« ドラマ「池袋ウエストゲートパーク スープの回」(お薦め度★★) | トップページ | 『アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック 【日本版】』(iTunes)がイイ! »

2014.03.23

ドラマ「闇金ウシジマくんSeason2」[全9話](お薦め度★★★)

第1期と比べてストーリーとしてもまとまった感があります。エピソードも充実してきました。

しかし、ダークさが増し、コミカルさが減りました。かなり暗めのトーンです。そのため以前ほど楽しめるドラマでは無くなりました。

強欲が最終的に犯罪に巻き込まれるパターンが、超ライト感覚で描かれているもののクライムサスペンスものに限りなく近い、かなり綱渡り的な演出になってきたように感じます。

借金をする登場人物がより強調されて、山田孝之が演じる主人公ウシジマ自体のキャラクターが沈んでしまいました。

続編は今年5月に映画化されますが、このままの延長では連続ドラマとしての第3期は難しいのではないでしょうか。やはりダークヒーローは展開が難しいのだと思います。

<オンエア情報>
TBS系、2014年1月17日から、毎週金曜25:05放送。闇金ドラマ。

<スタッフ>
原作:真鍋昌平『闇金ウシジマくん』(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)
企画・プロデュース:山口雅俊
脚本:福間正浩
演出:山口雅俊 ほか
製作:「闇金ウシジマくん」製作委員会、MBS
主題歌:『巣立ち』鴉(からす)

<キャスト>
山田孝之
綾野剛
崎本大海
やべきょうすけ
武田航平
入江甚儀
紗倉まな
佐々木麻衣
久保寺瑞紀
希崎ジェシカ
朝日奈あかり
稲川なつめ
池田夏希
鈴木咲
神谷まゆ
永野宗典
内田滋
絵美里
徳山秀典
徳井優

<イントロダクション>
まっとうな金融機関からはもう借りられない「後がない」客に金を貸し、10日で5割という法外な金利をむしり取る闇金カウカウファイナンス。その社長を務めるウシジマのクールな眼差しが捉える群像劇を描いたコミックが真鍋昌平の『闇金ウシジマくん』だ。2010年に深夜ドラマ化されて異例の高視聴率を記録し、2012年公開の劇場版も大ヒット。そのウシジマくんとカウカウファイナンスが、ファン待望の新シリーズとなって深夜ドラマ枠に帰ってきた!

物語の柱であるウシジマを引き続き演じるのはもちろん山田孝之。前シリーズ以降も『勇者ヨシヒコ』シリーズや『その夜の侍』『凶悪』など、一作ごとに確実に評価を上げている山田が、ウシジマをさらなる安定感とド迫力で演じている。そのウシジマをサポートするカウカウファイナンスの面々が、新シリーズではそれぞれに危機に直面していることが物語を盛り上げる。高田(崎本大海)はホスト時代の親友・隼人を助けようとしてピンチに陥り、バカラ賭博で借金をかさねた柄崎(やべきょうすけ)には怪しすぎる儲け話が忍び寄る。

エピソードやキャラクターが、より原作に忠実になっているところが新シリーズの大きな売りだ。原作の中でも人気エピソードの「ゲイくん」編、「フリーターくん」編、「元ホストくん」編を中心に、各キャラクターを交差させながら全9話を紡いでいく。中でも原作の人気キャラクター宇津井はヨーロッパ企画のエース永野宗典が好演。ホスト、ドラッグ、パチスロ、アルコールといったものに依存する人たちや、有名になりたい、金持ちになりたい、性欲を満たしたい、一生働かずに暮らしたいといった欲望に取り憑かれた人々の人間模様を描き出す本作。視聴者はきっと、「こうならないように明日から頑張ろう……!」と、不思議とポジティブになれるはず。

また、新シリーズにおけるキャスティングの目玉として、山田孝之の盟友・綾野剛がウシジマの幼なじみ役【戌亥】として登場。裏の世界にも通じている情報屋として、ウシジマの依頼を受けての活躍に乞うご期待。

【関連記事】
2014.01.26 2014冬の新ドラマは寒過ぎる

|

« ドラマ「池袋ウエストゲートパーク スープの回」(お薦め度★★) | トップページ | 『アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック 【日本版】』(iTunes)がイイ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/59344135

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「闇金ウシジマくんSeason2」[全9話](お薦め度★★★):

« ドラマ「池袋ウエストゲートパーク スープの回」(お薦め度★★) | トップページ | 『アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック 【日本版】』(iTunes)がイイ! »