« 映画『レディ・ジョーカー』(お薦め度★★) | トップページ | 10/28放送の「TBS若手ディレクターと石橋の土曜の3回」#3に大泣きした »

2012.10.28

日本一おいしい米「龍の瞳」を試した

KC3X0465KC3X0466

テレビ朝日系の情報番組「ヒットの泉」で2012年10月14日に紹介されたお米「龍の瞳」を楽天から2kg(2530円:送料込み)購入して食べました。

番組で紹介された通り、大粒で粘り、香り、弾力があり、甘みを感じさせる美味しいお米でした。水が少し濁っている程度に水洗いし、吸水性が高いので水加減は少し控えようにするだけで、炊飯器で普通に美味しく炊けます。「あなたが選ぶ日本一おいしいお米コンテスト」で過去3回日本一を受賞しているのも頷けました。

コシヒカリの突然変異である「龍の瞳」を発見した今井隆が代表を務める合資会社龍の瞳サイトから「龍の瞳とは」を引用します。

龍の瞳とは
「龍の瞳」は2000年9月に弊社代表今井隆が岐阜県下呂市にある自家田んぼでコシヒカリの中から発見した稲の品種”いのちの壱”(弊社代表の今井隆が作った品種名です)を用い、弊社の委託栽培契約農家が「龍の瞳」独自の栽培マニュアルを忠実に守り栽培した、安全性と美味しさにこだわったお米です。
品種の特徴は、大粒(コシヒカリの約1.5倍)で、粘り、香り、弾力があり、ご飯が甘いことで、米史上奇跡的な発見と言われています。
また、胚芽の一部を残して精米していますので、栄養的にも優れています。
龍の瞳の栽培は、農薬不使用又は通常の農薬使用量の3分の1程度の2種類だけです。
トンボ、タニシ、ドジョウなどの生物を田んぼに蘇らせ、子どもたちや都会の方に田んぼの本来の姿を見てもらいたい、さらに、きれいな水を安定的に確保するために広葉樹の山作りに取り組みたいと考えています。
安全で美味しい「龍の瞳」を食べた人たちが、健康になり、そして心も豊かになることを願って、「龍の瞳」は作られています。

|

« 映画『レディ・ジョーカー』(お薦め度★★) | トップページ | 10/28放送の「TBS若手ディレクターと石橋の土曜の3回」#3に大泣きした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/55992486

この記事へのトラックバック一覧です: 日本一おいしい米「龍の瞳」を試した:

« 映画『レディ・ジョーカー』(お薦め度★★) | トップページ | 10/28放送の「TBS若手ディレクターと石橋の土曜の3回」#3に大泣きした »