« 男性化粧品UL・OS(ウルオス)を買ってみた | トップページ | ドラマ「たべるダケ」が面白い »

2013.07.12

新書『独立国家のつくりかた』

著者:坂口恭平
発行:講談社現代新書
発行日:2012年5月20日

路上生活者がつくるハウスからインスピレーションを受けて、独立国家を設立するという奇想天外な驚くべき内容です。「0円ハウス」「モバイルハウス」「プライベートパブリック」「態度経済」など独創的な考えを創り出し、独立国家を実践する著者の坂口恭平は紛れもない天才です。そして革命家です。

嘘が無く、純粋な発想で、大胆かつ伸びやかなな論理性には感心させられました。夢想家では決してなく徹底したリアリストす。間違いないなく救われている人たちがいます。彼によって世界は変われるかもしれません。今盛んに使われる“フリー”や“シェア”といった考えとは次元が違って、すべてを包含して突き抜けたインパクトが本書にはあります。非常に興味深いです。

坂口恭平のサイト「0円ハウス」です。
http://www.0yenhouse.com/

建築家とも自称されている通り、全ての活動や執筆が紹介されている見事なサイトです。

|

« 男性化粧品UL・OS(ウルオス)を買ってみた | トップページ | ドラマ「たべるダケ」が面白い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/57774605

この記事へのトラックバック一覧です: 新書『独立国家のつくりかた』:

« 男性化粧品UL・OS(ウルオス)を買ってみた | トップページ | ドラマ「たべるダケ」が面白い »