« ドラマ「リアル脱出ゲーム“密室美少女”」[全11話](お薦め度★★) | トップページ | JUJU「Distance」PVのクオリティが素晴らし過ぎる! »

2013.09.30

アニメ「有頂天家族」[全13話](お薦め度★★)

何しろ作画が素晴らしく、京都の風景はイラスト画のようで、登場するキャラクターも愛らしくてクオリティの高さに感心していました。

物語も人間世界と狸と天狗が交じり合った日本らしいファンタジーで、緩くてほのぼのとしたトーンのコメディでとても気に入っていました。

しかし、10話以降のドス黒いはかりごとがあからさまになったことで、一転して厭な作品になってしまいました。喜劇が残酷劇に急展開するのに耐えられませんでした。折角の独創的な世界観を一瞬で破壊させます。

勿体無いですね。タイトルからは全く想像できないエピソードは、必要ありませんでした。

製作陣は“してやったり”なのかもしれませんが、視聴者への裏切りです。非常に残念です。

以下、番組サイトから引用します。

<オンエア情報>
TOKYO MX、2013年7月7日から毎週日曜22時放送。ファンタジーアニメ。

<スタッフ>
原作:森見登美彦
監督:吉原正行
シリーズ構成:菅正太郎
脚本:菅正太郎、檜垣亮
キャラクター原案:久米田康治
キャラクターデザイン・総作画監督:川面恒介
美術監督:竹田悠介、岡本春美
撮影監督:並木智
色彩設計:井上佳津枝
3D監督:菅生和也
編集:高橋歩
音楽:藤澤慶昌
音楽プロデューサー:斎藤滋
音楽制作:ランティス
音響監督:明田川仁
音響制作:マジックカプセル
アニメーションプロデューサー:堀川憲司
ラインプロデューサー:相馬紹二
アニメーション制作:P.A.WORKS
製作:「有頂天家族」製作委員会

<キャスト>
下鴨矢三郎:櫻井孝宏
下鴨矢一郎:諏訪部順一
下鴨矢二郎:吉野裕行
下鴨矢四郎:中原麻衣
弁天:能登麻美子
母:井上喜久子
下鴨総一郎:石原凡
海星:佐倉綾音
赤玉先生:梅津秀行
夷川早雲:飛田展男
金閣:西地修哉
銀閣:畠山航輔
淀川教授:樋口武彦

<イントロダクション>
京都には人間と狸と天狗が暮らしている

下鴨神社、糺ノ森に暮らす下鴨家。狸界の頭領であった父・総一郎は、ある日何の前触れもなく狸鍋にされたのだが、その経緯は今も謎に包まれていた。 残された四兄弟のなかでも偉大な父の「阿呆の血」を色濃く継いだ三男・矢三郎は、生真面目だが土壇場に弱い長兄・矢一郎、蛙の姿で井戸にこもっている次兄・矢二郎、臆病ですぐに尻尾を出す末弟・矢四郎、そしてタカラヅカ命の母に囲まれて、「面白きことは良きことなり」を信条に、それなりに楽しく暮らしている。隠居中の大天狗・赤玉先生の世話を焼いたり、神通力を得た人間の美女・弁天に振り回されたり、はたまた五山送り火の夜空で宿敵・夷川家と空中決戦を繰り広げる日々の果てに、突如下鴨家を襲う絶体絶命の危機!父が鍋にされた真相が明らかになるなか、固い絆で結ばれた一家の運命はいかに!

人気作家・森見登美彦原作の小説「有頂天家族」が待望のTVアニメ化!

「さよなら絶望先生」「じょしらく」の久米田康治が自身の作品以外に初めてキャラクター原案を提供!さらにアニメーション制作は「true tears」「花咲くいろは」「TARI TARI」など数々の名作を世に送り出してきたP.A.WORKS!京都を舞台に、狸と天狗と人間が入り乱れて繰り広げる波乱万丈のハイセンスコメディドラマ、遂に解禁!

【関連記事】
2013.07.27 2013夏の新アニメ、大人的おすすめはこの8本!

|

« ドラマ「リアル脱出ゲーム“密室美少女”」[全11話](お薦め度★★) | トップページ | JUJU「Distance」PVのクオリティが素晴らし過ぎる! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/58297246

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ「有頂天家族」[全13話](お薦め度★★):

« ドラマ「リアル脱出ゲーム“密室美少女”」[全11話](お薦め度★★) | トップページ | JUJU「Distance」PVのクオリティが素晴らし過ぎる! »