« テレビ改編期の“面白い新番組”を探す方法はこれだ! | トップページ | 注意:Adobeから不正アクセスに伴うパスワード変更のお知らせがありました【追記あり】 »

2013.10.08

ドラマ「ケイゾク」[全11話](お薦め度★★★)

ドラマ「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」が続編ということで、以前から観たい作品でした。dドラマにあったのでdstickで視聴しました。

「SPEC」が「ケイゾク2」という仮タイトルだったことがよくわかりました。舞台設定やキャラクター作り、サイコサスペンスとしての展開が同じです。「SPEC」は超能力をテーマにして、よりメリハリのある世界観を構築しています。

野々村係長が共通するキャラクターでした。ドラマ後半の凄絶さは、相当インパクトがありました。14年前だった当時はテレビドラマの視聴率が全体的に高かったので、今よりもよりセンセーショナルだったと思います。

堤幸彦監督の凄さを改めて理解しました。

以下、TBSチャンネルサイトから引用します。

<番組情報>
制作年 : 1999年
全話数 : 全11話

<スタッフ>
制 作 : TBS
プロデューサー : 植田博樹
ディレクター・監督 : 堤幸彦、伊佐野英樹、金子文紀
脚 本 : 西荻弓絵
主題歌 : クロニック・ラヴ
歌 手 : 中谷美紀

<キャスト>
柴田 純:中谷美紀
真山 徹:渡部篤郎
木戸 彩:鈴木紗理奈
谷口 剛:長江英和
近藤 昭男:徳井優
林田 誠一:矢島健一
長尾 昇:有福正志
朝倉 裕人:高木将大
大沢 麻衣子:西尾まり
早乙女 仁:野口五郎
壺坂 邦男:泉谷しげる
野々村 光太郎:竜雷太

<イントロダクション>
中谷美紀、渡部篤郎共演の人気刑事ドラマ「ケイゾク」。タイトルの「ケイゾク」は警察内部で“迷宮入り事件”を指す用語。物語では捜査一課の二係がこの勤務にあたっている。この「二係」で繰り広げられる個性豊かな刑事と、用意周到な犯罪者との知恵比べを軸にドラマは展開する。中谷美紀は東大卒エリートで天才的な頭脳を持つが、あか抜けない新米女性刑事・柴田を好演。一方、渡部篤郎は一見デキル男だが、ある事件に関わる曰く付きの叩き上げ刑事・真山を演じた。本作は人気シリーズとなり、後にスペシャル版と映画版も制作。さらに2010年10月期には本シリーズを手掛けた堤幸彦演出の「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」も放送され話題となった。

|

« テレビ改編期の“面白い新番組”を探す方法はこれだ! | トップページ | 注意:Adobeから不正アクセスに伴うパスワード変更のお知らせがありました【追記あり】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/58346523

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「ケイゾク」[全11話](お薦め度★★★):

« テレビ改編期の“面白い新番組”を探す方法はこれだ! | トップページ | 注意:Adobeから不正アクセスに伴うパスワード変更のお知らせがありました【追記あり】 »