« スマホの通話料が60%オフになるフュージョンIP-Phone SMARTを導入した【追記あり】 | トップページ | ドラマ「横山秀夫サスペンス<シリーズ2> 仕返し」(お薦め度★★★★) »

2013.07.04

データ専用スマホを逆に音声専用にした

通信環境をドコモLTEに移行したことによって、データ専用スマートフォンとして使っていたP-01Dを、DTIのSIMカードからドコモUIMカードに差し替え音声専用にしました。

目的はデータ通信の費用を発生させないためです。データ通信専用にN-06Dを使っているので、重複した無駄なデータ受信を避けることにしました。

設定では次の通りデータ通信が発生しないように2重に制限します。

①無線とネットワーク>モバイルネットワーク設定>データ通信を有効にするのチェックを外す。

②無線とネットワーク>モバイルネットワーク設定>アクセスポイント名はspモードにせず、DTIのまま。

P-01Dは120gで、auガラケーよりも10gも軽く、ポロシャツの胸ポケットに難無く収まるので非常に重宝します。

外出時はドコモの音声受信のみで利用します。デフォルトでインストールされているアプリ以外は極力インストールせずに、オフラインでも使用できる「カレンダー」「ToDoリスト」とプチ読書するため「Kindle」を利用するだけです。

なお、音声発信はN-06Dが担当します。アプリ「AGEphone」とアプリ「Skype」を入れています。ちなみにP-01DにもWi-Fi接続したときに音声発信できるように、前述の2つのアプリはインストールしてあります。

「Gmail」を外そうとして初期化まで行ったのですが、AndroidはGoogleアカウントを端末に設定すると、Gmailが受信される仕様であることがわかりました。

通常Wi-Fi接続を全く行わないことにしたところ、アプリ「バッテリー最適化ガード」がより効果を増してバッテリーが数日持つようになりました。元々P-01Dは基本性能が高いのかもしれません。

|

« スマホの通話料が60%オフになるフュージョンIP-Phone SMARTを導入した【追記あり】 | トップページ | ドラマ「横山秀夫サスペンス<シリーズ2> 仕返し」(お薦め度★★★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/57724921

この記事へのトラックバック一覧です: データ専用スマホを逆に音声専用にした:

« スマホの通話料が60%オフになるフュージョンIP-Phone SMARTを導入した【追記あり】 | トップページ | ドラマ「横山秀夫サスペンス<シリーズ2> 仕返し」(お薦め度★★★★) »