« 深夜バラエティ番組「噺家が闇夜にコソコソ」が面白い! | トップページ | こども用Suicaを多機能券売機で大人用に変更した »

2014.04.04

ドラマ「なぞの転校生」[全12話](お薦め度★★★)

正直期待外れでした。
岩井俊二にはSF作品は無理だったようです。

パラレルワールドを使っていますが、特別なアイデアはありません。異次元の人類の描き方が複雑で、理解できない内輪揉めと内乱でちんぷんかんぷんに陥りました。ましてや、本郷奏太が演じたなぞの転校生が人間では無い設定と演出は最後まで馴染めませんでした。異次元ではどのような世界が構築されていたのか理解不能です。

なぞの転校生がモノリスというスマートフォンのような万能機を脈絡も無く登場させ、全てのコントロールをモノリスに任せる荒技で乗り切ろうとします。訳の分からないエネルギー値が登場して、訳も分からずエネルギーが枯渇するという理解不能な状態で話を推し進め、何となく異次元同士が自己完結で何も無かったことにする安直な終わり方でした。

「なぞの転校生」は、1975年にNHKでドラマ化されたジュブナイルです。原作の小説も読んでいますが、内容は全く忘れてしまいました。しかし、胸騒ぎするドキドキした物語だったことを記憶しています。本作はそのようなトーンはほとんどなく、ラブストーリーに重きを置いた内容でした。

プロメテウスの光という暗喩で福島原発事故もテーマに加えていますが、あまりに奥ゆかしい遠回りな表現でほとんど伝わってきません。

<オンエア情報>
テレビ東京、2014年1月10日(金)から毎週金曜24時12分放送。SFドラマ。

<スタッフ>
原作:眉村 卓「なぞの転校生」(講談社「青い鳥文庫」「講談社文庫」)
企画プロデュース・脚本:岩井俊二
監督:長澤雅彦
チーフプロデューサー:中川順平(テレビ東京)
プロデューサー:川村庄子(テレビ東京)、水野 昌

<キャスト>
岩田広一:中村蒼
香川みどり:桜井美南
"山沢典夫(なぞの転校生):本郷奏太
アスカ:杉咲花
王妃:りりィ
アゼガミ:中野裕太
スズシロ:佐藤乃莉
岩田亨:高野浩幸
岩田君子:濱田マリ
鎌仲才蔵:葉山奨之
冴木小次郎:碓井将大
咲和子:樋井明日香
江原正三:ミッキー・カーチス
大森健次郎:宮里駿
春日愛:宇野愛海
大谷先生:京野ことみ

<イントロダクション>
SFジュブナイルの傑作、眉村卓の『なぞの転校生』が2014年、「ドラマ24」で甦ります。それは・・・映像美と音楽センスで国内外高い評価を得ている映画監督、岩井俊二が企画プロデュース・脚本を担当。監督は映画「夜のピクニック」「遠くでずっとそばにいる」等の長澤雅彦。そして、中村蒼、本郷奏多、桜井美南というフレッシュなキャスト陣。次元を超えた友情と愛、争い、そしてそれぞれの生き様。すべてがちょっとずつ奇妙で違う世界。パラレルワールドのような…そんな、不思議な世界に引き込んでいく「なぞの転校生」をお楽しみください。

【関連記事】
2014.01.26 2014冬の新ドラマは寒過ぎる

|

« 深夜バラエティ番組「噺家が闇夜にコソコソ」が面白い! | トップページ | こども用Suicaを多機能券売機で大人用に変更した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/59407483

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「なぞの転校生」[全12話](お薦め度★★★):

« 深夜バラエティ番組「噺家が闇夜にコソコソ」が面白い! | トップページ | こども用Suicaを多機能券売機で大人用に変更した »