« TV+インターネット+電話のトリプルをJ:COMで申し込んだ | トップページ | 映画『星を追う子ども』(お薦め度★) »

2016.03.14

映画『ヒックとドラゴン2』(お薦め度★★★)

世界的にヒットして、数々の映画賞に輝いたドリームワークス・アニメーション作品ですが、日本未公開となった前代未聞の作品です。

前作『ヒックとドラゴン』は深みがあって普遍的な物語だったので、本作も映画館で観るつもりでいましたが、公開されないのでは仕方ありません。やはり残念ながらTV画面では小さいため、目玉となるドラゴンに乗って飛行するときの浮遊感は味わえませんでした。

前作から主人公が大分成長しており、バイキングたちの多くがドラゴン使いになっており、新キャラも多く登場するので続編というよりもほぼ新作のような感覚になっています。物語としては、勧善懲悪な子ども向けの内容で質的には後退しています。

2年後に第3弾が準備されているようですが、第2弾の世界観での続編だとするとシリーズとしては、尻つぼみになるのではと危惧します。

以下、WOWOWオンラインから転載。

<作品データ>
原題:How to Train Your Dragon 2
製作年:2014年
製作国:アメリカ
内容時間:102分

<スタッフ>
監督・脚本:ディーン=デュボワ
製作:ボニー=アーノルド
音楽:ジョン=パウエル

<キャスト>
ヒック:田谷隼
ヴァルカ:深見梨加
ストイック:田中正彦
ゲップ:岩崎ひろし
アスティ:寿美菜子
フィッシュ:宮里駿

<番組紹介/解説>
人間とドラゴンが共存するまでを描いたCG冒険アニメのヒット作のその後を描く第2弾。ドラゴンを兵器として使う悪党一味から島を守るため、ヒックたちが立ち上がる。

独特の世界観や主人公ヒックとドラゴンの友情を描いたドラマティックなストーリーで、第83回アカデミー賞長編アニメ賞にノミネートされた秀作「ヒックとドラゴン」の第2作。間にTVシリーズ版2シーズンを挟み、人間とドラゴンが平和に共存するバーク島を襲った危機を描く。前作ではドラゴンに乗る人間はヒックひとりだけだったが、今回はほとんどのキャラクターがドラゴンを駆り、前作を上回る迫力の空中戦を展開する。悪党たちの操る巨大ドラゴンとの対決やヒックと母の再会など、見どころ満載だ。

<鑑賞チャネル>
WOWOW

|

« TV+インターネット+電話のトリプルをJ:COMで申し込んだ | トップページ | 映画『星を追う子ども』(お薦め度★) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1637/63346665

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ヒックとドラゴン2』(お薦め度★★★):

« TV+インターネット+電話のトリプルをJ:COMで申し込んだ | トップページ | 映画『星を追う子ども』(お薦め度★) »