« Googleのスマホ定番アプリ「My Tracks」が優れもの | トップページ | 高校時代のクラス会も楽しかった »

2013.02.22

文庫『巨大震災 その時どうする? 生き残りマニュアル─家族と笑顔で再会できる危機回避術』

編者:渡辺実(防災・危機管理ジャーナリスト)+日本経済新聞生活情報部
発行所:日本経済新聞出版社
発行日:2013年2月1日

文庫サイズ80ページで525円と手軽です。内容も次の4章立てで完結にわかりやすくまとまっています。

第1章 仕事場(先)でグラリ、さてどうする?
第2章 揺れが収まったら
第3章 家に帰る時は
第4章 地震の後始末と生活再建
巻末付録

防災グッズだけでなく、いざというときの対応マニュアルも必要ですね。本書で新たに気づかされたのはエレベーターに閉じ込められたら、数日間閉じ込められることを覚悟しなけれならないということと、地震保険の申請が30日以内ということでした。

巻末付録の「個人の防災カード」と「家族の防災メモ」は準備が必要と感じました。

|

« Googleのスマホ定番アプリ「My Tracks」が優れもの | トップページ | 高校時代のクラス会も楽しかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/56823064

この記事へのトラックバック一覧です: 文庫『巨大震災 その時どうする? 生き残りマニュアル─家族と笑顔で再会できる危機回避術』:

« Googleのスマホ定番アプリ「My Tracks」が優れもの | トップページ | 高校時代のクラス会も楽しかった »