« 【ベンツB180(2012)】レインセンサーの場所がわかった | トップページ | 映画『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』(お薦め度★★★★★) »

2015.12.27

ドラマ「ふたがしら」[全5話](お薦め度★★★★)

観て損はありません。
最近は時代劇ドラマは激減しているので貴重ですが、WOWOWドラマの初時代劇なので鑑賞は躊躇しました。再放送で全話録画してからのイッキ見です。第1話が始まって直ぐに杞憂は消えました。クオリティが高く、堂々たる時代劇です。ハマります。

松山ケンイチと早乙女太一のコンビの、動と静が非常にマッチしています。時代劇の王道を踏襲しつつ、変化球を巧みに組み込んだ展開で、スリル感がありつつ安心して観ていられる物語でした。ただし、ラストは続編を意識しているのかイマイチ爽快感がありません。勧善懲悪に徹して
欲しいです。

<オンエア情報>
WOWOW、「ドラマW」として2015年6月13日〜7月11日放送。時代劇ドラマ。

<スタッフ>
原作:オノ・ナツメ「ふたがしら」
監督:入江悠
脚本:中島かずき
音楽:SOIL&"PIMP"SESSIONS
プロデューサー:松永 綾、平部隆明
チーフプロデューサー:青木泰憲
製作:WOWOW

<キャスト>
弁蔵:松山ケンイチ
宗次:早乙女太一
甚三郎:成宮寛貴
おこん:菜々緒
叶屋喜兵衛:田口浩正
お銀:芦名星
芳:村上淳
おとき:黒川芽以
巳之吉:山本浩司
鉄治郎:橋本じゅん
ご隠居:品川徹
辰五郎:國村隼

<番組紹介/解説>(WOWOWオンラインから転載)
松山ケンイチ主演×入江悠監督の新感覚時代劇。盗賊一味の男たちの巧妙な駆け引きと二転三転する痛快な騙し合いを描く、時代劇盗賊エンターテインメント。

WOWOWが手掛けるまったく新しい時代劇。原作はオノ・ナツメの「ふたがしら」。明るくて豪放な主人公・弁蔵を演じるのは、この出演がWOWOW初登場となる松山ケンイチ。確かな演技力と圧倒的な存在感で日本映画界を牽引する実力派俳優であり、3年ぶりの連続ドラマ主演となる。一方、弁蔵とタッグを組むクールで色男の宗次役には、大衆演劇界のスターであり、映画やメディアなどでも俳優として目覚ましい活躍を見せる早乙女太一。またひと癖もふた癖もある個性的なキャラクターにも注目だ。赤目の頭を継ぐ冷血な甚三郎役に成宮寛貴。甚三郎と関係を持つ一味の姐さん・おこん役に菜々緒。他にも、田口浩正、芦名星、村上淳、山本浩司、橋本じゅん、品川徹、そして赤目一味を率いる頭の辰五郎には國村隼という実力派ぞろいの豪華キャストが集結した。
監督を務めるのは、映画『ジョーカー・ゲーム』で飛躍的なアクションとスパイたちの頭脳戦を鮮やかに描き、日本映画界に新風を吹き込んだ入江悠。そして、脚本を手掛けるのは日本演劇界を牽引する劇団☆新感線の座付き作家・中島かずき。さらに本作の世界観をクールに彩るのはオリジナリティーあふれる音色で世界を舞台に活躍するジャズバンド・SOIL&“PIMP”SESSIONS。盗賊たちの策略と騙し合い、二転三転する痛快な展開、まったく新しい時代劇盗賊エンターテインメント。

|

« 【ベンツB180(2012)】レインセンサーの場所がわかった | トップページ | 映画『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』(お薦め度★★★★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/62951516

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「ふたがしら」[全5話](お薦め度★★★★):

« 【ベンツB180(2012)】レインセンサーの場所がわかった | トップページ | 映画『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』(お薦め度★★★★★) »