« 6/9放送「ここがポイント!!池上彰解説塾」で紹介されたコートジボワール代表のディディエ=ドログバ選手に深く感動した | トップページ | Firefox OSのスマートフォンを触った »

2014.06.13

ドラマ「MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~」[全10話](お薦め度★)

駄作です。
ダブルフェイス」に続くTBSとWOWOWの共同制作第2弾として華々しく登場したが、思わせぶりが酷く、物語が整理されていないのでとんでもなく分かりにくい。遂には最終回のどうしてそんな演出なのとリアリティが皆無のアクションを見せられ止めを刺されました。

映画並のクオリティと豪華キャストでしたが、脚本がどうしようもありません。筋書きが飛躍し過ぎて突っ込む以前に破綻していました。

続編としてWOWOWで「Season2」が引き続き放映されるようですが、「Season1」がこれだけ駄目だと手の施しようもないでしょう。

TBSとWOWOWが揃っていながらどうしてこの脚本でGOを出したのか理解に苦しみます。

<オンエア情報>
TBS、2014年4月10日から毎週木曜21時放送。刑事ドラマ。

<スタッフ>
監督:羽住英一郎
脚本:仁志光佑
原作:逢坂 剛「百舌の叫ぶ夜」「幻の翼」(集英社文庫)
音楽:菅野祐悟
エグゼクティブプロデューサー:津村昭夫(TBS)、牧野力(WOWOW)
プロデューサー:渡辺信也(TBS)、井上衛(WOWOW)、森井輝(ROBOT)
制作協力:ROBOT
製作:TBS、WOWOW

<キャスト>
倉木尚武:西島秀俊
大杉良太:香川照之
明星美希:真木よう子
室井 玄:生瀬勝久
中神 甚:吉田鋼太郎
鳴宮啓介:伊藤淳史
中島葵美:有村架純
新谷和彦・宏美:池松壮亮
来栖利理:奥貫 薫
若松忠久:戸田昌宏
村瀬龍臣:鶴見辰吾
南 貴之:染谷将太
赤井信輝:田口浩正
筧 俊三:田中要次
大杉恵子:堀内敬子
大杉めぐみ:杉咲 花
明星香織:音月 桂
村西 悟:阿部 力
森原健吾:瑳川哲朗
寺門 守:品川 徹
東 和夫:長谷川博己
倉木千尋:石田ゆり子
津城俊輔:小日向文世

<イントロダクション>
TBS×WOWOW共同制作 第2弾! 「映像化不可能」と言われてきたハードボイルド小説のTVドラマ化に、両局の総力を集し挑む! 『ダブルフェイス』を超える衝撃かつ圧倒的なスケール感でお届けする
共同制作ドラマ『MOZU』の概要が明らかに!

