« パサール幕張に行った | トップページ | Kindle本『かわいい子には、『こづかい』をあげるな!』は必読書だ! »

2012.12.09

ドラマ「再開」(お薦め度★★★★)

キャスティングと脚本が優れた作品でした。
27年振りに再会した4人の幼馴染との錯綜する運命の糸が、見事に描き切られています。主演の影のある刑事を江口洋介が見事に演じていました。やさぐれ感が秀逸でした。酔っ払ってDVを繰り返す刑事に寄り添う恋人役の長澤まさみも抑えた申し分の無い演技をしていました。江口洋介、常盤貴子、堤真一、香川照之の初共演とのことですが、素晴らしい共演だったと思います。
クライマックスからエンディングにかけて、過去の謎が解かれていく過程とその深さに感動を覚えました。北村有起哉の存在感も文句無しでした。

<番組データ>
フジテレビ、2012年12月8日(土)21:00~23:30放送。サスペンスドラマ。

(以下、フジテレビホームページから引用)

<スタッフ>
原作:横関大「再会」(第56回江戸川乱歩賞受賞作)(講談社)
脚本:橋本裕志
企画:成河広明
プロデュース:清水一幸
アソシエイトプロデューサー:小椋久雄
演出:石井祐介

<キャスト>
飛奈淳一(39):江口洋介
岩本万季子(39):常盤貴子
清原圭介(39):堤真一
佐久間直人(39):香川照之
松本博美(27):長澤まさみ
南良 涼(34):北村有起哉
盛田昭二(48):神保悟志
岩本正樹(12):加藤清史郎
青木琴乃(30):相沢紗世
佐久間秀之(42):杉本哲太
小杉房則(58):北村総一朗

<イントロダクション>
江口洋介主演、そして常盤貴子、堤真一、香川照之という日本を代表する俳優4人が初共演、しかも物語は2010年江戸川乱歩賞を受賞した超話題作「再会」。誰もが映像化を望んでいた原作、しかもこれほどの豪華キャストに恵まれスペシャルドラマ『再会』の放送が12月8日と迫り、期待が高まっている。
       
27年前、小学校6年生の飛奈淳一(江口洋介)、岩本万季子(常盤貴子)、清原圭介(堤真一)、佐久間直人(香川照之)は同じ剣道部仲間として常に励まし合い友情を育んできた幼なじみ。
4人はある事件に巻き込まれその日を境に彼らの人生は大きく変化してしまう。
そして27年ぶりの4人の再会、彼らの再会が一体何を生み出すのか・・・。

|

« パサール幕張に行った | トップページ | Kindle本『かわいい子には、『こづかい』をあげるな!』は必読書だ! »

コメント

見ましたけど、展開が読めなかったですね。

要は、銃口の数なんですよね。

投稿: こーいち | 2012.12.09 07:02

流石は第56回江戸川乱歩賞受賞作ということでしょうか。

謎解きのと人間ドラマが複雑に重なり合っている構成が、素晴らしかったと思います。

投稿: erabu | 2012.12.09 10:30

とても良い内容だったと思います。
キャストの演技も脚本も文句なし、今年最後に素晴らしいドラマに出会えたと思います。

回想シーンの子役達もいいアクセントになっていました。
個人的には、相棒の刑事さん。彼の演技が素晴らしかったとおもいます。

投稿: tnu | 2012.12.10 11:04

>tnuさん、コメントありがとうございます。

>回想シーンの子役達もいいアクセントになっていました。
子役のキャスティングも優れていましたね。
その通りだと思います。

>個人的には、相棒の刑事さん。彼の演技が素晴らしかったとおもいます。
北村有起哉ですね。
刑事の重い人生を、ケレンミなく演じてくれました。全くの同感です。

投稿: erabu | 2012.12.10 14:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/56282096

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「再開」(お薦め度★★★★):

« パサール幕張に行った | トップページ | Kindle本『かわいい子には、『こづかい』をあげるな!』は必読書だ! »