« 映画『男はつらいよ 寅次郎純情詩集』(お薦め度★★★) | トップページ | フリーペーパー「R25」が8年目で300号達成した »

2012.01.17

ドラマ「11人もいる!」[全9話](お薦め度★★★)

2011年10月クール、ファミリードラマ。

<スタッフ>
脚本、宮藤官九郎
演出、片山修(テレビ朝日)、唐木希浩
主題歌、NICO Touchies the Walls「バイシクル」
ゼネラルプロデューサー、黒田徹也(テレビ朝日)
プロデューサー、中川慎子(テレビ朝日)、中込卓也(テレビ朝日)、小池唯一(泉放送制作)
制作、テレビ朝日
制作協力、泉放送制作

<キャスト>
加藤清史郎(末っ子・才悟)
光浦靖子(母・真田恵)
広末涼子(前妻のメグミ・元ストリッパーの幽霊)
神木隆之介(長男・一男)
小松和重(担任の尾女田)
野村麻純(ソアラ)
田辺誠一(父・真田実)
有村架純(長女・二子)
金井美樹(次女・三子)
平岡拓真(次男・四郎)
赤石那奈(三女・五月)
福島北斗(三男・六助)
福島海斗(四男・七男)
星野源(真田ヒロユキ・実の弟、みんなのおじさん)
きたろう(うさぎちゃん・おじいちゃんかと思ったらおばあちゃん)
高橋一生(9年前にメグミを殺した加害者・外山)
柳沢慎吾(元ヤクザでソアラの父・ヒロミ)
RED RICE(サム)
皆川猿時(ダイナミックパパ)
川村エミコ(ダイナミックママ・飛鳥好江)

個々のキャラクター設定は面白かったと思います。特にきたろう演じるおじいちゃんと思ったらおばあちゃんだったという設定はぶっ飛んでいました。しかし、全部の登場人物が練られているように感じられません。広末涼子は何だったのでしょうか。前妻でしかも7人の母親にもかかわらず、能天気で母親らしさは皆無で理解不能でした。失敗しています。また、長女の有村架純が活躍するのかと思いきや、ドラマ「SPEC」ほどのインパクトは無くて、単なる優等生の美少女で終わっていました。 その代わり、長男の恋人・ソアラ役の野村麻純が存在感を示していました。

結局、作品全体としては宮藤官九郎の脚本にもかかわらず期待外れでした。ドラマは長男の恋愛場面になるまでは可笑しさはほどほどで、意外性はあまり感じられませんでした。東日本大震災や福島原発事故を受けての家族像を表現したかったのかも知れませんが、志半ばで目標を達成できなかったように感じます。

|

« 映画『男はつらいよ 寅次郎純情詩集』(お薦め度★★★) | トップページ | フリーペーパー「R25」が8年目で300号達成した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/53761348

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「11人もいる!」[全9話](お薦め度★★★):

« 映画『男はつらいよ 寅次郎純情詩集』(お薦め度★★★) | トップページ | フリーペーパー「R25」が8年目で300号達成した »