« Windows8を触ってみた | トップページ | Googleアカウントのセキュリティ「2段階認証プロセス」を導入した »

2013.02.05

白ロム490円スマホではカカオトークは使えない

NHNジャパンの無料通話・チャットアプリ「LINE(ライン)」の利用者数が1月18日に1億人を突破したニュースに興味がわいて、白ロム490円スマホにアプリを導入しようとしましたが、Google playでユーザーレビューを読んだところ、評価が悪いので止めました。

その代わり、Yahoo!のkakaoTALK(カカオトーク)が5人同時通話できてアプリに関するユーザーレビューの評価も高いため、こちらをインストールしました。

会員登録をしようとしたところ、「認証番号」欄が空欄になって先に進めません。

仕方がないので、サポートにメールで問い合わせました。都合3回連絡して、白ロム490円スマホでは使えないことがわかりました。

次の条件が必要です。

・カカオトークから送信されたSMSまたはボイスコールが受信できる携帯電話

要するに、DTMのSIMカード(ServersMan SIM 3G 100)ではこの条件が満たせないのです。そこでDTMサイトで確認したとこころ、SMSオプションがあることが分かりました。

料金について
事務手数料:3,150円
月額基本料金 :150円
SMS送信料 (受信は、無料)
1通あたり 3.15円 [国内→国内]
1通あたり 50円※ [国内→海外]
※海外向けSMS送信料は、非課税になります。

追加申込をして、現在のSIMカードと差し替える必要があります。基本料金が490円から640円に増額となりワンコインではなくなります。携帯電話認証のためにSMSオプションへの切り替えは考えられません。LINEもカカオトークと同様な認証が必要なのでしょう。困ったものです。

無料通話であれば、スカイプがあります。まだ色々なケースでの通話検証は済んでいませんが、何とか使えそうな手応えがあります。あくまでも490円スマホにこだわりたいと思います。

|

« Windows8を触ってみた | トップページ | Googleアカウントのセキュリティ「2段階認証プロセス」を導入した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/56703353

この記事へのトラックバック一覧です: 白ロム490円スマホではカカオトークは使えない:

« Windows8を触ってみた | トップページ | Googleアカウントのセキュリティ「2段階認証プロセス」を導入した »