« J-me(ジェイミー)の会員ランクが“シルバー”へアップした | トップページ | iPad Air発売日にGoogleはNexus5をぶつけてきた »

2013.10.30

1回で休止した深夜バラエティ番組「マツコの日本ボカシ話」は観ていた

10月スタートのバラエティ新番組は全て録画してチェックしています。「マツコの日本ボカシ話」もかなりインパクトのある内容で初回を楽しんで観ていました。マツコがスタジオを飛び出して、ロケする意外性に興味をひかれました。2013秋の番組改編でバラエティが弱い中にあって健闘する番組と考えていたのですが、終了したようです。

産経ニュースから記事を引用します。

マツコ新番組第1回で休止 営業サイドからのクレームが理由か
2013.10.30 07:59[TV・ラジオ番組]

タレント、マツコ・デラックス(41)が司会を務めるTBS系バラエティー「マツコの日本ボカシ話」(火曜後11・58)が29日、放送をいったん休止することを同局HPで発表した。(サンケイスポーツ)

同番組は、金融や医療などの業界関係者が顔に“ぼかし”を入れて裏事情を話す内容で、22日にスタートしたばかり。初回放送だけで、休止になった。HPには「全編ボカシという表現・演出方法には、局の内規に抵触するおそれがあることから、一旦、番組の放送を休止し、表現・演出方法の再検討を行います」と書かれていた。

サンケイスポーツの取材に同局広報部は、報道番組では具体的な報道のために極力“ぼかし”を使わず放送する内規があるとした上で、「社内から『バラエティーとはいえ、ぼかしが多すぎるのでは』との指摘があり、再検討することになった」と理由を説明した。一方、マツコの所属事務所は「担当者が不在のため、お答えできません」としている。

22日放送の初回は、生命保険会社のセールスレディーが出演し、“枕営業”について言及していた。複数の関係者によると、同局営業サイドが制作側に「生保会社がCMから撤退してしまう」とのクレームを入れたとの情報もある。ただ、広報部は「あくまで内規との兼ね合い」としている。

30日発売の「週刊文春」では、同じマツコが司会を務めていた同局系「マツコの知らない世界」が9月で終了したことについて報道。同番組プロデューサーがタレント、みのもんた(69)の長男(33)であることが原因などとしているが、広報部は「10月の改編期で編成上の理由で終了した」と説明した。

「マツコの知らない世界」もスタート当初は観ていました。これよりも「マツコの日本ボカシ話」の方が刺激的でした。営業判断されるのも仕方ないかもしれません。ところで、この記事で知りましたが、みのもんたの長男もテレビ局に勤めているのですね。親バカぶりには改めて驚かされます。

<番組情報>
TBS、2013年10月22日から毎週火曜23:58放送。バラエティ番組。

<出演者>
マツコ・デラックス

ゲスト:ボカシの人々

<スタッフ>
制作著作:TBSテレビ
プロデューサー:三島圭太、寺田淳史
総合演出:高岡滋紀
編成担当:坂田栄治

|

« J-me(ジェイミー)の会員ランクが“シルバー”へアップした | トップページ | iPad Air発売日にGoogleはNexus5をぶつけてきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/58484747

この記事へのトラックバック一覧です: 1回で休止した深夜バラエティ番組「マツコの日本ボカシ話」は観ていた:

» 初回が最終回という伝説へ・・・「マツコの日本ボカシ話」が終了! スポンサー激怒で? [materialize.jp]
Matsuko Bokashibanasi / TBS  昨日、11月12日、「マツコの日本ボカシ話」の3週連続休止確定が報道されたが、同日放送の代替番組(人間観察バラエティー「モニタリング」傑作選)の放送前に、テロップによって「マツコの日本ボカシ話」の終了が報告された。 火曜深夜の「マツコの日本ボカシ話」は、全編ボカシという表現・演出方法に、局の内規に抵触するおそれがあるため、一旦番組の放送を休止していましたが、慎重に検討した結果、番組を終了することを決定しました。 番組を楽しみにして頂いた視聴者... [続きを読む]

受信: 2013.11.13 23:26

« J-me(ジェイミー)の会員ランクが“シルバー”へアップした | トップページ | iPad Air発売日にGoogleはNexus5をぶつけてきた »