« 映画『HERO 英雄』(お薦め度★★★★★) | トップページ | 日テレ「未来シアター」がいいね! »

2012.08.09

【福島原発事故】福島県知事の犯罪

県民を守るべき県知事が、驚くべき裏切り行為をしていたようです。行政も放射能被曝に加担していたとは驚きです。SPEEDIの情報は入手していたはずなので、明らかな確信犯でしょう。

河北新報社の記事を引用します。

「健康被害ない」と広報を 爆発直後、福島県が東電に要請か

福島第1原発3号機で昨年3月14日に起きた水素爆発の直後、福島県が東京電力に「健康被害の心配はない」とする文言を報道発表資料に記載するよう要請していたことが8日、東電が報道関係者に公開している社内テレビ会議の録画映像で分かった。
映像によると、昨年3月14日午後1時20分ごろ、東電広報班が同社福島事務所からの依頼として「3号機の爆発に関するプレス(報道発表)文に、福島県知事から『いま北西の風が吹いており、観測された放射線量から健康に被害が出る心配はない』という文言を入れたい、入れてほしいという話があった」と東電本店非常災害対策室に連絡した。
対策室は健康被害に言及することに難色を示し、「(放射性物質が風に)揺られて戻ってくることもある。拡散作用で薄くなっているとは思うが(健康被害の心配はないと)言い切るのはリスキー(危険)だ」と指摘。「(首相)官邸に県知事からこういう意見が出てますと言ってほしい」と回答して結局、報道発表資料に記載されなかった。
3号機の水素爆発は14日午前11時ごろ発生。文部科学省所管の緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の拡散予測データでは、14日は午前中から太平洋方向への西風が吹いていたが、同日深夜に風向きが南に変わり、翌15日昼すぎには西や北西など内陸方向に吹いていた。
県原子力安全対策課は「当時の状況や経緯は分からないが、根拠にした線量は東電の測定データだと推測される。一般的に東電の報道発表の表現について助言したり、感想を述べたりすることはある」と話している。

2012年08月09日木曜日

|

« 映画『HERO 英雄』(お薦め度★★★★★) | トップページ | 日テレ「未来シアター」がいいね! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/55384106

この記事へのトラックバック一覧です: 【福島原発事故】福島県知事の犯罪:

« 映画『HERO 英雄』(お薦め度★★★★★) | トップページ | 日テレ「未来シアター」がいいね! »