2012年、ドラマ『ダブルフェイス』の共同制作を行ったTBSとWOWOW。両局の力を合わせたことで、既存のTVドラマ以上のクオリティを誇り、2012年のエンターテインメント界の話題をさらった作品だが、このほどTBSとWOWOWの共同制作ドラマの第2弾が明らかになった。
  今回、TBSとWOWOWが共同制作に挑むのは、「映像化不可能」と言われ続けてきた伝説のハードボイルド小説「百舌」シリーズのTVドラマ化。
  前回の『ダブルフェイス』を遥かに超えるスケールで、TVドラマ『MOZU』シリーズの共同制作を行う。
小説「百舌」シリーズは、「カディスの赤い星」(1986年刊行)で第96回直木賞、第40回日本推理作家協会賞、第5回日本冒険小説協会大賞をトリプル受賞した、日本を代表するハードボイルド作家・逢坂剛の代表作である。集英社文庫から出版されているこのシリーズは、1986年の「百舌の叫ぶ夜」刊行以後、第5巻「鵟(のすり)の巣」まで発行されており、シリーズ総計80万部を越える売上を記録する大ヒットシリーズだ(※2014年3月現在)。
  さらに2012年に発表された宝島社の「この警察小説がすごい」オールタイム・ベスト2位に選出されるなど、根強い人気を誇っている。しかしながら、巧みな叙述トリック、激しいアクション、生々しい警察内部の描写のため、「映像化不可能」と言われ続けてきた作品でもある。
TV創世記から数々のヒットドラマ、記憶に残るドラマを世に送り出してきたTBS。
  開業以来、地上波ドラマには作れない革新的かつ映画的なアプローチを続け、多くの話題作を送り出してきたWOWOW。
  その両局が持てる力、経験、ノウハウを結集し、長年映像化不可能と言われ続けてきた小説「百舌」シリーズを、TBSとWOWOWがコラボレーションすることでTVドラマ化する。
  『ダブルフェイス』を手がけた羽住英一郎監督が、今回もTBS版とWOWOW版すべての演出を担当。羽住監督は『ダブルフェイス』のみならず映画「海猿」などのメガホンを取ったことでも知られる日本を代表する演出家の一人。スリル&緊迫感あふれる映像や激しいアクションシーンのみならず、繊細な感情をも演出できる数少ない監督であり、映画やTVドラマの演出のオファーが後を絶たない超多忙な監督でもある。今回TBS&WOWOW両局合わせた連続ドラマのすべてを、羽住監督一人で演出するという、こちらも前代未聞の偉業に挑むことになる。そんな過酷とも言える作品に臨むべく、「羽住組」と呼ばれる羽住監督の気心の知れたスタッフが総集結。
  さらには、脚本に『鍵のかかった部屋』や『ガリレオ』(第2期)を手がけた仁志光佑、音楽にドラマ&映画『新参者』や『ガリレオ』、『SP』シリーズ、来年のNHK大河ドラマなど、数々の印象深い&聞くものの記憶に残る音楽を手がけ昨年の『ダブルフェイス』も担当した菅野祐悟。TV史上に残る偉業かつ困難な『MOZU』シリーズの制作に、これ以上ない強力なスタッフで臨む!!
注目のキャスト陣も、人気実力を兼ね備えた日本を代表する注目の俳優&女優が総集結。『ダブルフェイス』に引き続き、羽住監督のもとで主演・倉木を演じるのは、TVドラマ&映画『ストロベリーナイト』シリーズや今年の大河ドラマ『八重の桜』などで、名実ともに日本を代表する俳優となった西島秀俊。そして大杉を演じるのが、様々な映画やドラマに出演、TVドラマ史に残る大ヒット作品『半沢直樹』での好演も記憶に新しい香川照之。2012年放送の『ダブルフェイス』で表と裏、相対する役柄を演じた西島&香川の2人。この『MOZU』での共演でも『ダブルフェイス』同様に緊張感あふれるやりとりが期待され、さらにストーリー次第で協力体制を組むことも想定され、『ダブルフェイス』以上に西島&香川の演技に注目が集まりそうだ。
  さらに西島&香川に加え、ドラマ『最高の離婚』や映画『そして父になる』など話題作に出演、存在感あふれる演技が印象的な真木よう子が公安の女性刑事・美希を演じる。男性目線になりがちな警察内部のストーリーに、凛とした強い華を添えてくれることだろう。
さらには、生瀬勝久、吉田鋼太郎、伊藤淳史、有村架純、池松壮亮、長谷川博己、石田ゆり子、小日向文世ら、豪華出演者も決定!芸達者な実力者から、注目の若手まで、TBS&WOWOW両局の強力コラボレーション番組に、強力なラインアップが揃うことになった。
注目の『MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~』はTBS木曜ドラマ劇場で4月10日スタート。
  『MOZU Season2~幻の翼~』はWOWOWの連続ドラマWで6月から放送予定。ご期待下さい。

【関連記事】
2014.04.30 2014春の新ドラマはやや改善したものの低調変わらず

|

« 6/9放送「ここがポイント!!池上彰解説塾」で紹介されたコートジボワール代表のディディエ=ドログバ選手に深く感動した | トップページ | Firefox OSのスマートフォンを触った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/59807247

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~」[全10話](お薦め度★):

« 6/9放送「ここがポイント!!池上彰解説塾」で紹介されたコートジボワール代表のディディエ=ドログバ選手に深く感動した | トップページ | Firefox OSのスマートフォンを触った »