« 鉄道を使って成田空港に行った | トップページ | 第4世代iPod shuffleはフィリップスSHE8000で音質が改善できた »

2012.09.16

ドラマ「ゴーストママ捜査線~僕とママの不思議な100日~」[全9話](お薦め度★★★)

<番組データ>
日テレ、2012年7月7日放送開始。21時放送。ファミリードラマ。

<スタッフ>
原作:佐藤智一「ゴーストママ捜査線」(小学館ビッグコミックス)
脚本:梅田みか、横田理恵ほか
音楽:菅野祐悟
チーフプロデューサー:大平太
プロデュース:加藤正俊、森雅弘
演出:佐藤東弥、大谷太郎、西野真貴

<キャスト>
上原蝶子:仲間 由紀恵
上原航平:沢村 一樹
上原 葵:志田 未来
上原 とんぼ:君野 夢真(子役)
吉永美波:芹那
長谷川淳也:真田 佑馬(ジャニーズJr.)
高倉 太:塚地 武雅(ドランクドラゴン)
三船義光:生瀬 勝久

最終回は2時間スペシャルで、大いに泣かされました。流石は日テレ印のドラマです。
幽霊である母と子との別れはあらかじめ予定された物語であり、当然の帰結であることはわかっていました。実力のある俳優陣がかわいい子役をささえて感動のラストを迎えました。

子役の君野夢真がかわいらしくて、それなりの演技力で良かったと思います。仲間由紀恵も久しぶりの日テレ連続ドラマで彼女らしい存在感を発揮していました。沢村一樹や志田未来は文句無しの好演をしていました。

ドラマとしての設定やキャストは申し分なかったのですが、深みの無い脚本で伏線が中途半端に組み込まれ、巻き取れないエピソードが前半に多く、もったいない作品となりました。もっと練られた脚本に仕上がっていれば、よりファンタジーコメディとして面白い展開になっていたと思います。特に上司役の生瀬勝久も幽霊になったという意外性をもっと効果的に組み込めなかったのが残念です。

【関連記事】
2012.08.01 2012夏の新ドラマは全体的にレベルダウンしている

|

« 鉄道を使って成田空港に行った | トップページ | 第4世代iPod shuffleはフィリップスSHE8000で音質が改善できた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/55671544

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「ゴーストママ捜査線~僕とママの不思議な100日~」[全9話](お薦め度★★★):

« 鉄道を使って成田空港に行った | トップページ | 第4世代iPod shuffleはフィリップスSHE8000で音質が改善できた »