« JR自動券売機のSuicaチャージで1万円札を両替する | トップページ | Google日本語入力バージョン1.6.1209.3がAndroidタブレット用キーボードに対応し進化した »

2012.10.11

エナジードリンク「モンスターエナジー」を飲んでみた

エナジードリンク「モンスター」を飲んでみた

先週までの猛烈な残暑の後、今週は急に気温が下がったので体がなんとなく重いので、元気をつけるために、飲みました。
ホラー調の缶デザインです。欧州生まれの上品な「レッドブル」と違ってさすがアメリカンな飲料ですね。
味はレッドブルよりもさらに清涼飲料水に傾いた印象です。飲んだ後特に元気になったように感じません。
エナジードリンクなるものよりは、従来から人気のあるリポDなどの栄養ドリンクを飲んだ方が気分がアップします。

リリース文を引用します。

アサヒ飲料 国内独占販売権取得!
アメリカNo.1※エナジードリンク「Monster Energy(モンスターエナジー)」
※2010年7月~2011年11月の米国エナジードリンクカテゴリーにおけるシェア
(各業態合算、ウォルマート除く)ACニールセン調べ
『Monster Energy(モンスターエナジー) 缶355ml』
『Monster KHAOS(モンスターカオス) 缶355ml』
2012年5月8日(火)新発売

アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 菊地史朗)は、Monster Beverage Corporation<モンスタービバレッジコーポレーション>(本社アメリカ カリフォルニア州、会長Rodney Sacks /ロドニー・サックス)から、同社が製造販売するエナジードリンク「モンスターエナジー」ブランドの日本国内における独占販売権を取得しました。

これにより、アサヒ飲料は『モンスターエナジー 缶355ml』と『モンスターカオス 缶355ml』の2品を、5月8日(火)より、全国で新発売します。

「モンスターエナジー」ブランドは、2002年にアメリカで発売。現在アメリカをはじめ北米、南米、欧州、豪州、アジアなど世界57カ国以上(2010年度)で販売、ブランド力とファッション性で若者からの圧倒的な支持を背景に、急成長しているエナジードリンクです。

昨年の栄養ドリンク市場は前年比105%で着地し、本年もプラス成長が見込まれる注目の市場です。
アサヒ飲料の調査によれば、近年、エナジードリンクのユーザー層・消費動向に変化の兆しがみられます。ユーザー層については、エナジードリンクの中心ユーザーである30代~50代の男性(全体の40%)に加え、10代~20代の男女が新たなユーザーとして拡大傾向(2010年8%→2011年13%)にあります。
また、従来の栄養補給を目的とした飲用に加え、「炭酸の刺激を楽しみたい」や「気分転換」といった目的で飲用されるケースが増えており、栄養ドリンクの飲まれ方に変化がみられます。

そこで、アサヒ飲料では、世界の若者に支持される「モンスターエナジー」のブランド力に着目し、「モンスターエナジー」を日本市場に投入することで、エナジードリンク市場のさらなる活性化をねらいます。

■モンスターエナジー
ビタミンB群、アルギニン、カルニチン。高麗人参エキスなど、ふんだんなエナジー成分とカフェインを配合。刺激的ながらも飲みやすい味わいに仕上げています。

■モンスターカオス
果汁とエナジードリンクのミックスタイプです。ビタミンB群、アルギニン、カルニチン。高麗人参エキスなど、ふんだんなエナジー成分とカフェインを配合。ミックス果汁(オレンジ、パインアップル、グレープ、アップル、ピーチ)を50%ブレンドした新感覚の味わいです。

|

« JR自動券売機のSuicaチャージで1万円札を両替する | トップページ | Google日本語入力バージョン1.6.1209.3がAndroidタブレット用キーボードに対応し進化した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/55866287

この記事へのトラックバック一覧です: エナジードリンク「モンスターエナジー」を飲んでみた:

» モンスター エナジー / Monster Enaergy [物欲煩悩妄想日記]
モンスター エナジー / Monster Enaergy で、連休明けの8日(火 [続きを読む]

受信: 2012.10.11 16:18

« JR自動券売機のSuicaチャージで1万円札を両替する | トップページ | Google日本語入力バージョン1.6.1209.3がAndroidタブレット用キーボードに対応し進化した »