« データ専用スマホを逆に音声専用にした | トップページ | 映画『アポロ18』(お薦め度★★) »

2013.07.05

ドラマ「横山秀夫サスペンス<シリーズ2> 仕返し」(お薦め度★★★★)

サスペンス性が高く見応えがあります。
小さなスキャンダルによって、高潔で明晰な警察署幹部が追い詰めらる展開は考えさせられました。

管理職として類まれな洞察力で真相に迫りますが、1人の父親として予想だにしなかった事実に対する苦悩と潔い決断に頭が下がりました。
三浦友和は技ありの演技です。

録画ミスでシーズン2全てを観終えるまで2年かかりました。下山天監督はかなりの実力者とお見受けしました。

以下、WOWOWオンラインから引用します。

<スタッフ・キャスト>
原作:横山秀夫「仕返し」(新潮社刊『深追い』より)
脚本:前川洋一(「マークスの山」、「空飛ぶタイヤ」)
監督:下山 天 (宮部みゆき「パーフェクト・ブルー」)
音楽:川清之(宮部みゆき「パーフェクト・ブルー」)
出演:三浦友和、若村麻由美、古田新太、白石美帆 ほか

<イントロダクション>
ベストセラー作家・横山秀夫の警察小説集「深追い」から、厳選された4作品をドラマ化。2010年春に放送され好評を博した「ドラマW 横山秀夫サスペンス(18番ホール、誤報、自伝、他人の家)」に続く、シリーズ第2弾。
今回は三ツ鐘署という地方警察署を舞台に、谷原章介(深追い)、北村一輝(引き継ぎ)、小出恵介(締め出し)、三浦友和(仕返し)の実力派俳優4人が、それぞれ1話完結のドラマの主人公を演じる。同じ警察署に勤務する4人の人間関係が交差し、4つの物語が1つの連続ドラマとして繋がっていく。

ラインナップ
深追い」 主演:谷原章介
引き継ぎ」 主演:北村一輝
締め出し」 主演:小出恵介
「仕返し」 主演:三浦友和

<ストーリー>
三ツ鐘署次長の的場(三浦友和)とその妻・千里(若村麻由美)は一人息子・慶太のことで悩みを抱えていた。部下である浜名(古田新太)の息子・武司たちから、慶太がいじめられていたのだ。ある日、管内の公園でホームレスの死体が発見される。部下からの報告では「事件性はない」とされたが、TVディレクター・秋月(白石美帆)の話から、的場は不審な点があることに気づく。その男が死亡した夜に、三ツ鐘署に来ていたかもしれないというのだ。的場はその夜に当直していた浜名たちに事情を聞くが、「男は見かけなかった」と返される。

|

« データ専用スマホを逆に音声専用にした | トップページ | 映画『アポロ18』(お薦め度★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/57726749

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「横山秀夫サスペンス<シリーズ2> 仕返し」(お薦め度★★★★):

« データ専用スマホを逆に音声専用にした | トップページ | 映画『アポロ18』(お薦め度★★) »