« マンガ「暗殺教室」<第1、2巻>を読んだ | トップページ | 警視庁サイト動画ライブラリーに剛力彩芽がストリーテラーで登場する作品があった »

2013.02.11

映画『ted テッド<字幕版>』(お薦め度★★★)

魂を持ったぬいぐるみも主と一緒に成長して中年になるというアイデアは抜群ですが、予告から想像したハートウォーミング的な話ではなく、下ネタだらけのお下品な物語でした。大麻やコカインなどドラックを扱って、ちょっと病的な人間ばかりでまともな大人はヒロインぐらいという風変わりな作風です。ともかくダジャレのオンパレードで翻訳泣かせのセリフが多く登場しました。R15指定なのも頷けます。テッドがかわいいキャラクターなのに子どもには観せられないかなりギャップのある映画です。

それでも字幕が秀逸で日本人に伝わりやすいように意訳されていたので、不快に感じることはありませんでした。脚本はしっかりとしたコメディなので作品としては評価できます。何と言ってもぬいぐるみのテディベアが生き生きとしていて、本当に魂が宿ったように感じさせました。どのような特撮を用いたのかわかりませんが、まったく映像から不自然さは受けませんでした。
TOHOシネマズの映画ランキングでV4を達成しています。春休み前で競合する作品が乏しい時期ながら健闘しているようです。

ところで、TOHOシネマズ市川コルトンプラザでは館内販売を開始していました。コーヒーを350円で上映前に売り子による販売をしています。映画のチケットが自動券売機に入れ替わってサービス低下かと思われましたが、別の切り口でサービスを向上させているようです。

<スタッフ>
監督・脚本・原案・製作:セス=マクファーレン
脚本:アレック=サルキン、ウェルズリー=ワイルド
製作:スコット=ステューバー、ジョン=ジェイコブズ

<キャスト>
マーク=ウォールバーグ:ジョン=ベネット役
ミラ=クニス:ロリー=コリンズ役
セス=マクファーレン(声の出演):テッド役
ジョエル=マクヘイル:レックス役
ジョヴァンニ=リビシ:ドニー役

|

« マンガ「暗殺教室」<第1、2巻>を読んだ | トップページ | 警視庁サイト動画ライブラリーに剛力彩芽がストリーテラーで登場する作品があった »

コメント

こんばんは。私も先日見てきました。
友人と見に行ったのですが、女性一人で見るのはちょっと勇気がいるかもと思いました(笑)
日本人にはなじみのない台詞も多くて、確かに翻訳難しかったでしょうね。総じてよくできていたとは思うのですが、くまモンはちょっと違和感がありました。

投稿: nocci | 2013.02.13 23:10

>nocciさん、コメントありがとうございます。

>くまモンはちょっと違和感がありました。
そうですよね。
一緒に行ったのが高校生の娘だったのですが、
実際には何て言ったのか話題になりました。
くまのキャラクターといえば、プーさんではと思ったのですが、英語のセリフだったのでわかりませんでした。

投稿: erabu | 2013.02.14 09:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/56746609

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ted テッド<字幕版>』(お薦め度★★★):

» 「テッド」 [ぐーたら日記]
本日の映画 movie-8 「テッド」  Ted 2012年米 DIR:セス・マ [続きを読む]

受信: 2013.03.02 01:33

« マンガ「暗殺教室」<第1、2巻>を読んだ | トップページ | 警視庁サイト動画ライブラリーに剛力彩芽がストリーテラーで登場する作品があった »