« 新宿ライオン会館のジンギスカン料理で職場の歓迎会をしてもらった | トップページ | Googleロゴが新しくなった »

2015.09.01

映画『ハード・パニッシャー』(お薦め度★★★★★)

“目には目を、歯には歯を”を徹底した猛烈な復讐劇です。
ハリウッド映画のような一網打尽的な復讐を完結するスマートさは無く、各個撃破を実直に繰り返す無骨なスタイルです。そのためか、主人公が凄いのかそうでないのかなかなか前半は判断しにくく、報復手段がサディスティック過ぎて目を背けたくなります。しかし、後半に入るに従って彼の行動を支持している自分を感じるようになります。

終盤近くの大胆な編集で、ワクワク感が一気に高まり本作の虜になりました。是非ともこのままの設定での続編を観たいものです。

<作品データ>
原題:Vendetta
製作年:2013年
製作国:イギリス
内容時間:107分

<スタッフ>
監督・脚本:スティーヴン=レイノルズ
製作:ジョナサン=ソスコット
撮影:ヘイダー=ザファー
音楽:フィル=マウントフォード

<キャスト>
ジミー=ヴィッカーズ:ダニー=ダイア
ロブ:ジョゼフ=アルティン
モーガン:ロクサンヌ=マッキー
スペンサー:アリスター=ペトリ
ロニー:ニック=ネヴァーン
ルーカー:ブルース=ペイン

<番組紹介/解説>(WOWOWオンラインから転載>
両親をギャングに惨殺された英国特殊部隊の兵士が、鍛え抜かれた肉体と戦いの技術をもって復讐の処刑人と化す。アクション俳優D・ダイア主演のバイオレンスアクション。
襲われていた女性を助けたためにギャングに逆恨みされ、生きたまま焼き殺された父と母。最期まで正義を貫いたその誇りを守るため、特殊部隊の精鋭兵士は復讐鬼となった。イギリスのアクション俳優D・ダイアが主演するバイオレンスリベンジアクション。この両親の殺され方があまりに理不尽でむごいがゆえに、怒りに燃える主人公が悪党どもを血祭りに上げる姿が最高のカタルシスを生む。警察に追われながらも、追撃の手をゆるめることなく敵を追い詰める主人公の強さを楽しみたい痛快作だ。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

|

« 新宿ライオン会館のジンギスカン料理で職場の歓迎会をしてもらった | トップページ | Googleロゴが新しくなった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/62200666

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ハード・パニッシャー』(お薦め度★★★★★):

« 新宿ライオン会館のジンギスカン料理で職場の歓迎会をしてもらった | トップページ | Googleロゴが新しくなった »