« 新型chromecast(2016)を使ってみた | トップページ | 映画『リアル鬼ごっこ2』(お薦め度★★★★) »

2016.02.21

日本企業プリファード・ネットワークスはAI開発でグーグルを超えるか

2016年2月19日のBSジャパン「日経プラス10」のトーク+(プラス)で紹介されました。オフィシャル佐サイトから転載します。

【ゲスト】
西川徹(プリファード・ネットワークス社長)
【トークテーマ】
「グーグルを超える!? トヨタもほれた人工知能ベンチャー」
トヨタ、ファナック、パナソニックなど日本を代表するものづくり企業が、出資、提携、協業を申し出る、社員約30人のベンチャー企業。33歳の社長は「グーグルの先を行く技術を狙っている」と語る―。ベンチャー企業プリファード・ネットワークスが手掛けているのは人工知能、なかでも“深層学習”と呼ばれる、機械自らが学習して賢くなっていく技術で、まるで人間の赤ちゃんが学んでいくように学習をすることができるという。若手ベンチャーが開発する“深層学習”は日本のものづくりをどう変えるか。

今年のCESで発表した、ぶつからないクルマのデモ映像が紹介されました。自動車の模型が6台が走行していて、赤い1台が人間が運転していると想定して無謀な運転をするにも関わらず、残り5台はAI自動運転をしていて絶対に赤い1台を含め他のクルマとぶつからない動きをしています。

この映像は既に観ていて特に興味を持てなかったのですが、1台だけ人間が運転しているという設定を知って驚きました。リアルタイムに個々のAIクルマが学習し、すぐさまその学習した内容を他のクルマと共有するという仕掛けだそうです。これは、グーグルが行っているクラウド型の一旦データを集めて配信する方式とは違ってアドバンテージがあるそうです。確かに自動運転では刻一刻と状況が変化している中でリアルタイムにAIが協調するプリファード・ネットワークスの方式が優れています。

日経ビジネスでも2015年12月18日に次の記事が掲載されていました。

トヨタも出資するAIベンチャーの実力  基本方針は「トップ企業としか組まない」

今後、注目すべきAIベンチャー企業です。

|

« 新型chromecast(2016)を使ってみた | トップページ | 映画『リアル鬼ごっこ2』(お薦め度★★★★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/63245752

この記事へのトラックバック一覧です: 日本企業プリファード・ネットワークスはAI開発でグーグルを超えるか:

» 自動車とコンピューティングシステム Automobile and Computing System [発明屋]
人の振り見て我が振り直せ!(株)発明屋の「ロボットカー」★特許を受ける権利・優先権をお譲りします。★【発明の名称】自動車とコンピューティングシステム【国際出願番号】 PCT/JP2015/80820(クレーム数16)【優先日】2014年7月23日【出願日】2015年7月22日【国際公開番号】WO2016013574 国際公開公報をみる→WO2016013574A1(自動車とコンピューティングシステム)by Google[概要] 自車両の経験のみならず他車両の経験も活用して各車両の自動運転性能を向上さ... [続きを読む]

受信: 2016.03.03 14:36

« 新型chromecast(2016)を使ってみた | トップページ | 映画『リアル鬼ごっこ2』(お薦め度★★★★) »