« 『モンスターズ・ユニバーシティ』『ベイマックス』の脚本家・ダイエル=ガーソン死去 | トップページ | 映画『かぐや姫の物語』(お薦め度★★★) »

2016.02.11

映画『ナンバー10』(お薦め度★★★)

レベル15』の続編なので、期待しましたが。。。
エンド・オブ・ホワイトハウス』『ホワイトハウス・ダウン』と同じ、官邸からの救出劇なのですが、カッコ良さは皆無です。どうしてこれほどの設定なのに、カッコ良さが無いのでしょう。ハラハラドキドキ感もありませんでした。

ハリウッド映画のスケール感と比べて、ショボイの一言です。撮影、演出ともにガッカリでした。特に人の死を無機質に軽く描くのはうんざりです。リアリティは感じられません。

以下、WOWOWオンラインから転載。

<作品データ>
原題:He Who Dares: Downing Street Siege
製作年:2014年
製作国:イギリス
内容時間:91分

<スタッフ>
監督:ポール=タンター
製作:ポール=タンター、アレイン=ワイルドバーガー
脚本:ポール=タンター、ジョナサン=ウェストウッド
撮影:オリヴァー=ウィリアムズ

<キャスト>
クリス=ロウ:トム=ベネディクト=ナイト
ホルト:サイモン=フィリップス
ホールデン首相:ラッセル=キルミスター
キャシー:メリッサ=ポーター
アリス:クリスティーナ=ベラヴィーヤ

<番組紹介/解説>
英国特殊部隊SASの活躍を描いた痛快アクション「レベル15」の続編。テロリストのホルトたちは新たに英国首相官邸を急襲。SASのクリスは緊急事態を収拾できるのか。

英国の首相の娘を人質に取ったテロリスト集団が、あるビルの地下1階~15階に籠城した事件を“地下版「ダイ・ハード」”ばりに描いた「レベル15」の続編。英国で首相官邸の代名詞にもなっている住所、“ダウニング街10番地”を舞台に、前作を上回るスケールの密室サスペンスアクションが展開。T・B・ナイト演じるSASチームリーダーのクリスとともに、ホルト役で再登場するS・フィリップスは前作、原案も担当して出番が多かったが、この続編でも出番が多いのはそのためか。理屈を気にしないで楽しみたい。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

|

« 『モンスターズ・ユニバーシティ』『ベイマックス』の脚本家・ダイエル=ガーソン死去 | トップページ | 映画『かぐや姫の物語』(お薦め度★★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/63197543

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ナンバー10』(お薦め度★★★):

« 『モンスターズ・ユニバーシティ』『ベイマックス』の脚本家・ダイエル=ガーソン死去 | トップページ | 映画『かぐや姫の物語』(お薦め度★★★) »