« QBiC MS-1のファームウェアのバージョンアップを行った | トップページ | プライム・ビデオの視聴環境はNetflixと肩を並べている »

2015.11.26

Kindleオーナーライブラリーを利用したいので、Kindle Paperwhite 3Gを現役復帰させた

Amazonプライム特典のKindleオーナーライブラリーを使うにはKindle端末からのみ利用可能ということが、ヘルプを読んで理解しました。サイトの記述だけだとKindle端末を持っていれば利用できるものだと勘違いしていました。

読書好きとしては、この特典を利用しない手はありません。3年前に購入して長らく埃をかぶっていたKindle Paperwhite 3Gを現役復帰させることにしました。

スマホやタブレット、PCでKindleが読めるようになるに従って、Kindle Paperwhiteは使わなくなっていました。

久々に充電して動作確認したところ、バックライトが点滅して調子が良くありません。1年以上放りっぱなしにしていたので仕方がないところです。

動作が不安定ながら、Kindleストアを表示させ、ブラウズ>プライム会員 月1冊無料をタップするとKindleオーナーライブラリー一覧が表示されました。

KIMG0043

その中から選択したKindle本を表示させ、「無料で読む」ボタンを選択しました。

KIMG0042

手順的には問題ないのですが、本文がダウンロードされません。メモリが0となっています。

そこでホームに戻って、設定>メニュー>端末のリセットを実行しました。再起動後、ソフトウェアがアップデートされ、お目当てのKindle本がダウンロードできました。

KIMG0044

バックライトも復帰して、安定して稼働するようになりました。今ではスマホでのKindleアプリの動作と比べて、頁めくりにもっさり感がありますが、ブックカバーを開くだけで、読んでいた頁が表示され読書を再開できる素早さは健在です。

今後はKindleオーナーライブラリー専用としてKindle Paperwhiteを使います。毎月1冊コンスタントに利用できれば、Amazonプライム年会費3900円の元は取れます。

|

« QBiC MS-1のファームウェアのバージョンアップを行った | トップページ | プライム・ビデオの視聴環境はNetflixと肩を並べている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/62751043

この記事へのトラックバック一覧です: Kindleオーナーライブラリーを利用したいので、Kindle Paperwhite 3Gを現役復帰させた:

« QBiC MS-1のファームウェアのバージョンアップを行った | トップページ | プライム・ビデオの視聴環境はNetflixと肩を並べている »