« 異例だ!!『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』は既に11/3からチケットを販売している(泣) | トップページ | 驚愕の書『戦後史の正体』を読んだ »

2012.11.13

映画『けいおん』(お薦め度★★)

ゆる過ぎです。
社会現象を巻き起こしたアニメが映画になったという話題性だけで観ました。開始して15分くらい経ったところで観るのを止めようと思いましたが、娘に声をかけて一緒に鑑賞した手前何とか最後まで見届けました。メリハリが無く俺にとって楽しめる作品ではありませんでした。唯一の救いが軽音部員たちの演奏する劇中歌が良かったことくらいでした。大ヒットしたとは少しも感じられない作品です。

作品情報は、WOWOWオンラインから引用します。

番組紹介/解説
卒業を間近に控えた唯たち軽音部の3年生。卒業旅行に出かけた彼女たちは、旅の中で部を引き継ぐ後輩・梓に贈る曲を作ろうとするが……。大人気アニメ待望の劇場版。
かきふらいの4コマ漫画を原作に、廃部寸前の軽音部でガールズバンドを結成した女子高生の日常を綴るTVアニメ「けいおん!」の劇場版。制作はTV版に続き「涼宮ハルヒの憂鬱」などで高い人気と実力を誇る京都アニメーションが手がけた。TV版2期最終話で披露された卒業ソング「天使にふれたよ!」の誕生秘話をはじめ、ロンドンを訪れた軽音部員たちの騒動がゆるやかに綴られる。ロックの聖地で披露される演奏場面も見どころ。
※初回放送時の情報を掲載しております。
製作年/製作国/内容時間    2011年/日本/110分
ジャンル    アニメーション

物語
桜が丘高校軽音部の3年生にもいよいよ卒業の時が迫っていた。唯たちはクラスメートの話に触発され、自分たちも卒業旅行に行こうと計画を練るが、なかなか目的地が決まらない。紆余曲折の末、行き先はロックの聖地・ロンドンに決定、後輩の梓を加え、バンド《放課後ティータイム》の5人全員で日本を旅立った。実は唯たち3年生4人には、この旅行中、軽音部を受け継ぐ梓に贈る曲を作るというもうひとつの目的があったのだが……。

出演
役名:声
平沢唯:豊崎愛生
秋山澪:日笠陽子
田井中律:佐藤聡美
琴吹紬:寿美菜子
中野梓:竹達彩奈
山中さわ子:真田アサミ

スタッフ
監督:山田尚子
製作:渡辺香
製作:古川陽子ほか
脚本:吉田玲子
音楽:百石元
キャラクターデザイン・総作画監督:堀口悠紀子

|

« 異例だ!!『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』は既に11/3からチケットを販売している(泣) | トップページ | 驚愕の書『戦後史の正体』を読んだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/56108016

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『けいおん』(お薦め度★★):

» 「映画 けいおん!」 いつまでも続くふわふわ時間 [はらやんの映画徒然草]
軽音部のメンバーが過ごすゆるっとした放課後の時間を描いたアニメがついに映画化です [続きを読む]

受信: 2013.05.03 08:08

» アニメ『けいおん!』考・その1 [徳丸無明のブログ]
『けいおん!』は、とある女子高を舞台とした、軽音部員達の何気ない日常を描いた作品だ。 小生は、自身の人生の中で、このような高校生活を送ることができなかったので、代理で体験する形で作品世界にハマり、何度も繰り返し鑑賞させてもらった。 で、繰り返し見ているう...... [続きを読む]

受信: 2017.11.13 01:41

» アニメ『けいおん!』考・その2 [徳丸無明のブログ]
梓が先輩達に怒りを爆発させる場面がある。遊んでばかりいて、練習を真面目にしない、という態度に対してだ。 ひと悶着あった末に、遊んでばかりいる4人が、いざセッションとなると、素晴らしい演奏をする、ということに梓は気付く。で、ダラダラしたり、お茶飲んだりす...... [続きを読む]

受信: 2017.11.13 01:41

« 異例だ!!『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』は既に11/3からチケットを販売している(泣) | トップページ | 驚愕の書『戦後史の正体』を読んだ »