« パナソニックLUMIXミラーレス一眼DMC-GM1Kを入手した | トップページ | スマホではKindle雑誌が読めないことがわかりNexus7を携帯した »

2014.02.16

ドラマ「星新一 ミステリーSP」(お薦め度★★)

星新一のショート&ショートは大好きだったので、それをドラマ化したということで期待して観ました。

凡庸です。
予定調和でないものの、ドラマとしては設定が薄く面白さはありませんでした。「世にも奇妙な物語」的なブラックさを求めたのですが、どれも中途半端な結末でした。

星新一作品をドラマにするのは元々無理なのかもしれません。

以下、番組サイトから引用します。

<オンエア情報>
フジテレビ、2014年2月15日(土)21時~23時10分。

<スタッフ/キャスト>
原作:星新一
企画協力:星ライブラリ、新潮社
編成企画:羽鳥健一
音楽:渋谷慶一郎、原田智英
プロデュース:小椋久雄、後藤庸介

「程度の問題」
脚本:福田雄一
監督:土方政人

エヌ氏:岡田将生
マリアンナ:菜々緒

「きまぐれロボット」
脚本・監督:飯田譲治

エヌ氏:小日向文世

「七人の犯罪者」
脚本:高山直也
監督:河野圭太

男:勝村政信
会社員:温水洋一

「霧の星で」
脚本:小川真
監督:星護

男:マキタスポーツ
女:佐々木希

「華やかな三つの願い」
脚本:小川真
監督:後藤庸介

由香里:壇蜜
悪魔:遠藤憲一
剛志:徳山秀典

<イントロダクション>
大人から子供まで世代を超えて愛されている、「ショートショートの神様」星新一の珠玉の作品たちが、オムニバスドラマとなってフジテレビの土曜プレミアムに登場することが決まった!国内だけでなく海外にも多くのファンを持つ星新一の不可思議な世界を5本のドラマを通じてたっぷりと楽しんでいただこうというものだ。

そして出演が決まったのは、小日向文世、勝村政信、マキタスポーツ、佐々木希、壇蜜、遠藤憲一、菜々緒、そして岡田将生など、いずれも個性が光るすばらしい俳優陣である。出演者はそれぞれ星新一ワールドに共感し、その独特の世界観の中で、魅力あふれる演技を存分に発揮してくれている。どの話も目が離せない内容となっている。

今回、この『星新一ミステリーSP』を放送するにあたって、編成企画の羽鳥健一(フジテレビ)は「今まで見たことがないような傑作オムニバスドラマが出来上がりました。20年、30年後に見ても何の遜色のない、それでいて見終わった後にさまざまな思いを巡らすことになるような…。そう、それは星新一作品を読書することの面白さと同じになったと実感しています」と期待のほどを語っている。2月15日(土)21時から放送される『星新一ミステリーSP』で星新一ワールドをぜひご堪能いただきたい。

|

« パナソニックLUMIXミラーレス一眼DMC-GM1Kを入手した | トップページ | スマホではKindle雑誌が読めないことがわかりNexus7を携帯した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/59147501

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「星新一 ミステリーSP」(お薦め度★★):

« パナソニックLUMIXミラーレス一眼DMC-GM1Kを入手した | トップページ | スマホではKindle雑誌が読めないことがわかりNexus7を携帯した »