« iPad miniにDiXiM Digital TVを導入した | トップページ | Androidが増殖する »

2014.06.26

もう1台のXPマシンもUbuntu 14.04 LTSに入替て延命させた

ネットブックと呼ばれた日本HP Mini2140にもUbuntu 14.04 LTSを導入しました。   
先のLL370/FD1Bと違って、DVDドライブが内蔵されていないので時間がかかりました。

当初、「XPパソコン復活DVD」をUSBメモリにコピー(容量約1GB)して、BIOSを操作してUSBメモリから起動させようとしました。しかし、HDDからUSBメモリへ切り換えが出来ずに断念しました。

仕方がないので外付けDVDドライブからインストールをしました。その際インターネット接続をせずに行っています。メモリが1GBあるので30分足らずでインストールできました。512MBはスペック的に現実的ではありません。

続いて外付けDVDドライブを外して、有線でインターネットにつないでアップデートを行いました。こちらは30分程度の時間がかかりました。

アップデートも問題なくクリアしたのですが、無線LANで接続できません。Ubuntu日本語フォーラムの書き込みを見たのですが解決方法がわかりません。起動時に無線LANをマシン自身が認識していないようです。BIOSを触ってみましたが俺のPCスキルでは無理です。

これで2台ともWindowsからリナックスに入替ができましたが、1台はメモリ不足(無線LAN未対応マシン)で、2台目は無線に繋がらないので、使いこなしまでに時間がかかりそうです。パソコン自体は延命できましたが、どのようにしてスキルを向上させるかが大きな課題です(泣)。

|

« iPad miniにDiXiM Digital TVを導入した | トップページ | Androidが増殖する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/59879429

この記事へのトラックバック一覧です: もう1台のXPマシンもUbuntu 14.04 LTSに入替て延命させた:

« iPad miniにDiXiM Digital TVを導入した | トップページ | Androidが増殖する »