川島海荷
益子正三郎 (26)    …加藤成亮 (NEWS)
華和大悟 (56)…遠藤憲一
華和幸子 (54)…宮崎美子
華和藤子 (32)…吉瀬美智子

四姉妹の次女・竹美の登場シーンはコメディとして群を抜いていましたが、他の姉妹についてはコメディから外れたトーンで非常に勿体無さを感じました。
女「寅さん」とでも言うべき次女・竹美だけのキャラクターに絞った作品であれば、笑いと涙ありの面白いコメディ作品になったと思います。そもそも次女以外はコメディとして構成されていません。次女以外の登場人物とのギャップは埋められるべくも無く、人物像にバランスを欠いた残念な作品になりました。

そもそも柴門ふみが原作ということで、男性の描き方に問題があるだろうと予想していました。特に父親像に難があるため、過度の期待は持っていなかったのですが、案の定遠藤憲一が演じる父親は変な存在でした。コミックなら成立するのかもしれませんが、実写ではかなり辛いキャラクターになっていました。

それでも、次女・竹美の2番目の元旦那である山根勝彦は良いキャラクターで、演じた田中哲司が良い味を出していたので楽しめました。一番目の夫・渡辺も同様で、山口智充は機能していました。

NEWSの加藤成亮は頑張っていましたが、元々次女・竹美の彼氏キャラではないので、似た者同士という強引な設定は無理がありました。長女の元上司・秋元太一(石黒賢)と四女が憧れる先輩・吉安コージ(勝信)も奇妙な存在でした。

|

« 映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』(お薦め度★★★) | トップページ | ドラマ「下町ロケット」[全5話](お薦め度★★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/52767763

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「華和家の四姉妹」[全11話](お薦め度★★):

« 映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』(お薦め度★★★) | トップページ | ドラマ「下町ロケット」[全5話](お薦め度★★★) »