« 脚本の3つのルール | トップページ | Kindle Paperwhite 3Gを予約した »

2012.10.23

10月スタートの深夜番組17本が面白い【追加修正】

秋の番組改編で深夜帯に新番組が多く登場しました。ドラマは夏(7月クール)から低迷していますが、バラエティとアニメは元気があります。取りあえず、10月からのほぼ全ての新番組を録画してチェックのうえ厳選しました。erabuお薦めは次表の17番組です。内フジテレビは7本で頑張っています。タイトルに各番組サイトへリンクを貼っています。放送時間は30分が中心でどれも良質な番組で家族で楽しめます。興味のある方は気軽にご覧ください。

曜日 ジャンル TV局 開始時間※ 番組名
クイズ フジテレビ 23:15 ヌメロン
  トーク テレ朝 1:15 ショナイの話
トーク フジテレビ 23:15 キャサリン三世
  クイズ フジテレビ 1:05 ~潜在知力120%~
ソモサン⇔セッパ!
  アニメ テレ朝 3:10 新世界より
クイズ フジテレビ 23:00 TOKIOカケル
  アニメ テレ東 1:35 めだかボックス アブノーマル
情報 フジテレビ 23:00 オデッサの階段
  音楽 日テレ 0:38 東京エトワール音楽院
  アニメ フジテレビ 0:50 サイコパス
  情報 テレ朝 1:51 大人のバナナ
情報 日テレ 2:23 東京暇人
~TOKYO hi-IMAGINE~
トーク TBS 0:00 原宿ネストカフェ
  クイズ テレ東 0:25 フカボリン
  情報 テレ朝 0:45 激論!どっちマニア!!
  情報 TBS 2:18 TBS若手ディレクターと石橋の土曜の3回
情報 フジテレビ 0:40 ワラッタメ天国

※深夜番組は、時間が変更になることがありますので、サイトでご確認ください。

お薦め順に番組紹介を並べます。


①「オデッサの階段」
革新的で一押しです。フジテレビのCG事業部のエンジニアが担当する情報ドキュメンタリー番組です。画面デザインがシャープで、編集がクールです。映像のクオリティが非常に高い驚きの番組です。

②「めだかボックス アブノーマル
「週刊少年ジャンプ」連載で、原作は西尾維新・暁月あきらの漫画がアニメ化されています。あまりに極端過ぎるキャラクターが登場して驚かされます。突き抜けた世界観が癖になります。

③「キャサリン三世」
「キャサリン」という以前からある番組が、10月9日から何故か「キャサリン三世」のタイトルとなって新番組としてスタートしています。ゲストとゲストのリア友のゆる~いトークが非常に面白いです。

④「~潜在知力120%~ソモサン⇔セッパ!」
「回答者の潜在知力を格付けする、新しい「知の格闘技」」というクイズ番組ですが、質問があまりにも難しくて驚かされます。

⑤「サイコパス
「踊る大捜査線シリーズ」の本広克行が総監督、「魔法少女☆まどかマギカ」の虚淵玄がストーリー原案/脚本。人気漫画作家の天野明がキャラクターを描き、監督は塩谷直義。Production I.Gがアニメーションを制作する、近未来を舞台とした警察機構の物語。スタッフが非常に豪華らしいので観ました。とても面白いです。

⑥「ショナイの話」
すでに番組紹介をしています。こちらです。

⑦「TBS若手ディレクターと石橋の土曜の3回」
意外と面白いです。入社数年の若手ディレクターの企画で番組を作り、とんねるず・石橋貴明が判定するというTBSの内輪ネタをバラエティにしたものですが、楽しめます。アナウンサーの田中みな実がキュートであることが理解できます。

⑰「ワラッタメ天国」【追加】
7と8番目の間に入ります。紹介記事はこちらです。

⑧「東京暇人~TOKYO hi-IMAGINE~」
ネタバレしない映画の宣伝が良質です。10月27日公開の映画『009 RE:CYBORG』は家族全員が観たくなってしまいました(笑)。

⑨「大人のバナナ」
ワンランク上の大人になるための情報番組です。案内するコメディアンの説得力が無いながらも、扱っている一流商品に圧倒されます。バナナマンの二人の脱力感あるコメントが良い味を出しています。

⑩「激論!どっちマニア!!」
どっちが凄いかを競う対戦バラエティです。比較すること自体がナンセンスではあるものの、いい加減に真面目に自慢している姿が笑えます。劇団ひとりと土田晃之の二人による勝負の行方もどうでも良くて笑えます。

⑪「新世界より」
キャラクターデザインは女子向けながら、異次元の世界観が惹きつけます。まだ物語がみえてこないながらも脚本、演出が優れたアニメ作品です。今後の展開が楽しみです。

⑫「東京エトワール音楽院」
ホリケンが学院長といういい加減な設定で、なんとも締まらない進行ながら音楽情報が豊富で結構楽しめます。

⑬「フカボリン」
ゆる系対抗クイズ番組です。MCがスタジオの外から中継で登場する禁じ手で楽しませてくれます。回答者の力の抜け具合も程良いです。

⑭「原宿ネストカフェ」
ドラマとトークを組み合わせた新感覚のトーク番組です。ゲストの意外な一面を観ることができて楽しめます。

⑮「TOKIOカケル」
TOKIOメンバーとゲストがオリジナルゲームを大人の駆け引きで戦い、自分自身のレベルを計るバラエティです。

⑯「ヌメロン」
「対戦する2人のプレイヤーがそれぞれ3ケタの数字を決め、その数字の組み合わせを当てる知的バトル!」で、単純そうで奥が深く楽しめます。

|

« 脚本の3つのルール | トップページ | Kindle Paperwhite 3Gを予約した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/55953749

この記事へのトラックバック一覧です: 10月スタートの深夜番組17本が面白い【追加修正】:

« 脚本の3つのルール | トップページ | Kindle Paperwhite 3Gを予約した »